理由がわかると理解が深まります!!(佐藤)

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「理由がわかると理解が深まります!!」というテーマで考えていきます。

不動産取引の際には、契約前に購入(賃借)するかどうかを判断するために「重要事項説明」がなされます。

その内容には多くの専門的な用語等も出てくるので、私達は「いかにわかりやすく伝えるか」ということを意識して説明にあたっています。

例えば、「建蔽率(けんぺいりつ)」という言葉があります。

建蔽率とは「建築物の建築面積の敷地面積に対する割合」のことです。

例えば、A3の紙を「土地」、A4の紙を「建物」とし、二つを重ねてみます。

こんな感じです。

【↓↓これが「建蔽率50%」のイメージです。】

「でも、せっかくだったら、敷地面積いっぱいに大きい家を建てたい!!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

それでは、なぜ「建蔽率」が決められているのでしょうか?

簡単に言うと「良好な住環境を守るため」です。

隣家がくっつくようにびっしりと建物があったら、通風や採光に影響したり、万が一火災の際などには燃え広がりやすくなることが考えられます。

また、物が置けるスペースがないと自転車や植木鉢など外に置いたものが隣の土地に簡単にはみ出してしまい「近隣トラブル!」なんてことも考えられます。

また、「敷地の最低限度」というルールがあります。

これは、「新たに土地を分割して建築物を建てる場合の敷地面積の最低限度」を定めるものです。

例えば、「敷地の最低限度を80㎡にする」と決められたエリアの場合、もともと75㎡の土地には建築物を建てられますが、150㎡の土地を75㎡ずつに分割してそれぞれに建物を建てることはできません。

このルールの目的は、「小さな住宅の乱立により建物間の距離が縮まることにより、日照、通風、防災などの環境が悪化することを防止すること」です。

このように、ルールや制度の概要だけでなく、「理由」を知ることによってより不動産について理解を深めていただくことができると思います。

今は書籍だけではなく、インターネット等でも豊富に情報が得られる時代です。

ぜひ少しでも気になることがあったらお調べいただき、それでもわからないことがありましたら、弊社までお気軽にご相談いただければと存じます。

最後に、私ごとではございますが、10月20日をもって退職させていただくことになりました。

短い期間ではありましたが、毎月ニュースレターをご覧いただきましてありがとうございました。

今後ともすまい倶楽部株式会社を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

水害リスクの説明義務化 [佐藤]

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「水害リスクの説明義務化」というテーマで考えてみます。

特にここ数年、水害に関するニュースをよく目にするようになりました。

先日も九州地方など複数の地方で被害が出ました。

また、思い起こせば昨秋は関東地方でも台風等の影響で多くの被害がありました。

近年のこういった状況をふまえ、2020年8月28日から不動産の契約前に建物等について説明をする「重要事項説明」の中で、水害リスクの説明をすることが義務付けられることになりました。

具体的には、私たち不動産事業者は、自治体が作成している水害ハザードマップを活用し、浸水のリスクや近隣の避難所の場所などを説明することになります。

先日大きな被害を受けた熊本県人吉市では、ハザードマップ上で浸水が予想されていた地域と実際の浸水地域がほぼ重なっていたようです。

異常気象等の影響で今後も同じような被害がいつどこで起こるかわかりません。

自然が相手なので、全ての被害を無くすことは難しいですが、事前に知識があれば日ごろから備えることもできます。

新しく不動産を購入したり借りたりするときはもちろんのこと、普段から自分の住んでいる地域について客観的に知っておくことは大切だと思います。

なお、「ハザードマップポータルサイト」というサイトがあります。(https://disaportal.gsi.go.jp/

こちらから全国各市町村が作成したハザードマップへリンクすることができますので、ぜひご覧になって見てください。

暑い日が続いておりますので、皆様ご自愛くださいませ。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

「80m=徒歩1分」ですが・・・・・(佐藤)

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「80m=徒歩1分」ということについて考えてみます。

みなさんがよくご覧になる不動産の広告に「駅から徒歩●●分」という表記があります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、不動産広告では「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして表示すること」と決められています。

なお、「1分未満の端数が生じた場合は1分として計算すること」となっていますので、例えば400mでは「徒歩5分」ですが、401mでは「徒歩6分」という表記になります。

駅や商業施設など生活に欠かせない場所への距離は、お部屋を探す上で重要な要素の一つだと思います。

実際インターネットで「駅まで5分以内」などにチェックを入れてお部屋を探されたことのある方も多いのではないでしょうか?

しかし、その広告の「徒歩●●分」をそのまま信じてお部屋を比較してよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、それだけで比較することはオススメできません。

例えば、ある何棟か建物がある団地を考えてみましょう。

敷地が広い団地ですと、端と端ではけっこうな距離があります。

この場合、駅からこの団地までの徒歩距離は、どの建物かに関係なく団地の中で駅に「最も近い地点」を起算点として広告表記できてしまいます。

また、例えば1階と5階では当然所要時間は変わってきますよね。

街中で言えば、信号待ちにかかる時間や歩道橋を上り下りする時間、坂道なども考慮されません。

したがって、実際歩いてみたら「予想以上に時間がかかった」ということはよくあることです。

ところで、この「80m=徒歩1分」という基準はどのようにして決まったのでしょうか?

実は「ヒールを履いた女性が歩くスピード」が基準となったようです。

1960年代にある役所に勤めていた一人の女性にヒールを履いて歩いてもらったところ、このスピードだったということです。

その基準が半世紀以上経った現在でも不動産広告に使われているのは何とも興味深いところです。

広告の中には、その物件をよりよく見せようとするためにムリヤリ「徒歩●●分」を縮めて表記していると思われるものがあります。

以前、どう考えても「直線距離」でしょ!!とツッコミたくなるような広告を見たことがあります。

「80m=徒歩1分」は「直線距離」ではなくあくまで「実際に歩く道のり」になります。

先述したように「信号待ちだらけ」とか「坂道だらけ」とかであっても考慮されませんので、気になるお部屋が見つかったらまずは実際に歩いていただくことをオススメします!!

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。