最近の事(三浦)

こんにちは、いかがお過ごしですか。

九州地方、中でも熊本は大雨による甚大な被害で、多くの方々が犠牲になりました。

被害に遭われた方がテレビでおっしゃっていましたが、

毎年、50年に一度とか100年に一度とか言っているが、同じような事が毎年起こる、いったいどうなっているのか…。

新型コロナ、大雨による自然災害、これでもし大地震でも来たら壊滅的なことになります。

そうならない事を願います。

先日私が30年前に入会したスポーツクラブが閉館しました。

場所は、南青山のキラー通り沿いにありました。

入会当初はバブルの頃で、政界や財界、スポーツ選手など著名人が会員になるので、人脈ができて仕事にも繋がるというふれ込みでした。

20歳未満は入会できないので、大人の社交場という感じでした。

会員も少なく、プールで泳いでいる時も一人しかいないという感じでした。

私にとっては、非日常の空間であり、憩いの場でした。

通帳に預けていた保証金が振り込まれていたのを見た時、嬉しいというより、これでまた行けるところが失われた、という寂しい気持ちになりました。

人間、行きつけのところがあるというのはいい事だと思います。

職場以外の人たちと会える、そして話をする、それが日々の生活に潤いをもたらします。

二子玉川ライズの地下にFAR EAST BAZAAR(ファーイーストバザール)というお店があります。

ドライフルーツやナッツなどを売っているお店です。

アラビアンジェラートという白砂糖を使わず果糖やハチミツで甘さをつけたジェラートがあります。

なかでも、利休(りきゅう)という抹茶のジェラートがお気に入りです。

苔を食べているような錯覚に陥りますが、とにかく他にはない渋さです。

柑橘系のジェラートと組み合わせると相性がいい。

上にナッツをトッピングしてくれます。

最近、行きつけの店になりつつあります。

 

 

 

 

ご挨拶(村上)

皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

ニュースレターを書いている今日は6月中旬あたり、そろそろ梅雨なのかなぁといった感じで、ジメジメしています。

マスクをしながらこの季節を過ごすことは非常にツラいですね。

今後は基本的には外出をするときのエチケットとして、当然衣服を着用して出かけるようにマスクも着用して出かけなければならない世の中になってしまうのでしょうか。

そんなのあんまりです。

 

突然ではありますが、

長いことニュースレターを読んで下さり有難うございました。

突然ではありますが、退職をさせて頂くこととなりました。

このニュースレターをきっかけにすまい倶楽部にご興味を持って頂いた皆様、

街で声をかけて頂いた方々、

私から不動産を買って頂いたり、

売って頂いたり、借りて頂いたり、

貸して頂いたり、相談して下さったり、

色んな形で私とご縁を持って頂いた皆様、心より感謝申し上げます。

 

思い返してみると、このニュースレター、毎月書いていました。

仕事のことは少し離れてプライベートで起こった出来事などをメインに書いておりましたし、

小林くんは私のことをメインに書いていましたから、

お会いしたことが無い方も村上ってこうゆう人なんだろうなぁと大体の予想はついたのではないでしょうか。

そういった意味で、このニュースレターは地元の不動産をメインに活動をしているすまい倶楽部にとって、まさに地域専門だからこそできる活動の一環だったと思います。

インスタグラムやツイッターやYouTubeなどはフォロワーやチャンネル登録者数や再生回数など、数字が目に見えてわかりやすい一方、

このニュースレターは私たちの手配りだったり、郵送でお届けするものでしたからどのくらいの方が見てくれているのかな、と。

特に出来の良かったニュースレターについては今月号は是非皆さんに読んでもらいたいなぁと気合いを入れて郵便ポストにお届けしたものです。

上で申したとおり、どのくらいの方が読んで下さっているのか数字ではなかなか拾えないところがありましたが、

アンケートなどに面白かったエピソードで私のことを書いてもらったときの嬉しさは

それは大変に嬉しいものでした。

本当に有難うございました。

 

なぜなのか

急になんで?

と思っていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

前々から思ってはいましたが、

ちょっと自分のパフォーマンスが出せていない、

と思っていたからです。

時間の問題で解決するのかな、と思いましたが、

思うようにコンディションが上がらなかったので、

少し休息が必要だなと思ったからです。

 

そうなんだ。じゃあ次はどうするの?

