最近の話(小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

『秋は夕暮れ』なんて言いますが、11月上旬現在、夕暮れがすごく短いように思います。

このままでは、秋をすっ飛ばして冬が来てしまいそうなので、芋や栗など、秋らしいものを食べて秋を満喫し、冬に抵抗する日々です。

最近では、『利平栗』とか『安納芋』とか、秋の味覚に詳しくなってきました。

さて今月は、日々の出来事について書かせて頂きます。

 

■予定

季節も変わり目ですので、スーツを新調しました。

私服は適当に選ぶ僕ですが、スーツ選びは社会人として失敗したくないところです。

なので、僕はいつもお店の方に採寸して頂いてから、適切なサイズのスーツの中からデザインだけ選びます。

色・柄とか、形とか。

その日もいつものように採寸して頂き、流れ作業のようにデザインを選んで試着しました。

すると、明らかにズボンがパツパツです。

ヒザも曲げられないほどに。思わず「これ、さすがにキツいです。」とサイズ変更を申し出ました。

するとお店の方は「あ、そう?これから痩せる予定とかない?足だけ。」と、今着ているものを再プッシュしてきました。

倒置法で。もし僕に足だけ痩せる予定があったとしても、さすがに今の自分が着られないスーツは買わないです。

ウェディングドレスに合わせてダイエットする花嫁さんじゃないんだから。危うく口車に乗せられて痩せるところでした。別にいいか。

 

■祖父の無茶

僕が小学生の頃の話です。

母方の祖父の所へ遊びに行くと、祖父はいつも決まって「また大きくなったなぁ!」と喜んでくれました。

祖父は僕の成長を喜んでくれる反面、

どこかで「もっと早く育てばいいのにな、孫。」みたいな、じれったい思いもあったようです。

実際はそんな口調ではなかったですが。

ある日、祖父はいたって朗らかに「背ぇ伸ばしてやる!」と言うなり、僕の頭を両手で掴んで、そのまま少し宙に持ち上げました。

はたから見たら、僕がそういう『技』を受けているように見えたはずです。

当時は理解していませんでしたが、下手したら事故です。

引っ張って伸ばすって、ピザじゃないんだから。

祖父は農業もしていたので、育てることの大変さをよく知っていたはずなのに。

孫の成長が楽しみすぎたのか、祖父が我を忘れた話でした。

 

■急なクイズ

突然ですが、『20%くらいの人が間違えそうなクイズ』を思い付きましたので、ここで出題させて頂きます。

『「秋の桜」、と書いて「コスモス」。では、「春の菊」、と書いて何と読む?』です。

いかがでしょうか。

よくある、早押しクイズのひっかけ問題っぽくないでしょうか。

回答者の皆様は、もし可能でしたら、「春の菊?んー。何だろう・・。タンポポ?ちがうか?」などとお間違え頂けましたら、出題者としても大変光栄です。

昨日の帰り道に、すき焼きのことを考えてたら思いつきました。正解は『春菊(しゅんぎく)』でした。一応。

 

■春菊(しゅんぎく)について                                   

春菊って、すごくきれ1いな花が咲くんですね。

上記の件で、そもそもなぜ『春菊』という名前なのか気になって、ネットで調べていて知りました。

僕は食材としての春菊しか知りませんでしたが、ヨーロッパではもっぱら観賞用の植物として認知されているそうです。

ということは、もしヨーロッパの花壇で春菊を見つけても、「おや、立派な春菊畑ですね。」などと言いつつ収穫したり、すき焼きに投入したりしてはいけないのですね。

日本で例えるなら、花壇に咲いているチューリップを引き抜き、そのままポトフに投入するような暴挙です。

知らずにヨーロッパですき焼きをしていたら、危うく国際問題になるところでした。

また、春菊の花をGoogleで画像検索される際には、『春菊』でなく、『春菊 花』で検索して下さい。

『春菊』で検索すると、おひたしやサラダ、ナムルなど、無数の春菊レシピ画像が表示されます。きっとヨーロッパの方が見たら怒ります。

年内にお届けするニュースレターは今回が最後でしょうか。

毎回、好き勝手なことを書かせて頂いていますが、優しい二子玉川の皆様は寛容にお許し下さるばかりか、「面白かったよ」等の温かなご感想まで頂きまして、非常にありがたく思います。

