玉春 [おばんざい・中華そば] 推薦者:小林

今月は、『玉春(たまはる)』をご紹介させて頂きます。

昨年11月に、玉川3丁目の『柳小路』の東角1階にオープンしたお店です。

コンセプトは『おばんざいと中華そば』。

『おばんざい』というのは京都のお惣菜のことですね。柳小路の京都っぽい町並みにうってつけのお店かもしれません。

メニューを見ると、中華そば以外にも餃子や各中華メニューが揃っています。『おばんざい付き』と記載された定食メニューもありますね。

せっかくなので今日は、この『おばんざい付き』を攻めてみたいと思います。

それからさんざん悩んだ僕でしたが、『おばんざい付き 厚切り牛バラと豚角炊き定食(税込1,280円)』を選択させて頂きました。

プラス100円でご飯を『かしわめし』に変更できるというのでそちらもお願いしつつ、単品の『手打ち牛タン餃子 五ヶ(税込600円)』もオーダー。

『手打ち』というので、餃子の皮も手作りしているということでしょうか。お料理のご紹介ですが、写真の左奥がメインの『厚切り牛バラと豚角炊き』です。

一人用の土鍋に、厚切りというよりもはやブロック状の牛バラと豚肉がどっしり入っています。

お箸で簡単に切れる柔らかさに煮てあって、味付けもしっかりです。

中華でイメージするような油っぽさや香辛料の辛さはなくて、『爆裂にうまい中華風の煮物』という感じでした。

 

大変分かりにくいでしょうが、素人の感想ですのでどうかご容赦ください。

里芋やレンコンが一緒に煮てあって日本の煮物寄りかと思えば、写真右奥の紅白なますに細切りのザーサイが使われていたり、中華と京都のハイブリッドを感じます。

白いご飯の代わりの『かしわめし』は、ふっくらと鶏が炊きこまれ、中華ちまきに近い食感や味付けです。僕はもち米が好きなので大正解でした。

期せずして、ひとつのお膳に牛・豚・鶏が出揃った形になります。なんと贅沢な。

さらに追加注文した『手打ち牛タン餃子』が運ばれてくると驚きました。

色が『黒』です。

お店の方に「この黒は何の色ですか?」聞くと、食用の竹炭が練りこまれた皮を使っているそうです。

特に炭っぽい味はしませんでしたが、竹炭は健康に良いと聞いたことがあります。

牛タンの食感を活かすためか、餃子ひとつずつがなかなか大きくて食べ応えがあります。

ジューシー感も重さもずっしりとしていて、かじると汁が飛び出ました。

定食だけで相当の分量がありますが、餃子はぜひお試し頂きたいですね。

非常にキレイな店内ですので、女性も抵抗なくご利用いただけるかと思います。

また、常日頃から二子玉川のラーメン店の増加を切に願ってきた僕としては、次回訪問時は中華そばに挑戦したいところです。

 

 

 

玉春

■ジャンル おばんざい・中華そば
■住所   東京都世田谷区玉川3-11-1
■TEL    03-5717-9804
■営業時間 【平日】11:30 ~ 15:0018:00 ~ 21:30【土日祝】11:30 ~22:00
■定休日  不定休

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

 

 

ニコステ[ステーキ・ハンバーガー]推薦者:小林

今月は、『ニコステ』をご紹介させて頂きます。

場所は駅の西口から2分ほど、高島屋南館の南側を抜けたあたりです。

『二子玉川のステーキ屋さん』で『ニコステ』でしょうか。

以前から同じ場所で営業されていた『ホドリ グランディ二子玉川店』さんがリニューアルしたお店で、なんと11月24日にオープンしたばかりです。

僕が訪問した日には、入口にたくさんのお祝いのお花が。

実は、お店のおすすめ『炭焼ステーキ』と『山形牛のハンバーガー』は、リニューアル前から名物として聞いたことがあったのですが、すでにお店が地域に認知されすぎていたため、なかなかご紹介できずにおりました。

