名称(小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

これを書いている今は1月中旬、

暖冬の影響で各地のスキー場に雪が積もらない、というニュースを見ました。

僕が高校卒業まで過ごした長野は、この時期はいつも通学路全部がスキー場みたいになっていましたが、こんなこともあるんですね。

今月は、日常の出来事について書かせて頂きます。

 

鳥の名前

いきなりですが、『道でよく見かける、スズメでもハトでもカラスでもない、白っぽくて小さくてかわいい鳥』の話です。

先日、村上さんと道を歩いていた時に、上記の鳥を見かけました。

道をトコトコと素早く歩いていました。

「あの鳥って、なんて種類の鳥ですかね?しっぽが少し長いから『オナガ』ってやつですか?」と聞くと、

村上さんは「いや、あれはオナガじゃないよ。」と、

実にキッパリと断言しました。

どうやら、村上さんはオナガがどんな鳥か知っていて、この鳥はそれとは違ったようです。

恥ずかしながら僕は鳥に全然詳しくないので、インコとかウグイスくらい有名な鳥でないと区別がつきません。

しかし、ただ降参しては僕も面白くないので、「ああ、オナガじゃないんですね・・。オナガじゃないとなると、あれは、『デスコンドル』ですかね・・。」

と、明らかに不正解であろう、物騒な名称の鳥をでっち上げてみました。

さすがの村上さんも

「なんだよ、それ・・。名前いかつい・・。」と力なくつぶやくだけでした。

鳥の名前の話でした。

 

続・鳥の名前

先述の『デスコンドル』との遭遇から3日後、会社からの帰り道で村上さんからお願いごとをされました。

それは、「この前の『デスコンドル』のやつ、使わせてもらってもいい?」という、奇妙なお願いごとでした。

僕の『デスコンドル』のボケを、会社以外でお友達などに使いたいようです。

なんでも、「外だったし、人も多くて言いにくかったけれど、実はすごく面白いと思っていた。」

「日本にコンドルなんか生息してないのに、という場違い感が面白い。」だそうです。

なんだか光栄です。

当然、即座に「いいですよ。どうぞ使ってやって下さい、デスコンドル。」と快諾しましたが、いったいどこで何に使うというのでしょうか。

動物園とか、ペットショップで使うのでしょうか。

別にどこで使って頂いてもいいですけど。羽ばたけ、デスコンドル。

 

鳥の本名

念のためもう一度申し上げますが、上記の『デスコンドル』はあくまで僕が勝手に付けた呼称ですので、本当の名前は別にあります。

皆様にウソを教えたとあっては各所から怒られてしまうので、一応本名も調べることにしました。

僕はどんな時も真実を追求する男です。

ところが、僕は野鳥の図鑑なんてものは持っておりませんので、どう調べたらいいのかも分かりません。

とりあえず、googleの検索窓に『道 よくいる鳥 白』と打ち込んでみたところ、一番上にデスコンドルの写真が出てきました。

みんなこうして調べているのでしょう。

どうやら、本名は『ハクセキレイ』というようです。

思ったよりもすごくキレイないい名前でした。

デスコンドルとか言ってすみませんでした。

野鳥に謝罪する男、小林。

 

七草

名前で思い出しましたが、『春の七草』の名称に言いたいことがあります。

『セリ・ナズナ』とか、『ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ』あたりはすごくいいですね。

リズムも良くて覚えやすい。

ただ、スーパーで売られている『春の七草セット』なる商品に、明らかに見慣れた『大根とカブっぽいもの』が入っています。

調べたところによると、最後の『スズナ・スズシロ』がこの大根とカブにあたるようです。

あたかも特別な『チーム春の七草』の構成メンバーのような顔をしていますが、彼ら自身はいつも通りの野菜ではないですか。

大根に至っては春どころか年中食べますし。

食べ物には旬があるので、期間限定商品のような顔をするのは構わないのですが、もっと自分の名前に誇りを持つべきだと思いましたね。

最後の『スズナ・スズシロ』は『カブ・大根』にチェンジでお願いします。

春の七草に噛み付く男、小林。

 

 

 

 

小林 北斗(こばやし ほくと)

生年月日:1989年4月14日 牡羊座

血液型:A型 出身:長野県長野市

座右の銘:善は急げ 特徴:細長い体型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です