来年も、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

三浦社長のふどうさんコラム 【マンション、戸建ての売却編】

今回はマンション、戸建てを売却するときの売主としての対応をお話したいと思います。

まず、当たり前のことですが、お部屋はなるべくきれいにしてください。

特に水回りであるキッチン、お風呂、トイレ、洗面所。

ここが汚いとアウトです。

ここで生理的な嫌悪感を生じてしまいますと、いくらクリーニングやリホームをすればきれいになりますよ、と言ってもその光景と匂いなどの記憶が頭に焼き付いてしまいます。

ご自身できれいにすることが面倒であれば、プロのお掃除屋さんへ頼めば信じられないくらいきれいになります。

ただ、お掃除屋さんにも技量の差はあります。多少高くても本当のプロに依頼しましょう。

クロスは基本的に殆どがビニールクロスですからプロがクリーニングをすれば張り替えたくらいきれいになる場合もあります。

実際に弊社でも賃貸で管理しているお部屋のクロスをクリーニングしています。

また、リペアの技術も上手な職人がやればこれも信じられないくらいにきれいになります。

これらは、いずれも住みながらできます。リペアについてはまた次の機会にお話しいたします。

後は、部屋中の電気はつけておきましょう。カーテンもあけておきましょう。

できれば、アロマなどの香料もたいておくといい印象を与えます。

これらはいずれも第一印象をよくするという事です。

買主様はその部屋に入って5秒で買うか買わないかを直観で感じ取ります。

ここまでは、主にハードの面ですがソフトの面も大切です。

ソフトの部分とはまさに売主の態度です。

よく接遇とかオモテナシとかいいますが、買主様はお客様です。

売ってやる、という尊大な態度は賢明とは言えません。

買主様はそこに住んでいた人がどういう人でどういう理由で売却するかもとても気にします。

そこに住んで不幸になった方からは買いたくないというのが人の心情というものです。

ですから住みながら売る場合には親友か大切なお客様を迎えるような態度で接してください。

身なりも小ぎれいにし、満面な笑顔で迎えてください。

買主様もいい人に値段を負けてください、とは言いにくいものです。

笑う事は1円もかかりません。

 

 

 

 

三浦社長のふどうさんコラム 【マンションの購入編】

今回はマンションを購入するときには具体的にどこをどう見ればいいのか、をお話したいと思います。

①エレベーター よくエレベーターの壁が汚れないように壁に養生がしてあります。カーペットのようなものが貼っていますよね。簡単に手で剥がせますので剥がしてその壁を確認してください。落書きやキズがないか見てください。その他、目視できる部分もよく見てください。

②集合ポスト キズ、落書き、チラシや広告物がはみ出していないか。その他居住用以外は禁止されているのに事務所の名札等が明示されていないかなど。後、床にゴミが散乱していないか。

③共用の廊下 自転車等の私物、出前の器、玄関ドアに勝手にポスターやシールなどを張っていないか。

④ゴミ置き場 整理整頓、清掃が行き届いているか

⑤自転車置場、駐車場など 整理整頓 機械式の駐車場に規格外の車が駐車されていないか(重量、車幅等)

この他マンションによって共用の施設(ジム、ラウンジなど)がありますので、
それらの部分の状態も確認しておくこと。

また、これらの物理的に目視できるところの他に管理規約、
使用細則、修繕履歴、長期修繕計画書、議事録、重要事項調査報告書などの書類にも一通り目を通しておきましょう。

もっともこれらは、お話が具体的に進んで行った場合になってからでも大丈夫です。
また、一概には言えませんが、狭小のワンルームが混在したマンションは避けた方が賢明です。

あと、ちょっとしたことですが、見学に行った時に、居住者の方がにこやかに挨拶をしてくれるマンションは、住んでいる方がそのマンションに満足して住んでいる方が多いと言えます。

こういったところを事前に確認する事によって入居者のモラルなどを知ることができます。

 

 

 

三浦社長のふどうさんコラム 【マンションの購入編】 

よくマンションは管理を買えといいますが、具体的にはどういう事なのでしょうか?

