博多一風堂  [ラーメン] 推薦者:小林

kob1102
やはり並ぶ価値ありです!

『博多一風堂』は、都内だけでも20店舗(平成28年現在)を誇り、海外出店まで果たしている超有名店だけに、
ご飯どきはいつも行列。

しかし、ここのラーメンは、並んででも食べる価値があるくらいにおいしいのです。

私の『いつもの』はベーシックな豚骨スープの『白丸元味』ですが、今回ははじめて『赤丸新味』を試してみました。

豚骨スープに、香味油と辛味噌をプラスした『革新派』らしいです。カッコいいですね、革新派。

そこに半熟玉子とチャーシュー2枚、海苔がトッピングされたのが『赤丸スペシャル』(税込1080円)です。

スペシャルな気分だったので、こちらを注文しました。

さらに、おかわり自由の白ごはんと、博多ひとくち餃子のハーフ(税込220円)を追加。

毎度ながら、ご紹介といいつつも、本気の食事です。豚骨スープは、旨味はあれど臭みが少なく、熱烈な豚骨好き(私です)以外の方にもおすすめできます。

しかも『赤丸』には辛味噌の深みと香味油の香ばしさが加わり、ご飯も進みます。ひとくち餃子は、その名の通りの一口サイズに、
『パリッとしてジューシー』が凝縮され、ゆず胡椒の爽やかな後味。

さらにごはんが進んでも、ごはんのおかわりは無料です。

白いごはんがおいしいお店って、いいですよね。

『赤丸』の麺は、『白丸』より少しだけ太めで、弾力があります。

『白丸』に慣れ親しんだ私には新鮮でした。行列時を避けて行くもよし、思い切って並ぶもよしの名店です。

 

 

kob1101

 

 

博多一風堂

■ジャンル ラーメン
■住所   世田谷区玉川1-14-1二子玉川ライズS.C.テラスマーケット
■TEL    03-6447-9766
■定休日  元旦
■営業時間 10:30~23:00

 

 

 

 

藤蔵 [つけ麺] 推薦者:小林

kb0901

メニューは『玉川肉汁つけ麺』のみ!

二子玉川小学校の南側、砧線跡の石畳通り(はなみずき通り)にあるつけ麺屋さん
藤蔵(ふじぞう)をご紹介させていただきます。

『ふじくら』ではなく『ふじぞう』ですのでご注意。
今回がはじめての訪問でしたが、お店に着くなり驚きました。
看板に『玉川肉汁つけ麺  500円』と書いてあり、メニューがその一品のみなのです。
あと、小さく手書きで『手打ちだよ!!』と書き添えてあって、なんだかかわいらしい感じです。
さっそく注文し、出てきたつけ麺を見ると、麺がかなりの大盛りです。
500円という価格からは考えられないボリュームで、お得感があります。
味はというと、肉汁つけ麺という名前ながら、豚骨と一緒に魚介系の香りが広がる濃厚スープで、個人的に大好きです。
手打ちの太麺は太さがランダムで、スープが非常によく絡んでいます。
看板の『手打ちだよ!!』は伊達ではないのです。
普通盛りでも、他店の大盛りかそれ以上の量がある、とても気前のいいお店です。
学生時代に知っていたら、通い詰めていたことでしょう。
注意点といたしましては、休業日が不定期なことです。

看板が出ているかをまめにチェックして、営業していたら即行ってみてください。

 

藤蔵

■ジャンル つけ麺
■住所   世田谷区玉川3丁目20-2
■TEL    非公開
■定休日  不定休
■営業時間 ランチ11:00~14:00 ディナー:17:30~24:00

 

九つ井 玉川店 [そば] 推薦者:村上

mr1001

隠れ家のような雰囲気ですが、アットホームで居心地が良いです。

 

今回ご紹介させて頂きますのは、玉川高島屋東館地下にある九つ井 二子玉川店です。
暖簾には『石焼ステーキ・懐石』と書かれており、入るのに少し気合が必要です。

私は二子玉川の地元民ですが、その看板の敷居の高さから、今まで自分で行ったことはありませんでした。
しかし、弊社にお越し下さったお客様のアンケートのオススメのお店に『九つ井のそば』と書かれておりまして、思い切ってチャレンジしました。

