北海道旅行 (小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

最近朝晩急に涼しくなってきましたね。

季節の変わり目を感じます。

体調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

先月中旬に弊社では10日間の夏季休暇をいただいておりました。

私はそのうちの3日間、友達と私を含め6人で北海道旅行を満喫しておりました。

今回は、休暇中の一大イベントだったその「北海道旅行」についてお話させていただきます。

私自身、北海道旅行は2度目でした。

学生時代に同級生8人で、札幌と小樽に行ったのが初の北海道旅行でした。

その時はレンタカーとフェリーで移動したのですが、今回は飛行機を使いました。

テンション上がりました。

初日は前回と同様に札幌に行きました。

夕方から夜までサッポロビール園でジンギスカン食べ放題とビール飲み放題。

最高の時間でした。

2日目は回転寿司を食べに行きました。

そこそこ値は張りますが、大満足でした。

どのネタも回転寿司とは思えないほど新鮮で脂がのっていました。

その中でも炙り大トロサーモンは、口に入れると舌の上でとろけるような上質な食感で、思わず「うわーこれはやばい…」と声が漏れてしまうほどでした。

また、こぼれいくらというメニューがあり、頼むと店員さんが小太鼓を叩き、セッティングした軍艦に溢れんばかりのいくらをこれでもかとお皿いっぱいに盛ってくれます。

演出も楽しいし、味も一粒一粒が格別でした。

 

その後に、レンタカーで余市にあるニッカウヰスキー工場に行きました。

お酒を飲まない1人に運転を任せたのですが、ペーパードライバーで運転が荒かったのはここだけのお話です。

ウイスキーが数種類無料で試飲出来るということで、ウイスキー好きの私ぴったりの場所でした。

有料で希少なウイスキーがたしなめる所があり、私はアルコール度数58℃のウイスキーを飲みました。

少量ですが、喉が燃えるようでした。

3日目は本場の味噌ラーメンを食べに行きました。

味噌が濃厚で食べ応えのある味でした。

帰りの空港でお土産を買って帰宅し、北海道旅行を終えました。

来年も行きたいと思っています。

最後に余談ですが、会社用のお土産でROYCEの生チョコレートを買ってきたことを社長に伝えたら、今までに見ないほど驚かれました。

皆さんに好評だったようで良かったです。

また、先日の北海道地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

皆さまの安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

お身体に気をつけて。では、また来月。

 

 

 

 

第一印象 (小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。まだまだ相変わらず暑いですね。

体調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

今回は「第一印象」についてお話ししていきたいと思います。

人と関わり合っていく中で、非常に重要なことですよね。

仕事においてもプライベートにおいても、この「第一印象」によって、その後の関わり合い方も変わってきます。

仕事面においては、平たく言えば、特に接客業やサービス業に従事されている方は、接客する上で常に心掛けていることではないでしょうか。

当たり前のことではありますが、「あいさつは出来ているか」「身だしなみはきちんとしているか」「電話の受け答えは適切かどうか」「要望に対して応えられているかどうか」など。

ここで重要なことは、サービスをする側の視点ではなく、常にサービスを受ける側の視点に立ってサービスを提供することです。

例えば、あいさつ。

「笑顔ではきはきと大きい声で」が基本ですが、笑顔がわざとらしかったり声が大きすぎたりしたらどうでしょうか。かえって不快に感じてしまいますね。

 

「要望について応えられているかどうか」についても同様に、良かれと思って必要以上に応えても、かえって余計なことと思われてしまうかもしれません。

かと言って、要望に対してのみ忠実に応えたとしても、不満に感じられているかもしれません。

 

これらのことに共通して言えるのは、何事も思い込みや決めつけで行動・言動してはならないということです。

これは仕事面だけではなくプライベートに関しても同じです。

十人十色という四字熟語がありますがまさにその通りで、人によって考え方・感じ方は様々です。また、「第一印象」が悪いとそれを回復することは容易ではありません。

もしもその印象の悪さが第三者に渡っていたとしたら、関わり合う以前に敬遠されてしまうかもしれません。

 

私自身の体験談も少々交えながらお話しさせていただきましたが、賃貸管理の質を高めていけるよう日々このことを意識して業務に努めていく所存でございます。

 

今月は以上です。お身体に気をつけて。

では、また来月。

 

