動物の話 (小林)

皆様、いつも大変お世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林です。毎月こうして書かせて頂いている『ニュースレター』ですが、私はときどき過去に自分が書いたものを読み返すことがあります。

主にネタに困ったときです。

ちょうど1年前、2017年の4月の私は『村上さんに「君は・・・・・・エンジェル。」と、気味の悪いお礼を言われた話』を書いていました。

さらにもう1年前の2016年4月には『風邪でノドがつぶれて、奇跡的に遠藤憲一さん似の渋い声になった話』を書いていました。

どれもみな懐かしく、そして奇妙な思い出です。

今月は、日常の出来事について書かせていただきます。

 

■ネコの話

車での移動中、道ばたに一匹の「ネコ」がいました。

車通りの少ない道のまん中で、ネコはとてものんびりしていました。

なぜか村上さんは、そのネコを見つけるや否や車を路肩に停め「ちょっと、『大丈夫な子』かどうか確かめてくる!」と言い残し、一人で車を飛び出していきました。

なんのことかと様子を見ていると、村上さんはおもむろにネコとコミュニケーションを取りはじめました。

ゆっくりとネコに近づくと、すぐそばに座り、静かに撫で始めたのです。

私はいったい何を見せられているのでしょうか。

ネコが逃げようとしないことを確認した村上さんは、いまだ車の助手席に座っている私に顔を向け、確信に満ちた表情でうなずきました。

どうやら、人に対してフレンドリーに接してくれるネコのことを『大丈夫な子』と呼ぶようです。

私もそばに駆け寄り、とりあえずスマホで村上さんとネコのツーショット写真を2,3枚撮りました。

あまりにも書くことがないと、こういうわけのわからない話を書くことになります。

 

■ネコの話②

会社からの帰り道によく遭遇するネコがいます。

タヌキのように丸っこいシルエットで、毛がモコモコとしていて、それは可愛らしいネコです。

とても人懐っこく(おそらく飼い猫)、撫でてやると寝転がって喜ぶのです。

村上さんはその愛すべきネコに、愛着を込めて『こーねーくん』と名付けました。

勝手に名付けてますが、よその家のネコです。

正直私は、『こーねーくん』という名前も、「拘泥(こうでい)」みたいで好きではないのですが、ネコに向かって「こーねーくん、こーねーくん。」と、か細い裏声で一生懸命に話しかける村上さんを見ていると、気味悪くもほほえましく、まあいいやと思っています。

ある晩、私が一人で歩いているときにも『こーねーくん』に遭遇しました。

「あ、こーねーくんだ。」と私が近づくと、いつものように寝転がって、『撫でてもらうときのポーズ』になりました。

相変わらずかわいい。

とりあえずスマホで2,3枚写真を撮り、村上さんに送ってみました。

すると、「わたしのこーねーくんにかまってんじゃあねぇっ! このわたしのな。」と激しい文面のLINEが返ってきました。

勝手に「このわたしの」と言ってますが、よその家のネコです。

 

 

■タヌキの話

いつもいつも、スマホでネコばっかり撮っているわけではありません。

先日、玉川3丁目あたりで『タヌキ』の撮影に成功しました。

タヌキっぽいネコでなく、本物のタヌキです。これまで何度か遭遇したことがある『玉川タヌキ(勝手に名付けました)』ですが、いつかその姿を写真に収めたい、と思っていました。

「撮ったからなんなのだ。」と言われればそれまでです。

タヌキは男のロマンです。

すごく嬉しかったので、私の顔写真より大きいサイズで『玉川タヌキ』の写真をご覧ください。

スマホの荒い画質で申し訳ございません。

今月は、動物の話ばっかりでした。では、また来月。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です