そのように思ったからもいらっしゃるかもしれません。

次は今のところ決まっていません。

一度実家に戻って少し休憩しながらゆっくり考えます。

実家といっても二子玉川ですから、街でお会いすることもあるかもしれません。

そんなときはお声掛け下さい。

村上の最新情報をお伝えします。

 

 

ところで

実家に戻るんだぁ、お母さんはなんか言ってたの?びっくりしたんじゃない?

と思った方もいらっしゃるかもしれません。

実際によく聞かれます。

ニュースレターを書いている今日現在、

そこが一番の悩みどころだなぁと思っています。

会社を辞めた後に

『あんた、木曜日やで。会社行かんでもええの?』と聞かれて

『うん。大丈夫。なぜなら辞めたからだよ。』こんな伝え方をしたら

きっと母は心筋梗塞になりますし、

そんな奴はサイコパスだと思います。

なので傷つかないように丁重に伝えることを考えているのですが、

正直これが一番キツイです。

 

それでは以上になります。

皆様、長い間、有難うございました。心より感謝申し上げます。

 

 

 

「80m=徒歩1分」ですが・・・・・(佐藤)

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「80m=徒歩1分」ということについて考えてみます。

みなさんがよくご覧になる不動産の広告に「駅から徒歩●●分」という表記があります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、不動産広告では「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして表示すること」と決められています。

なお、「1分未満の端数が生じた場合は1分として計算すること」となっていますので、例えば400mでは「徒歩5分」ですが、401mでは「徒歩6分」という表記になります。

駅や商業施設など生活に欠かせない場所への距離は、お部屋を探す上で重要な要素の一つだと思います。

実際インターネットで「駅まで5分以内」などにチェックを入れてお部屋を探されたことのある方も多いのではないでしょうか?

しかし、その広告の「徒歩●●分」をそのまま信じてお部屋を比較してよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、それだけで比較することはオススメできません。

例えば、ある何棟か建物がある団地を考えてみましょう。

敷地が広い団地ですと、端と端ではけっこうな距離があります。

この場合、駅からこの団地までの徒歩距離は、どの建物かに関係なく団地の中で駅に「最も近い地点」を起算点として広告表記できてしまいます。

また、例えば1階と5階では当然所要時間は変わってきますよね。

街中で言えば、信号待ちにかかる時間や歩道橋を上り下りする時間、坂道なども考慮されません。

したがって、実際歩いてみたら「予想以上に時間がかかった」ということはよくあることです。

ところで、この「80m=徒歩1分」という基準はどのようにして決まったのでしょうか?

実は「ヒールを履いた女性が歩くスピード」が基準となったようです。

1960年代にある役所に勤めていた一人の女性にヒールを履いて歩いてもらったところ、このスピードだったということです。

その基準が半世紀以上経った現在でも不動産広告に使われているのは何とも興味深いところです。

広告の中には、その物件をよりよく見せようとするためにムリヤリ「徒歩●●分」を縮めて表記していると思われるものがあります。

以前、どう考えても「直線距離」でしょ!!とツッコミたくなるような広告を見たことがあります。

「80m=徒歩1分」は「直線距離」ではなくあくまで「実際に歩く道のり」になります。

先述したように「信号待ちだらけ」とか「坂道だらけ」とかであっても考慮されませんので、気になるお部屋が見つかったらまずは実際に歩いていただくことをオススメします!!

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

最近のお話(小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

これを書いているのは6月初旬、九州・四国地方で梅雨入りが発表された直後です。

外出自粛ムードはまだ続きますが、先月号からチラシを入れさせて頂いているSkype相談窓口の『おうちですまい倶楽部』にも、さっそくお問い合わせを頂きました。

普段はふざけたことばかり書いていますが、お仕事は至って真面目にしておりますので、安心してお問い合わせ下さい。今月は、日々の出来事について書かせて頂きます。

 

■ちょっと痩せました

突然ですが、最近少し痩せました。少し努力したら、少し痩せたのです。

5月中旬、ダイエット初心者の僕は、役作りのために自在に体重を増減するハリウッド俳優に学ぶことにしました。

過去に28㎏も減量したという『バットマン・ビギンズ』の主演俳優クリスチャン・ベールは、役作りのための減量を以下のように語っています。

「食事は1日にツナ缶1つとリンゴ1個のみ。これを4ヶ月続けるだけ。真似するな。」だそうです。

真似できるか。

でも、こういう極端な例を聞くと、常識の範囲内での食事制限と適度な運動などは苦にならなくなるのでおすすめです。

次に僕が参考にした吉本のお笑い芸人『EXIT』のりんたろー。

さんは、最近12㎏もの減量に成功したそうです。

簡単なダイエットレシピもYouTubeで公開していて非常に参考になります。

失礼な話、ハリウッド俳優と比べるとさすがに見劣りするかもしれませんが、実用性は間違いなしです。

クリスチャン・ベールは「アボカドには塩こんぶが合う」とか、「鶏肉に片栗粉をまぶすとパサつかない」なんて教えてくれませんからね。

『遠くのハリウッドより近くの吉本』です。

まさにクリエイティブエージェンシー。

 

■メモ

僕がここ2年ほど実践している習慣があります。

『思い付いたことをすぐメモする』です。

2年前、テレビで『成功する人は、アイデアを即座にメモする』という特集を見ました。

どこかの経営者の方だったと思うのですが、枕元・洗面所・トイレなど、家のいたる所にいつもペンとメモ帳を置いていて、思いついたことを書き留めていました。

「これだ。」と思いましたね。

僕は家のどこにいても大体スマホを持ち歩いているので、メモ帳の代わりにスマホのメモ機能で思い付いたことをすぐ書き留めることにしました。

それから2年。相変わらずメモは便利に活用しています。

ただ、有用なアイデアはほとんど書かれておらず、日々の買い物メモや見たい映画リスト、果ては変なダジャレみたいなのを書き留めていることがあります。

最近の一例を挙げると、

『黒柳TEPCO』とか。

「頭部がタービンになっていて発電ができる。」みたいなことでしょうか、

やかましいわ。

それだけなら「ああ、僕はバカなこと考えてたなあ。」で済みますが、スマホのメモは優秀なので、

「2020年 3月6日 20:24」と『黒柳TEPCO』の誕生日時まで克明に記されています。

「この年の、この日、この時間、あなたはバカなこと考えてました。」とチクチク言われてるみたいで少しイヤです。

 

■電話

休みの日、ふと携帯を見ると、村上さんからの着信履歴が入っていました。

何かの用事でしょうか。気付いてすぐに折り返しましたが、村上さんは出ません。

急ぎの用ではなかったのかな、と思っていたら2分後くらいに村上さんから再度着信が入りました。

僕が「もしもし。」と出ると、村上さんは非常に落ち着いた声で「村上です。」と名乗りました。

ええ、分かってますよ。

画面に名前が出てましたので。僕はさっそく、「で、どうしました?」と本題に入ります。

すると、「え・・・?ダメ?」と質問。

「何がですか?」と僕。

「ダメ・・?用事がないと。」と倒置法で聞かれたので

即座に「あ、基本的には、はい。」と答えました。

別にダメではないのですが、用事なく電話をかける文化は小林家にはありません。

それでもなお、「やっぱ、用事ないと難しい?」と食い下がってくる村上さんに、

「難しい、というか基本的にはやってないですね、ええ。はい。」と、厳しめにお断わり。

のつもりでしたが、結局軽い世間話をして15分ほどの長さになりました。

ここ数年、人生で一番長電話してると思います。

別にいいんですけど。今月は以上です。では、また来月。

 

 

 

 

体重の話(小竹)

皆様こんにちは。すまい倶楽部㈱の小竹です。

気温が高く湿気の多い時期になりましたね。

個人的に1年で一番苦手で嫌いな期間だと感じています。

雨が降っても気温が低く過ごしやすければ季節感も楽しめるのですが、こう蒸し暑いとその余裕もありません。

特に今年はマスクをしているので、相乗効果でこの時期から、汗が噴き出てきます。

真夏になったらどうなっているのやら。

 

◆体重

4月の上旬に緊急事態宣言が発令され解除まで約2ケ月。

その間ボルダリングジムは休業の為、全く運動が出来ない状態でした。

公園の鉄棒等や自宅での筋トレを多少おこなっていましたが、普段の運動量には全く足りず気付けば体重が・・・。

買い物が好きなのでショッピングモールを用も無くウロつく習性がありますが、もちろん休業中なので出来ず歩く量も減って負の連鎖。

買い物で歩くのは意外と良い運動になっているのですね。

体重が増え、歩く時間、距離も減った影響か膝痛&腰痛もひどくなっているような気が。

テイクアウトを始めるお店も増え、テイクアウト巡りなんて事もしてしまい見事に3kg増量となりました。

20代前半まではいくら食べても太らず、外仕事をしている時などは一日五食(朝、昼、夕方、晩、夜食)なんて日もありました。

体系も今よりも細く、正に「痩せの大食い」で、太るという事実が良く分かっていませんでした。

痩せすぎていて健康診断時に「ちゃんと食べてる?」何てお医者さんに言われたこともあります。

今出会っていたら引っぱたきたくなる人間ですね。

若い時の特権だと思いますが。20代後半に差し掛かり人生で初めて体重が増えるという現象に直面し、

「よし!この増えた分を筋肉にしよう。元々痩せてるから標準体型になって問題無し。」とポジティブにとらえていた頃が懐かしいです。

代謝が下がっているのか、年齢のせいなのか人間って不思議ですね。

ボルダリング仲間に久しぶりに会う機会があったのですが、専ら体重の話題ばかりでした。

増えた(肥えた?)人間が殆どで私の3kgは増えた中では最小。

一番増えた人間で7kgという強者がおり、その日からあだ名が‘7kg’となってしまいました。

最年少の子が’7kg’でしたが若い分すぐに戻るのでは。

私もあだ名をつけられぬようバランスの良い食事と規則正しい生活、運動を維持していこうと固く心に誓いました。

急に以前の様な運動量で動き始めると怪我をする可能性があるので、焦らずに徐々に戻していければ。

学生時代の感覚でいきなり動き、痛い思いをした事が何度もあるので・・・。

 

 

 

 

最近の出来事(村上)

皆様こんにちは、2月に入り、ようやく冬本番という気温になってきましたが春はもう目前です。

あと少しで気温が暖かくなりますね。

しかしながら暖冬が続いたせいなのか花粉の飛散(・・)が例年より早い感じがします。それはとても悲惨(・・)なことです・・・。

さて、すごく面白い冗談はさておき、早速今月のトピックスです。

 

パーマ

うちの小林くんがパーマをかけている理由は、日々のスタイリングが面倒くさいかららしいです。

正直、私もスタイリングに大層な時間を費やしているなぁと、日々のルーティンが面倒になり始めた今日この頃です。

なんというか、良い意味で落ち着いたと言いますか、悪く言えば歳をとって無頓着になったか。

なので思い切ってパーマをかけてみることにしました。

パーマなんて学生のとき以来かけていませんからね!仕上がりに不安と期待を抱きました。

結論から言うと、失敗に終わりました。

 

なんというか、髪の毛の生え癖とか、ちょっとした髪の毛の流れも強引に逆らっているような感じで、日々のスタイリングがより厄介になってしまいました。

パーマやカラーリングは社会人になってからしていないので、パーマがかかりにくい髪質だったそうです。

なのであまり強くパーマはかからず、もうほとんどパーマも落ちてきている状況です。

ようやくスタイリングもしやすくなってきました。

ルーティンは面倒でもさぼってはいけないものなのだな、と教訓になりました。

 

弱ぶる

という単語をご存知でしょうか。

たぶん我々の造語なのですが、【強がる】の対義語といったニュアンスです。

つまり、自分を弱者に見せることにより、相手から好条件を引き出すための振舞い、といったところです。

以前、うちの小林くんが【村上さんは弱ぶる習性がある。】とニュースレターで言っていました。

もしかしたら村上家の特性なのかもしれません。

母もそうだからです。

休みの日、いきなり母から電話がかかってきました。

 

すでに泣いていました。

スタートから弱ぶっています。

何も言わずに泣いていたので【どうしたの?】と聞くと、

【灯油ストーブが壊れてしもて、寒うて寒うて、お母さん、毛布の中から出られません。

今日寒いやろ。

雨も降っとうし、お買い物も出られへんし、お母さん、死にとうなってきた。】

【また大袈裟な。いいよ、買いに行こうか。】

【・・・はい。】

迎えに行くと、案の定、これみよがしに極端な防寒具に身を包み、寒冷地の人がかぶるようなニットの帽子を深々とかぶっていました。

しかし、【おっす!】と言わんばかりの極端に明るい態度で出迎えられました。

意外でした。

それにしても情緒がすごい。思い返してみるとこうゆうことけっこうあったな、と思いました。

無事ストーブを購入し、暖かい日々を送ってくれたかと思いきや!

【ストーブがあったまらへん。また部屋で厚着や。どないなってんねん。】と今度はクレーム気味でした。

とりあえずストーブを見てみると

【これ、ECOモードになってるね。そりゃあ暖まるのに時間かかるよ。】

【お母さん、ようわからんよってに。ECOモードやなんや言うて、せっかくストーブ買うたのにまた厚着や。】と弱ぶり始めました。

【まぁ、いいからとりあえずECOモードは解除したよ。】

【・・・ありがとう。】

【温度設定は何℃にする?】

【いま何℃?】

【23℃だけど。】

【23℃?ちょっともったいないけど、暖こうなるまで25℃にしとくわ。】

【わかった。】

と言って温度を変えようとしたのですが、

間違えてうっかり電源を押してストーブを消してしまったその瞬間、

【なにしとんのッッッッッ!!】と怒鳴られました。

情緒がすごい。

さすがに笑ってしまいました。

【フフフ・・・。そんな血相変えて怒らなくても。】

【当たり前やないの!寒い寒い。いつまでもふざけてへんで真面目にし。】

と怒られました。

別にふざけていないし、そんなに言わなくてもいいのにな。と思いました。

 

 

 

 

健康について(三浦)

こんにちは、いかがお過ごしですか。

新型コロナウイルス、すごい勢いで蔓延しています。

正式名はCOVID-19と命名されました。

最近は何処へ行ってもこの話題です。

日本でも死亡者がでました。

しかし、アメリカでは今期インフルエンザで亡くなった方がすでに1万2000人を超えています。

逆に日本ではインフルエンザの話はあまり話題になりません?

予防方法は基本的に風邪の予防と同じなのですが、こまめに水分を取ることが効果的だそうで。

というわけで、私は、お茶をよく飲むようにしています。

喉の粘膜に付いたウイルスを流し胃酸で殺菌するという原理です。

ちなみに私は伊藤園の濃い茶を愛用しています。

体脂肪を減らす効果もあるそうで。

殺菌といえば、日本の寿司には先人の知恵が多く生かされました。

お茶、わさび、醤油、酢、ガリ、笹、これらはすべて冷蔵技術が無かった時代、殺菌のために使われた知恵です。

江戸前のタネを酢でしめる、醤油につけるマグロのヅケなど。

ところで、あのライザップがついに二子玉川にできました(正式には3月1日オープン)。

場所は、三菱UFJ銀行の裏、Qプラザの地下1階です。

以前ボルダリングジムがあったところです。

ちなみにこの場所は、再開発の工事中弊社の仮設店舗があった場所です。

ライザップは痩せるだけでなくて、ゴルフとか英会話とかいろいろやっていますよね。

でも、体重はなかなか減りませんね。

夜寝る3時間前は食べない方がいいとか、よく噛んで、腹八分目がいいとか、適度な運動とか、いろいろ試しますが劇的には減りません。

やっぱり最後は、ライザップかな。

でも、私の知り合いの社長がライザップに通って2カ月で15キロ減った後に20キロ太ったとも言っていた。寿司も食べたいし。

こんな事言っているから痩せないんだよな。

継続は力なり、と昔から言うので効果が出るまでやるしかないか。

では、また、来月。

 

 

今までありがとうございました。(小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

最近少し暖かくなってきた気がします。

体調管理には十分に気を付けていきましょう。

なにやら意味深なタイトルですが、ご覧いただいている皆様、今までありがとうございました。

実は、この2月で「すまい倶楽部株式会社」を退職いたします。

略儀ではございますが、この書中にてお礼とご挨拶を申し上げます。

 

さて、勝手ながら会社の話をさせていただきます。

三浦社長をはじめ、営業の方々にはいろいろと本当にお世話になりました。

入社するまでは、不動産賃貸営業は経験していましたが不動産賃貸管理は経験しておらず、1からのスタートでした。

初めのうちは不慣れなことの連続で、迷惑をかけてばかりでした。

その度に、会社の方々がフォローしてくださって、とても助かりましたし皆さんの心の温かさを感じました。

賃貸管理の担当として経験を重ねるうちに、業務にも慣れてきて楽しさややりがいを感じるようにもなりました。

偏に会社の方々のおかげです。

ありがとうございました。

ご存知の方がほとんどかと思われますが、弊社は二子玉川を地域密着で営業しております。

二子玉川のことでしたら、同業他社の中でも一番詳しい自信があります。

些細なことでも是非当社にご相談ください。

短い間でしたが、本当に良い街だと思っています。

今までありがとうございました。

どうぞ引き続き当社を宜しくお願いいたします。

 

 

 

オリンピックイヤー(小竹)

皆様こんにちは。すまい倶楽部㈱の小竹です。

今年は暖冬のようですね。

初霜の便りもなくスキー場では雪不足に悩み、札幌の雪祭りも開催が危ぶまれているようですが。

暖かいと身体は楽ですが困ってしまう人達もたくさんいるので手放しで喜べないですね。

個人的には昼間が暖かいのはとても嬉しいのですが、朝晩との寒暖差が大きいので体調管理には例年以上の注意を払っています。

 

2020年 オリンピックイヤー

とうとう始まりますね。

現地観覧の応募はしていないのでテレビで楽しもうと考えていますが、生の競技の迫力は味わってみたいですね。

今回は私の注目競技と注目選手をまとめてみたいと思います。

あくまでも個人的な主観なので・・・。

ボルダリング

最初はもちろんこの競技です。

速さを競う「スピード」 制限時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」

制限時間内に高さ12メートル以上の壁をどこまで登れるか競う「リード」の3種目を行い総合順位で個人の順位が決まります。

代表は男女ともに2名づつで男子は‘楢崎智亜選手’(年末はテレビにたくさん出ていました。

床に足を着かずに電車内を移動したり、TV局の壁を登ったり。)女子は‘野口啓代選手’が内定しており残りの1枠の争いも注目です。

(選考基準で混乱があったようですが)ボルダリングはアジア人が強く特に日本人は世界大会でも常に表彰台に上がっているので期待大です。

ちなみに野口選手は東京オリンピックを最後に引退を表明しているので有終の美を飾れれば素敵だなと思っています。

 

スケートボード

横乗りスポーツの代表格ですね。

スノーボード好きとしては類似点が多いのとトリックが解るのとでとても楽しみです。

プロのスノーボーダーがスケートボードでもスポンサーが付き、兼務しているケースも多々あります。

テレビ中継もほとんどない競技なのでスノーボード同様にオリンピックで人気が上がり注目が集まれば良いなと思います。

おわん形の斜面などを組み合わせたコースを滑る「パーク」と手すりを滑る「ストリート」の2種目を男女で実施。

男子は‘堀米雄斗選手’女子は‘西村碧莉選手’が注目です。

共に世界選手権とX GAMESでも優勝しています。

スノーボードメダリストの‘平野歩夢選手’も代表争いに食い込んできていますので夏季オリンピック初出場を期待しています。

平野選手のライバル、アメリカの‘ショーンホワイト選手’もスケートボードでの夏季オリンピックを目指しているので

2人共出場出来たら冬季オリンピックに続き熱い対決が見れるのではと一人興奮しています。

オリンピックに採用された新種目ですが、サッカーや野球に比べるとまだまだマイナースポーツです。

働きながら競技をしている選手もたくさんいるのでそういう選手たちにスポットがあたり活躍して貰えたら嬉しいと思い応援していきたいと思います。

 

 

 

 

名称(小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

これを書いている今は1月中旬、

暖冬の影響で各地のスキー場に雪が積もらない、というニュースを見ました。

僕が高校卒業まで過ごした長野は、この時期はいつも通学路全部がスキー場みたいになっていましたが、こんなこともあるんですね。

今月は、日常の出来事について書かせて頂きます。

 

鳥の名前

いきなりですが、『道でよく見かける、スズメでもハトでもカラスでもない、白っぽくて小さくてかわいい鳥』の話です。

先日、村上さんと道を歩いていた時に、上記の鳥を見かけました。

道をトコトコと素早く歩いていました。

「あの鳥って、なんて種類の鳥ですかね?しっぽが少し長いから『オナガ』ってやつですか?」と聞くと、

村上さんは「いや、あれはオナガじゃないよ。」と、

実にキッパリと断言しました。

どうやら、村上さんはオナガがどんな鳥か知っていて、この鳥はそれとは違ったようです。

恥ずかしながら僕は鳥に全然詳しくないので、インコとかウグイスくらい有名な鳥でないと区別がつきません。

しかし、ただ降参しては僕も面白くないので、「ああ、オナガじゃないんですね・・。オナガじゃないとなると、あれは、『デスコンドル』ですかね・・。」

と、明らかに不正解であろう、物騒な名称の鳥をでっち上げてみました。

さすがの村上さんも

「なんだよ、それ・・。名前いかつい・・。」と力なくつぶやくだけでした。

鳥の名前の話でした。

 

続・鳥の名前

先述の『デスコンドル』との遭遇から3日後、会社からの帰り道で村上さんからお願いごとをされました。

それは、「この前の『デスコンドル』のやつ、使わせてもらってもいい?」という、奇妙なお願いごとでした。

僕の『デスコンドル』のボケを、会社以外でお友達などに使いたいようです。

なんでも、「外だったし、人も多くて言いにくかったけれど、実はすごく面白いと思っていた。」

「日本にコンドルなんか生息してないのに、という場違い感が面白い。」だそうです。

なんだか光栄です。

当然、即座に「いいですよ。どうぞ使ってやって下さい、デスコンドル。」と快諾しましたが、いったいどこで何に使うというのでしょうか。

動物園とか、ペットショップで使うのでしょうか。

別にどこで使って頂いてもいいですけど。羽ばたけ、デスコンドル。

 

鳥の本名

念のためもう一度申し上げますが、上記の『デスコンドル』はあくまで僕が勝手に付けた呼称ですので、本当の名前は別にあります。

皆様にウソを教えたとあっては各所から怒られてしまうので、一応本名も調べることにしました。

僕はどんな時も真実を追求する男です。

ところが、僕は野鳥の図鑑なんてものは持っておりませんので、どう調べたらいいのかも分かりません。

とりあえず、googleの検索窓に『道 よくいる鳥 白』と打ち込んでみたところ、一番上にデスコンドルの写真が出てきました。

みんなこうして調べているのでしょう。

どうやら、本名は『ハクセキレイ』というようです。

思ったよりもすごくキレイないい名前でした。

デスコンドルとか言ってすみませんでした。

野鳥に謝罪する男、小林。

 

七草

名前で思い出しましたが、『春の七草』の名称に言いたいことがあります。

『セリ・ナズナ』とか、『ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ』あたりはすごくいいですね。

リズムも良くて覚えやすい。

ただ、スーパーで売られている『春の七草セット』なる商品に、明らかに見慣れた『大根とカブっぽいもの』が入っています。

調べたところによると、最後の『スズナ・スズシロ』がこの大根とカブにあたるようです。

あたかも特別な『チーム春の七草』の構成メンバーのような顔をしていますが、彼ら自身はいつも通りの野菜ではないですか。

大根に至っては春どころか年中食べますし。

食べ物には旬があるので、期間限定商品のような顔をするのは構わないのですが、もっと自分の名前に誇りを持つべきだと思いましたね。

最後の『スズナ・スズシロ』は『カブ・大根』にチェンジでお願いします。

春の七草に噛み付く男、小林。

 

 

 

 

小林 北斗(こばやし ほくと)

生年月日:1989年4月14日 牡羊座

血液型:A型 出身:長野県長野市

座右の銘:善は急げ 特徴:細長い体型