 

 

 

 

「関谷さん」のこと(小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

梅雨に入り、じめじめとした天気が続いています。

体調管理には十分に気をつけていきたいものです。

 

今回は皆様ご存知、弊社の「関谷さん」についてお話ししていきたいと思います。

ただ、関谷さんの事だけを書きますので、もし関谷さんが苦手な方がいましたら、予めご容赦いただければ幸いです。(笑)

 

今月末を持ちまして、「関谷さん」がすまい倶楽部を退社してしまいます。

なかなか実感が湧かないものです。

来月、来年、再来年になってもすまい倶楽部の重鎮として活躍しているのを想像できるような方でした。

私がすまい倶楽部に入社して8ヶ月が経とうとしています。

長い期間この会社に在籍しているわけではありませんが、「関谷さん」は私にとって、とても大きな存在でした。

おそらく、私にとってだけではなく、会社にとっても同様だと私は考えています。

私の「関谷さん」に対する印象として感じていることは、何事も合理的ということです。

入社してから今まで、仕事やプライベートの話をいろいろ話していただきましたが、

どれを取っても「こうこうこういう理由があるから、こうしたほうがいい、こうしたらもっと良くなる」という構成がなされていて、聞き手としてはとても聞きやすく、かつ説得力を感じます。

自然と「では、こういう場合はどうしたほうが良いですか」というふうに質問したくなるような雰囲気を持っています。

もし自分がお客様だとしたら、こういう人に接客してもらいたいなと素直に思います。

「関谷さん」を尋ねてくるお客様が多くいるのも納得がいきます。

さて、何はともあれ「関谷さん」は、すまい倶楽部を退社してしまいます。

とても残念ではありますが、この事実を変えることはできません。

ここで大事なことは、今後のすまい倶楽部の在り方です。

私は賃貸管理の担当なので、「関谷さん」から実務を直接教わったわけではありませんが、賃貸管理の責任者として、私がどうあるべきかは、「関谷さん」を見て、肌で感じてきたと思っています。

 

関谷さん、本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。

皆様、今後ともすまい倶楽部をどうぞよろしくお願いいたします。

 

今月は以上です。

お身体に気をつけて。では、また来月。

 

 

 

 

 

お酒の話(小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。最近毎日のように暑い日が続いています。

体調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

今回は、「お酒」についてお話ししていきたいと思います。

「お酒」自体が苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、ご容赦いただければ幸いです。

さて、「お酒」についてですが、さまざまな要素がありますよね。

どんなお酒を飲むのか、どこで飲むのか、誰と飲むのか、何か食べながら飲むのか、などなど。私を例に挙げながら1つずつ具体的に考えていきましょう。

【どんなお酒を飲むのか】

私は専らビール、ウイスキー、ハイボールを好んで飲んでいます。

その他に日本酒や焼酎、サワーやカクテルなどがありますね。

ビールを例に挙げますが、一言でビールと言っても、さまざまな種類のビールがあります。

メーカーや製造元によって味、苦み、のどごし、アルコール度数など全然違ってきます。

私はアサヒのスーパードライが好きです。

同じビール好きでも、人それぞれ好みが違っておもしろいですね。

 

【どこで誰と飲むのか】

 飲む場所も重要です。

居酒屋なのかバーなのか、自分の家なのか人の家なのか。

場所によって飲むテンションも変わってきます。

私は外で飲むなら居酒屋、それ以外の日は毎晩家で350mlの缶ビールを1杯飲んでいます。

ここで、普段家で飲んでいるお酒については、もはや習慣になっているので、特にテンションの浮き沈みはありません。

それに対して、外で飲むときは違います

飲む相手にもよってきます。

気の合う友達と飲むときはテンションがほぼMAX状態です。

普段口にしないような話も次から次へと勝手に出てきます。

一気にストレスが発散出来ます。

会社の同僚や上司の方と飲むときは、そうはいきませんね(笑)。

 

なんだかお酒を飲みたくなってきました。

 

今月は以上です。お身体に気をつけて。

では、また来月。

 

 

 

ひげについて (小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

かがお過ごしでしょうか。

最近、日によっては真夏のような気温ですね。

体調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

今回は、「ひげ」についてお話ししていきたいと思います。

特に意味はありませんが、ひらがなで表記させていただきます。

このニュースレターをご覧いただいている皆様の中にも、「ひげ」について悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もその1人です。

逆に、女性の方、「ひげ」がほとんど生えない男性の方、むしろ「ひげ」をおしゃれに生やしている方には、あまり共感は得られないかもしれないですが、(こういう人もいるんだな)ぐらいの気持ちでご覧いただければ幸いです。

さて、具体的にどのようなことに悩まされているかというと、まず第一に、【毎朝のひげ剃り】です。

「ひげ」が濃い方はいらっしゃいますが、私の「ひげ」はその中でも特に濃い部類です。

さらに私の場合、生える早さが尋常ではありません。

「ひげ」を肌がスベスベになるまで剃っても、半日もするともうジョリジョリです。

また、「ひげ」の硬さも同様です。

私の場合、電動のシェーバーで下地を剃り、それだけではまだまだ剃り切れないので、5枚刃のT字ひげ剃りで仕上げます。

ご想像の通り、かなり手間がかかりますし、朝の貴重な時間が割かれてしまいます。

 

第二に、【肌の弱さゆえの剃り負け】です。

私の肌は乾燥肌かつ敏感肌です。

そのくせ「ひげ」が硬いので、いきなりT字のひげ剃りで剃ろうものなら、ほぼ間違いなく肌を赤く染めることになります。

 

そして最後に、【肌の白さゆえのひげの似合わなさ】です。

先程申し上げました、逆に「ひげ」をおしゃれに生やしている方、心から羨ましいです。

私もそうしたいのは山々なのですが、肌が白すぎるのでひげが絶望的に似合いません。

最近、永久脱毛しようか本気で悩んでいます。

 

 

 

 

 

花粉症(小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

最近、気温の変化が著しくなってきており、私の周りでも風邪が流行っています。体

調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

今回は、今流行りの「花粉症」についてお話ししていきたいと思います。

花粉症を発症する人は、遺伝的にアレルギー体質であることが主な原因として言われていますが、突発的に発症する場合も見受けられます。

時々、「花粉症に発症したと思い込むと本当に発症してしまう」というようなことを耳にしますが、実際どうなんでしょうか。

さて、花粉症の原因について、花粉の種類によるものが1つございます。

意外と知られていないのが、「食生活の変化」および「睡眠不足や不規則な生活」によるものです。

お年寄りの方で花粉症に悩まされている方々はいらっしゃいますでしょうか。

言われてみるとそんなにいない気がしますよね。

以前までは、インスタント食品やスナック菓子などが少なかったことも原因の1つかもしれないですね。

同じ地域に住んでいても、差があるように感じます。

また同様に、近年ではネット社会が定着してきていることもあり、比較的に若年層の方々での睡眠不足や不規則な生活が顕著になっています。

生活習慣を見直し、規則的な生活を心掛けることで、症状が改善されるかもしれないですね。

発症していない人だけではなく、発症した人は症状を重くしないためにも、外出時には、とにかく花粉に触れないことが大切です。

サングラスやメガネ、マスク、帽子、そしてツルツルとした花粉を落としやすい服装を心がけましょう。

帰宅したら、玄関に入る前に花粉を払い、うがいや顔を洗う習慣をつけましょう。

それでもつらい鼻水やくしゃみにはアレジオンなどの市販薬を利用しましょう。

因みに余談ですが、私はホコリに対するアレルギー性鼻炎を持っているので、時期関係なく鼻水鼻詰まりに悩まされています。花粉が出るこのシーズンは、時々目が痒くなります。私は花粉症ではありません。

 

今月は以上です。お身体に気をつけて。では、また来月。

 

 

 

 

 

 

二子玉川にお住まいの皆様、こんにちは。(小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

外はまだまだ寒さが続きますが、日によっては温かさを感じられるといったところでしょうか。

 

さて、突然ですが皆様は「夢」についてどのようにお考えでしょうか。

ここでの「夢」とは、睡眠の際に見るもの、

【睡眠中あたかも現実の経験であるかのように感じる、一連の観念や心像のこと。睡眠中にもつ幻覚のこと。 将来実現させたいと思っていること。願望。願い。】

と定義づけられています。

 

少し前までは、学生のとき以来、全く「夢」を見ることがなかったのですが(実は見ているが、覚えていないだけかも)、最近ではほぼ毎日見ています。

いろんな「夢」を見ますが、一番印象に残っている良い「夢」というのが、仕事が急に週休三日制になり、勤務時間がお昼の時間からになるという素晴らしい内容です(笑)。

もちろん、給与等に変動はありません。

正夢には到底なりえないですが、少し期待をしてしまう自分もいます。

 

「夢」については、さまざまな研究がなされているようですが、

一般的には、レム睡眠(浅い眠りに陥る)時に、脳は活動しているため、脳の記憶貯蔵庫から過去の記憶映像が再生されつつ、記憶映像に合致する夢のストーリーをつくっていくと考えられています。

「夢」の中で急に内容が飛んだりすること、ありますよね?

この考察が正しいということになれば、同じ内容の話の中での記憶が途切れ途切れなために引き起こされているのではないかとも考えられます。

この「夢」の中での反射行動として、寝ている間に身体が動いたり、寝言を発したりするみたいです。

私は最近熟睡できていないのでしょうか。

 

また、「夢」にもいくつか種類があり、個人的に好きな「夢」が、明晰夢です。

これは学生時代に頻繫に見ていた種類の「夢」なのですが、夢の中でこれは夢だと自覚している状態で見る「夢」です。

この状態になると、自分の望み通りに「夢」を変化することが可能になります。

例えば、自分が何かに追われている「夢」。

これは夢だと自覚することができなければ、ただただ恐ろしい「夢」に終わってしまいますが、自覚することができれば、自分の望み通りになるので、逃げているだけではなく、武器を取って戦うこともできたりします。

学生時代に私がこのような「夢」を頻繫に見ていたのは、今と比べて好奇心が旺盛だったからかもしれません。

このような「夢」をまた見たいと思っている今日この頃です。

 

 

 

 

 

二子玉川にお住まいの皆様、はじめまして。(小祝)

今年10月からすまい倶楽部の一員になりました、

小祝 雅之(こいわい まさゆき)と申します。

当社賃貸管理の担当になります。

今回初めてのニュースレターということで、

簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。

 

出身は茨城県日立市です。

実家は高台にあり、太平洋が一望出来ますが、

最寄り駅まで徒歩1時間近くかかるので、

自家用車が必須アイテムになります。

また、苗字について、

小岩井農場のほうと間違われがちですが、

チョットめでたいほうの小祝(こいわい)ですので、

どうぞお見知りおきください。

ちなみに、よく珍しいですねと言われますが、

全国で小祝という苗字の方々の9割は茨城県にいらっしゃるみたいです。

 

歳は今年で30になりました。

三十路ですね。

見た目は「色白で髭が濃いオールバック」といった具合でしょうか。

歳の割には若く見られることが多い気がします。

敏感肌・乾燥肌なので、肌の手入れには日々気を遣っています。

 

性格は、非常にポジティブで楽観的です。

また、仕事とプライベートのONOFFがハッキリしているとよく言われます。

自分でもそう思います。

 

スポーツは、小・中と野球、高校では陸上(短距離)と硬式テニスをやっていました。

過去の栄光になりますが、50m走の自己ベストは582です。

野球では1番ショートで塁に出てはバンバン盗塁を決めていました。

高校の体育祭の選抜リレーでアンカーとして2人抜いて1位でゴールしたのですが、もしかするとその瞬間が人生のピークだったのかもしれないです(笑)。

大学に進学し、一人暮らしを始め、お酒を飲むようになってから、気づいた時にはお腹周りにお肉がついてしまっていました。

自分は太らない体質だと学生時代は思い込んでいましたが、運動しているかしていないかの差は大きいですね。

週休二日になったので、休日はジムに通って、現役時代の身体に少しでも戻していければと思っています。

 

職歴としては、大学に通いながらスーパーマーケットで品出しのアルバイト、その延長で契約社員として同スーパーの鮮魚コーナーで4年間魚を卸していました。

魚については詳しいと思います。

その後、町田、新宿を拠点として、東京・神奈川全域で不動産営業を経験してきました。

業務内で二子玉川には何度か来たことがあり、今に至ります。

 

簡単ではございますが、以上とさせていただきます。

改めまして、これからどうぞよろしくお願いいたします。