最近の話 (小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗と申します。

これを書いている今は3月終旬の暖かな午後です。

大雨や強風の日もありますが、今年の3月は例年よりも少し暖かい気がします。

今月は、僕のお仕事について書かせて頂きます。

 

■ノート

僕はいつも、自分のお仕事内容をB5のキャンパスノートで管理しています。

コンビニに売ってる青いノートです。

入社から毎日、1日1ページを使って、その日のスケジュールやお仕事の進捗状況をメモしてきました。

ちょうど今日、入社から数えて18冊目のノートを使い切りました。

僕の『すまい倶楽部』でのお仕事の全記録が書かれたこの18冊に、ニュースレターに書けるネタのひとつもないかな、と一番古いノートを見返してみると、僕が入社した頃に、先輩方とした会議の内容がメモされていました。

議題は『お客様のためのイベント・キャンペーン案』でした。

当時のことはあまり覚えていませんが、書き留められていた内容を見ると、各自『ラジオ番組を作りたい!』とか、『流しそうめんイベント!』とか、『会社で脱出ゲームを開催!』とか、互いに様々な案を出し合った楽しい会議だったようです。

実現できるかは別として、こういうのを考えるのはワクワクしますね。

その中にひとつ、「あれ?」と思う案がありました。

誰が出した案かも書かれていませんでしたが、『22日 ショートケーキの日 先着』と。

あれ?ショートケーキ配ろうとしてません?会社で。

しかも先着で。前にauがやっていたイベントみたいですね。

ミスドでドーナツもらえる、みたいな。

ちなみに、毎月22日は、カレンダーで見ると真上に『15(イチゴ)日』が乗っているため『ショートケーキの日』とされているそうです。

まめ知識。

 

■たまには不動産のお話

最近、よくお客様から「今の二子玉川の不動産事情はどうなの?」とご質問頂きますので、たまには不動産のお話もしてみます。

真面目なお話ですので、面白さは控えめです。

ここ1年の二子玉川は、転勤や海外赴任などで「二子玉川を出て行かれる方」が例年より圧倒的に少なく、逆に「二子玉川へ住みたい方」が増えています。

業種にもよりますが、テレワークが主になって都心へ通勤する必要がなくなった方々が、住環境を重視して二子玉川へ移住を希望されるのが一因のようです。

「通勤のために都心にいたけど、単純に住むなら二子玉川がいいな」って気持ちは分かりますよね。

また、都心へ通う必要がないからといって今すぐ地方へ移住するかというと、そこまでの踏ん切りはつかないし、というお話もよく聞きます。

そういった意味では、自然があって、かつ必要に応じて都心にも出られる二子玉川が「新しいライフスタイルにちょうどいい街」として人気になっているのでは、というのが僕の考えです。

ここ1年は、「二子玉川を出る方」=「売り・貸しに出る物件」が少なく、かつ需要がありますので、お家のご売却・お貸し出しをお考えの方には追い風の「売り手・貸し手市場」と言えます。

ただ、先ほども申しましたように売り物件・貸し物件が少なく、お住み替え先を探すのに苦労されるかもしれませんので慎重に。

文章にすると分かりにくくて申し訳ございませんが、僕個人の肌感覚といたしましてはこういった状況です。

お電話でもZOOMでも、お話しながらでしたらもう少し分かりやすくお伝えできると思いますので、ご希望がありましたらぜひ。

 

■バースデー

来月が誕生日の僕の家に、『Tポイントカードをお持ちの方に、バースデーチケットのプレゼント』と書かれた封筒が送られてきました。

なんだろ、とワクワクしながら封を開けると、500円分の『脱毛サロン』の割引券(2枚で合計1000円分)が出てきました。

よく分かりませんが、「誕生日だ!脱毛しよう!」ってなりますかね?頂いたものにケチをつけるみたいでよくないですが、なんだか騙されたような、空虚な気持ちになりました。

今月は以上です。では、また来月。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です