どこをどう見ればいいのでしょうか?

管理というのはそもそもどの部分を誰がするのでしょうか?

専有部分と共用部分てどこの部分?

簡単に言ってしまいますと、お部屋の外で外気に触れる部分は全て区分所有権法上共用部分になります。

したがってバルコニーも共用部分になります。

権利としては共用部分を共有するということです。

話が少しややこしくなってきましたが、要は、マンションを買うとは、共用部分も含めて買うという事です。

したがって、自分のお部屋以外は関係ないでは済まされないのです。

マンション(新築、中古)を見に行かれた時に、担当の営業マンがお部屋しか案内しなければ、それは知らないのか、悪意にとれば見せたくないのか、いずれにせよ、
そういう案内しかしなければ、購入してから不利益を被る可能性は大きいと言わざるを得ません。

次回は、具体的に、どこをどう見ればいいのかのお話をさせていただきたいと思います。

ありがとうございました (小竹)

皆様こんにちは。すまい倶楽部㈱の小竹です。

10月に入り急に涼しくなりましたね。寝苦しい事は無くなりましたが、朝晩と日中の気温差が大きいので体調を崩しやすい時期です。

私にとっては毎日、気を抜けない時期になりました。

寝る時には暖かくする事を意識し、睡眠時間も十分確保するようにしています。

気温と気候の急な変化に身体がついていかないので・・。

 

◆スノーボード

以前、ニュースレターに書きましたが20代半ばの頃はスノーボードにのめり込み冬期の休日は、ほぼ全てゲレンデに遠征していました。

毎年寒くなってくると「ああ~もうそんな時期か~。」と感じ、馴染みのショップからはDMが届き(この時期に限らず1年を通して届いていますが、毎年特大号が届きます)私の中で季節を感じる要素になっています。

以前はゲレンデのオープン日を指折り数え、初滑りは〇日かぁ~とワクワクしていました。

毎年富士山麓の「スノータウンイエティ」が日本一早くオープンするゲレンデとして10月中旬にオープンします。

今年も日本最速なら22年連続。

(スタッフの方の努力が凄い)群馬の奥地であればゴールデンウィークまで営業しているので実質7か月間近く屋外で滑れます。

振り返ってみると凄い体力と資金力だったなと。

今ではすっかり滑る機会が減り、ボルダリングばかりしていますが。

たまたまYou Tubeでスノーボード動画を見てしまい、滑りたい熱が再燃してしまったので今年は怪我をしない程度に遠征してみようかと考えています。

ウェアは何着もあるのでギア(板、ビンディング、ブーツ)を買おうか悩み中です。

道具も進化しているようなので、最新のを使ったらどうなるのか試してみたくワクワクしてます。(2回転半とかできちゃうかも!!)

ただ、金額が・・・。凝り性で趣味にお金を掛け過ぎなので、ほどほどにしていきたいと思います。

 

◆さようなら

私事ではありますが、すまい倶楽部(株)を退職することになりました。

これが最後のニュースレターになります。

2年ちょっとの在籍でしたが、色々な方との出会いが良い経験&成長となりました。

今まで自分の事を綴る事をした経験が無かったので、このニュースレターは苦戦をしてきました。

ただ自分自身を表現し見直す良い機会となり、少しでも楽しく読んで頂ければと思い毎月行ってきました。

まあ殆ど自分の趣味の話題ばかりでしたが。

ボルダリングジムでウロウロしていたり、街中で猫を追いかけている人間を見かけたら私の可能性が高いので、温かい目で見守ってください。

つたない文章でしかお伝え出来なかったと思いますがお付き合いいただき有難うございました。

 

 

 

理由がわかると理解が深まります!!(佐藤)

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「理由がわかると理解が深まります!!」というテーマで考えていきます。

不動産取引の際には、契約前に購入(賃借)するかどうかを判断するために「重要事項説明」がなされます。

その内容には多くの専門的な用語等も出てくるので、私達は「いかにわかりやすく伝えるか」ということを意識して説明にあたっています。

例えば、「建蔽率(けんぺいりつ)」という言葉があります。

建蔽率とは「建築物の建築面積の敷地面積に対する割合」のことです。

例えば、A3の紙を「土地」、A4の紙を「建物」とし、二つを重ねてみます。

こんな感じです。

【↓↓これが「建蔽率50%」のイメージです。】

「でも、せっかくだったら、敷地面積いっぱいに大きい家を建てたい!!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

それでは、なぜ「建蔽率」が決められているのでしょうか?