リニューアルの今こそ、ご紹介させて頂く良い機会です。

お昼時をやや過ぎての訪問でしたので、すぐに席に通して下さいました。

ランチのメインはステーキとハンバーガーがありますが、昼から400グラムのステーキはさすがに贅沢が過ぎるかな、とハンバーガーを選択。

『Wホドリチーズバーガー(税込1,700円)』と、プラス100円で飲み物(コーラ)をセットにしてもらいました。

まるで遠慮したかのように言いましたが、充分に贅沢。

注文してから少しだけ不安に思ったのですが、ハンバーガーには全てポテトが付きますので、皆様ご安心ください。別に不安に思ってませんか。

カウンター席でしたので、目の前のガラス越しの厨房でステーキやハンバーグが焼かれていきます。

肉が美しく焼かれていくあまりのライブ感に、小さめのステーキを追加注文したい気持ちでした。

仮に、今週が健康診断でなかったら本当に注文していたかもしれません。ほどなくして運ばれてきたハンバーガーは、まず『高さ』が違います。

たしかにパティが倍の『W』を注文しましたが、人がかぶりつける高さの限界を超えた高さで、かつ使われているのが山形牛。

普段はファーストフード扱いのハンバーガーですが、最上級に豪華です。ゆっくり味わって食べよう、と思いつつひと口。

チーズのコクに厚切りのトマト、そしてそれらに全く負けない厚み・食感・肉汁のパティがお見事です。

気付けば、口の中をヤケドしながら、一度も皿に置くことなく完食していました。まさに絶品。

僕はどんなにオシャレなお店でも、ハンバーガーは手掴みで食べるのが礼儀だと思っています。

それが僕のハンバーガーに対する誠意(?)です。

ポテトは細切りのカリカリタイプ。最近、自宅に小型のフライヤーを買おうかと思っている僕も大喜びの揚げ加減です。

ランチにしてはお値段も豪華ですが、山形牛のステーキとしては非常に割安な感じです。次回はステーキも試してみます。

 

おすすめです!

 

ニコステ

■ジャンル ステーキ・ハンバーガー
■住所   東京都世田谷区玉川3丁目9-1 第三明友ビル1F
■TEL    03-3707-0870
■営業時間 11:00~25:00
■定休日  不定休

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

 

 

 

THE GALLEY SEAFOOD&GRILL by MIKASA KAIKAN[ダイニング]推薦者:小林

今月は、THE GALLEY SEAFOOD&GRILL by MIKASA KAIKAN(ザ ギャレイ シーフード&グリル バイ ミカサ カイカン)』をご紹介させて頂きます。

こちらは、7月にオープンしたばかりのお店です。

場所は高島屋南館の6階なのですが、

なんとお店の入口横にロブスターの水槽(生け簀)があって特徴的です。

手指の消毒後に入店、着席すると注文システムを説明してくれます。

こちらのお店は全てiPadで注文するシステムで、僕の訪問したランチはメインのお料理を選ぶと、全てにドリンクバー・サラダバー・スープが付きます。

ちなみにランチは120分の時間制。

店名に『シーフード』とある通り、海鮮をメインとしたお店で、特にロブスターのお料理は写真で分かるほど立派です。

が、さすがに平日のランチにロブスター様を食べるのは恐れ多いので、僕は『シーフードパエリア(2,600円税別)』を頼みました。

サラダバーの品揃えは時期によって変動があるのかも知れませんが、20種類以上の野菜・お惣菜・フルーツから好きなだけ選べます。

パン・ワッフルも同様。つい興奮して、10種類以上も頼んでしまいました。

のんびりアイスティーを飲みながら待っていると、ほどなくしてサラダが運ばれて来ました。

運んでくれたのはなんとロボットです。

こちらのお店は、サラダの配膳にロボットを採用しているのです。

入店直後から、「店内に何かいるなー。動いてるなー。」とは思っていたのですが、まさかの配膳担当ロボ。もう『スターウォーズ』の世界観。

胴体にお皿を格納して、厨房から一生懸命に運んでくれます。電子パネルの顔も相まって、すごくかわいらしい。

ロボットくんはお名前を『ハル』というそうです。

由来は『2001年宇宙の旅』でしょうか。

店員さんがハルくんのおでこを撫でると、彼はお仕事完了を認識して、「ごゆっくりお楽しみ下さい!」

みたいなことを言いながら厨房へ戻っていきます。かわいい。

サラダのお代わりを運んでもらった際に僕もおでこを撫でてみると、やはりうれしそうに厨房に帰っていきます。

僕はハルくんの後ろ姿を見送りながら、これは流行るぞ、と確信しました。

メインのパエリアは魚介のダシの凝縮した鋭い深みのあるお味で、鍋底のおこげもパリッと香ばしく風味が抜群です。

結局サラダを3皿も食べてしまったので、デザートのソフトクリームやスムージーはまた次回に。

ランチにしてはなかなかのお値段ですが、ちょっとしたテーマパーク感覚でお子さんを連れて行ったらすごく喜ぶと思います。おすすめです!

 

THE GALLEY SEAFOOD&GRILL by MIKASA KAIKAN

■ジャンル ダイニング
■住所   東京都世田谷区玉川3丁目17-1 玉川高島屋SC南館6F
■TEL    050-3503-5654
■営業時間 11:00~22:00
■定休日  玉川高島屋SCに準じる

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます