最近の話 (小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗と申します。

これを書いている今は令和3年の2月中旬、久しぶりに雨が降りました。

朝からの雨も夕方頃にやっと止んで、晴れ間が見え始めています。

気温もここ数日は春並みに上昇して、今年の2月は例年より温かく感じます。

最近は大きなイベントや出来事が少ないこともありますが、今回は僕が『すまい倶楽部』に入社した当時の出来事を振り返って書かせて頂きます。

ただの思い出話ですが、よろしければお付き合いください。

 

■ちょっと昔話

僕がすまい倶楽部で働き始めた日の話です。

僕の入社はもう5年ほど前になりますが、

当時のすまい倶楽部は、出社するとまず営業スタッフ内での業務報告や打ち合わせをして、

それから全員でお掃除をして、全体で朝礼をして始業、

というルーティンがありました。

出社初日の僕も会議室に呼ばれ、簡単なご挨拶と自己紹介をさせていただきました。

すると、当時の先輩の村上さんから「血液型、何型?」という、合コンみたいな質問が飛んできました。

僕が「はい、A型です。」と答えると、

村上さんは突如として賑やかになりました。

「マジで!?A型!?ちょうどA型いなかったんだよね。

じゃあ几帳面なの?え、そうでもないの?なんだ。

オレO型!関谷さんもO型。だから二人とも協調性があんの。」

当時は特に疑問に思いませんでしたが、『協調性がある』って自分で言いますか。

別に良いんですけど。

毎月お届けするこのニュースレターを長くお読み下さっている方はご存じかと思いますが、『関谷さん』というのは、眼鏡の似合う柔和で理知的な当時の上司の方です。

そんな関谷さんは、しばらく我々の血液型トークを静かに見守っていましたが、会話の最後に真顔でぽつりと僕に言いました。

「俺たち、結構こういう女子みたいな会話してるよ?」と。

初出社の新人に営業メンバーを紹介するには少しファンシー過ぎませんか。

別にいいんですけど。

初日の朝から強いインパクトというか、カルチャーショックでした。

 

■初日の業務

入社初日の新人で、かつ不動産売買の初歩も知らない僕には、当然ながらできる仕事がありませんでした。

仕方がないので、初日は事務所の丸イスに座り、時々足元に寄ってくるミッキーをそっと撫でてみることに半日ほどを費やしました。

新人としてのやる気だけはあるので、ただただ背筋をまっすぐに伸ばし、足元の小さな先輩を撫でるだけのお仕事です。

お昼時になると上司の関谷さんと、スポーツ万能でディズニースタッフ出身、ゴ〇ブリについての知識がやけに豊富な当時の先輩『畠山さん』が誘って下さり、会社近くのお店でランチをすることになりました。

ランチの間も、畠山さんは関谷さんに「最近飲み始めたサプリがあって、今から効果が楽しみなんですよ。」とか、

ずっと女子みたいな話をしていました。

その日の帰り際に、笑顔の素敵な細身のインテリ文学部出身、当時の先輩『水田さん』が爽やかに勧めて下さった小説があまりにブラックというか、描写がえらくグロテスクだったりと様々ありましたが、当時からやけに楽しい会社でした。

 

■街の印象

当時の僕は二子玉川の街のことをほとんど知らなかったので、

営業スタッフの皆さんから、「まずは会社の周りを歩き回って、道とか建物とか覚えてみたら?」という初任務を頂きました。

二子玉川の街に対して、「セレブの街で、きれいな街。」くらいの情報しかなかった僕にはありがたいご指示でした。

当時驚いたのですが、二子玉川の街って、道を歩いてもゴミなんてほとんど落ちていないんですね。

民度というと大げさですが、道にポイ捨てする人なんかいないんだな、と少し感動しました。

唯一、車道にポイ捨てされていたのが、ようかんの『とらや』の黒い紙袋だったのにも圧倒されました。

「ポイ捨てもセレブか!」と驚いて、その夜に実家に報告しましたが、今思うとあれは完全にただの偶然です。

あれ以来見かけませんもの。

会社や先輩もですが、街そのものも個性強めですよね。

いい意味で。では、また来月。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です