簡単に言うと「良好な住環境を守るため」です。

隣家がくっつくようにびっしりと建物があったら、通風や採光に影響したり、万が一火災の際などには燃え広がりやすくなることが考えられます。

また、物が置けるスペースがないと自転車や植木鉢など外に置いたものが隣の土地に簡単にはみ出してしまい「近隣トラブル!」なんてことも考えられます。

また、「敷地の最低限度」というルールがあります。

これは、「新たに土地を分割して建築物を建てる場合の敷地面積の最低限度」を定めるものです。

例えば、「敷地の最低限度を80㎡にする」と決められたエリアの場合、もともと75㎡の土地には建築物を建てられますが、150㎡の土地を75㎡ずつに分割してそれぞれに建物を建てることはできません。

このルールの目的は、「小さな住宅の乱立により建物間の距離が縮まることにより、日照、通風、防災などの環境が悪化することを防止すること」です。

このように、ルールや制度の概要だけでなく、「理由」を知ることによってより不動産について理解を深めていただくことができると思います。

今は書籍だけではなく、インターネット等でも豊富に情報が得られる時代です。

ぜひ少しでも気になることがあったらお調べいただき、それでもわからないことがありましたら、弊社までお気軽にご相談いただければと存じます。

最後に、私ごとではございますが、10月20日をもって退職させていただくことになりました。

短い期間ではありましたが、毎月ニュースレターをご覧いただきましてありがとうございました。

今後ともすまい倶楽部株式会社を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

秋になってきました(小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

これを書いている今は9月上旬です。

日中の最高気温が37℃にもなった今年の夏も、やっと少し落ち着き始めました。

ついこの間まで、「今年の梅雨は長いですね」なんて言っていましたが、今年は夏も長く感じました。

後からしわ寄せがきて、秋冬が極端に短い、なんてことにはならないものでしょうか。

今から心配です。僕が心配したところでアレですけど。

今月は、日々の出来事について書かせて頂きます。

 

■雨虎について

突然ですが、皆様は『パズル』はお好きですか?僕はお好きです。

どのくらい好きかというと、「カレー以上、寿司未満」くらい好きです。

分かりにくくて申し訳ありません。

特に僕が好きなパズルが、クロスワードや数独のように、紙にペンで書きこむタイプのパズルです。

パズル雑誌の『ニコリ』も大好きです。

家で静かにお茶など飲みつつ、じっくり頭を使うのが好きなのです。

先日、家で解いていたパズルのキーワードが『雨虎』でした。

『雨虎』という漢字の読み仮名を答えよ、という問題ですね。

解答欄が5マスでしたので、『雨虎』の読み仮名は5文字であると推察できますが、見たこともない単語です。

しばらく考えてはみましたが、もしかして「正解は、中国の幻の虎『ウ―フォン』でした!」みたいな、すごく意地の悪い問題かも知れない、と思い早々に降参。

そして『雨虎』で検索。

なんと正解は『アメフラシ』でした。

仮に降参せずに考えていたとしても、一生かけても正解にはたどり着けなかったでしょう。

危うくアメフラシで一生を棒に振るところでした。

 

■雨虎(アメフラシ)について

文句の一つも言いたい気持ちでした。

だいたい、『雨虎』なんて言われたらもっと強そうな動物を想像するじゃないですか。

アメフラシのどこが『虎』なのだ!きちんと納得できる理由を言いなさい!

とその由来も調べてみましたが、

『由来は全く不明』であるということが分かっただけでした。

なんということか。

現代のネット社会でも不明なことがあるんですね。

そして現在でも、由来すら不明のまま『雨虎』の字が使われ続けているのです(雨降、とも書くそうですが)。

僕はこの時点でもう、パズルそっちのけでアメフラシに夢中です。

さらに調べると、アメフラシは分類上『無楯類(むたてるい)』というのに属するそうです。

「楯(たて)が無い」という字の通り、『殻が退化した貝の仲間』という意味のようです。

でも、殻が無いのが無楯類なら、僕だって同じです。

僕だって無楯類です。

君だけじゃない。

どうかアメフラシは、殻がないくらいで落ち込まないでもらいたいですね。

別に落ち込んでませんかね。

 

■ムーミン

突然ですが、皆様は『ムーミン』ってお好きですか?

僕はお好きです。

どのくらい好きかというと、「カレー以上、パズル未満」くらい好きです。

絶妙なラインです。

大学時代、ちょうど通学前の時間帯に古いアニメが再放送されていたのを見ていました。

丸っこくてかわいらしいじゃないですか、ムーミン。

最近、またムーミンを懐かしく思い、公式サイトのキャラクター紹介を見ていると、ムーミン谷のいたずらっ子『スティンキー』の紹介文が目に留まりました。

「悪さばかりするスティンキーは、ムーミン谷の住民たちから煙たがられていますが、本当の悪党を知っているムーミン一家は、そんなスティンキーをかわいいとさえ思っているようです。(一部略)」みたいなことが書いてあります。

僕は、ムーミン一家が本当の悪党と対峙するようなエピソードは存じ上げませんが、原作にはあるのでしょうか。

めちゃくちゃ面白そうじゃないですか。

また、「平和なムーミン谷で、あまり仕事のない署長さんや警察官たちにとっては、捕まえて牢屋に入れることのできる貴重な存在です。」などと少し危険な思想が書かれていました。

ムーミン谷の投獄要員、ってことですか。

確かに、アニメでもスナフキンとかに「あっちへ行け、スティンキー。」とか邪険に扱われているキャラクターでした。

文面が『ムーミン公式サイト』にしては非常に殺伐としていて面白いので、非常におススメです。

今月は以上です。では、また来月

 

 

 

最近の事 [三浦]

こんにちは、いかがお過ごしですか。

7月の長い雨の日が終わりいよいよ梅雨が明けました。

今年、蝉の鳴き声を聞いたのは、梅雨が明ける少し前、8月に入ってからでした。

こんにちは、いかがお過ごしですか。

7月の長い雨の日が終わりいよいよ梅雨が明けました。

今年、蝉の鳴き声を聞いたのは、梅雨が明ける少し前、8月に入ってからでした。

蝉も梅雨明けを予感していたのですかね。

新型コロナウイルス、相変わらず猛威を奮っています。

感染者も指数関数的に増加しています。

経済に与える影響も甚大で、私も懇意にしているブルックスブラザーズが破綻したニュースを観て、驚きました。

米国で200年以上も歴史のある洋服屋が破綻するとは想像もしていなかったです。

高島屋にあるお店は今のところ継続するみたいです。

仕事で着るシャツは全てブルックスブラザーズなので閉店となると非常に困ります。

残念ながら、ブルックスブラザーズには、ペット用の服はありません。

酷暑の中、ミッキーの散歩には、夏用の迷彩服を着せています。

散歩に行く前に迷彩服を水で濡らして着せます。

そうすると、水の気化熱で体温が下がります。

本人(犬)も随分涼しそうです。人間の熱中症対策にも応用できます。

100円ショップで売っている携帯用の小さなボトル(スプレー式)に水をいれて持ち歩き、暑い時に顔や腕などにスプレーします。

そうすると水の気化熱で涼しくなります。お試しあれ。

私はこの業界に入って35年になります。

会社を創業して今年で26年です。

その間、バブル崩壊、9.11テロ、東日本大震災、リーマンショックなど様々な危機を経験しましたが、今回のコロナショックが一番しんどい。

特に弊社は店舗にご来店していただいたお客様との商談をメインにしているため影響は大きい。

不動産は大きな買物ですから、実物を見ないで購入する事は難しいし、また、危険でもある。

もし、写真や動画、営業マンから聞いていた話と実物が違っていた場合、そのリスクは誰が負うのでしょうか。

では、また、来月。

 

 

 

 

水害リスクの説明義務化 [佐藤]

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「水害リスクの説明義務化」というテーマで考えてみます。

特にここ数年、水害に関するニュースをよく目にするようになりました。

先日も九州地方など複数の地方で被害が出ました。

また、思い起こせば昨秋は関東地方でも台風等の影響で多くの被害がありました。

近年のこういった状況をふまえ、2020年8月28日から不動産の契約前に建物等について説明をする「重要事項説明」の中で、水害リスクの説明をすることが義務付けられることになりました。

具体的には、私たち不動産事業者は、自治体が作成している水害ハザードマップを活用し、浸水のリスクや近隣の避難所の場所などを説明することになります。

先日大きな被害を受けた熊本県人吉市では、ハザードマップ上で浸水が予想されていた地域と実際の浸水地域がほぼ重なっていたようです。

異常気象等の影響で今後も同じような被害がいつどこで起こるかわかりません。

自然が相手なので、全ての被害を無くすことは難しいですが、事前に知識があれば日ごろから備えることもできます。

新しく不動産を購入したり借りたりするときはもちろんのこと、普段から自分の住んでいる地域について客観的に知っておくことは大切だと思います。

なお、「ハザードマップポータルサイト」というサイトがあります。(https://disaportal.gsi.go.jp/

こちらから全国各市町村が作成したハザードマップへリンクすることができますので、ぜひご覧になって見てください。

暑い日が続いておりますので、皆様ご自愛くださいませ。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

最近の話(小竹)

皆様こんにちは。すまい倶楽部㈱の小竹です。

長かった梅雨がやっと明けましたね。

梅雨明け後は例年猛暑日が続くのですが今年も変わりなく暑い!!ですね。朝晩は少し風があり、動かなければ心地よいですが少し動くとベトベトと・・・。

まあ湿度が高く雨が降っているよりかは暑くても快晴の方が気分が高まり、子供の頃の様に外で遊びたくなりますよね。

ちなみに今年の7月は東京都で降水量が0だったのは、たったの1日のみだったようです。

その代わり何十年かぶりに台風が上陸しなかったけど雨が多かった、変な感じです。

 

◆「日焼け」

最近では1年を通して対策をされている方が殆んどではないでしょうか。

特にこの時期は日向に居るとジリジリと皮膚が焼けるような強い日差しを感じ、家に帰って赤くなっていてビックリなんて事もあるかと。

特に今年はマスクをしているので【マスク焼け】何てのも気を付けなければいけませんよね。

昔スノーボードを始めて間もない頃は、紫外線と雪山の日差しの照り返しを舐めておりゴーグル焼けになり口元だけ黒い泥棒ひげ状態になった事があったので細心の注意を払って生活しています。

普段、休みの日を含め時計を必ず着けている生活をしていますが、運動をする為時計無しでウロウロしていた所友人より「時計焼け結構してるね。」の一言。

真夏に比べると日差しも少なく、通勤や買い物程度でしか外をうろついていないにもかかわらずクッキリと時計バンドの跡に・・・。

元々人よりも焼けやすく眼からの紫外線で反応してしまうような人間ですがここまでとは。紫外線恐るべしです。

私でこの様な状態なのでお子さんや色白の方は大変だなと。

ちなみに時計焼けを見た友人からは「元々は結構色白なんだね。」と意外な反応が。

ええ実は私、色白なんです。

ですが紫外線を吸収しやすい体質に変わり、すぐに黒くなります。

少し前までは夏よりも冬の方が黒く、闇夜に紛れていました。皆さん対策を万全に。

 

◆「蚊」

最近・・というかここ何年かになるかもしれませんがメチャクチャ刺されます。

この間はいつのまにか太ももに4箇所、右腕に3箇所刺されていました。

(一度になのか、自分自身が気付いていない間の何時間かなのか不明ですが。)

ボルダリングでぶつけたアザ&小傷と混ざり、手足が赤や紫、黒の斑点でぽつぽつと。

「蚊」の能力も上がっているのか、昔よりも痒く膨らみも大きいような気がします。

以前より夏が暑くなり、「蚊」にとっては過ごしやすい気候になっているのかもしれませんね。

体質なのか美味しいのかよく分かりませんが「蚊」に大人気で困っています。