外に出ている看板はそば懐石やステーキメニューの価格が書かれているため、私のようなちっぽけな存在は看板の価格にビビります。
ですが、安心してください。はいてますよ。ではなく、ランチメニューもありますよ。
最初なのでベーシックなざるそばを注文しようとしましたが、『鬼おろしそば 1100円』という魅力的なメニューがあったので、初回訪問から少し攻めてみました。

そばが運ばれてくる前にお漬物と天かすが来ました。そばに天かす、初めての組み合わせです。
そばが運ばれて来ました。おろしそばだと思っていたのですが、このおろしは普通の大根おろしではなく、ほぼみじん切りぐらい、おろしと言えるのか?というくらい荒い大根でした。これは美味そうです。

一口食べると、大根の適度な辛味と甘み、そばつゆのまろやかさと混ざり合い、なんて言うんですか?
ハーモニーって言うんですか?これは。とにかく非常に美味しいです。

そばはコシがあり、粗轢きと更科の中間くらいの色です。とても好きなそばの味でした。半分くらい食べた後、天かすを投入しました。

お上品だった味に少しの粉っぽいジャンクな感じが加わり、全く違った印象の味になります。
天かすは最初から入れないほうが良いと思います。感動を二回味わえなくなるからです。

久しぶりに美味しいお蕎麦を食べられて大満足でした。店内の雰囲気も地下なのに広がりがあり、圧迫感を感じません。

隠れ家に来たような造りです。店員さんも非常にアットホームな接客だったので、私のようなちっぽけな存在は安心しました。

皆様も是非行ってみて下さい。

mr1004 mr1003 mr1002

 

九つ井 玉川店

■ジャンル そば
■住所   世田谷区玉川3-17-1 タカシマヤ 東館 B1F
■TEL   03-5717-9110
■定休日  無休
■営業時間 11:30~23:00

 

 

 

 

 

 

手打ちうどん どんたく [うどん] 推薦者:水田

mz0702

看板メニューの『どんたく』は、長崎ちゃんぽんの
うどん版といった印象。独特の味わいです。

高島屋の本館と南館の間を抜けて、左手の雑居ビルの地下一階。
薄暗がりの中に、どんたくは存在します。

テーブルが6卓だけの小さな店内に来ているお客さんは、1~2人連れがほとんど。
親子連れがいないのが、二子玉川らしからぬ印象を与えます。
博多出身の店長が讃岐で修業を積み、いよいよ開店に至ったという経緯のお店です。
しかし実はこのお店、正統派のうどん以外のメニューが魅力的なのですね。
有名なのは、焼きうどん(1,000円)。

もっちりとした極太麺は非常にボリューミーですが、マイルドな味わいであっという間に食べられる不思議な逸品です。

これと双璧を成すのが、看板メニューの“どんたく”(並1,100円・小1,000円)です。

もはやオリジナル麺といってもいいこの品は、一言でいうなら「長崎ちゃんぽんのうどん版」といった印象。

キャベツ・豚肉・玉ねぎなどの具や味付けの具合は、まさにちゃんぽん。麺をうどんにしただけ――と言ってしまえばそれまでですが、うどん自体が旨いのでするするといけてしまいます。

食後にサービスでついている一粒のチョコレートを食べると、
かなり満足感があります。ちょっと値段が気になるところですが……。

mz0701

手打ちうどん どんたく

■ジャンル うどん
■住所   世田谷区玉川3-10-8
■TEL   03-3707-0760
■定休日  日曜日
■営業時間 11:00~15:30

 

 

 

二代目小六  [ラーメン]  推薦者:関谷

sk0501

厚切りトロトロチャーシューは絶品。
ラーメンは味噌限定。多種あった小六の感覚で行かないでください。

2代目小六は、30年続いた以前の小六の雰囲気や味、後継者など何かしらを引継いでいるかと思いきや、関係はないそうです。少し残念です。
ただし、小六に存在した納豆とラーメンのコンビネーションを引継いでいるそうですが、そこなの?と思うのは私だけでしょうか。めずらしい組み合わせですから、興味ある方はお試しください。

さて、こちらはカウンター10席の小さなお店です。ラーメンの種類は味噌ラーメンのみです。小六のように色々選べるわけではありません。ご注意ください。味噌だけですが、それだけに味噌に対するこだわりの強さを感じます。実際に食べてみると、コクも香りもいい感じで美味しかったです。味噌ラーメン好きではない私が言うのですから間違いはありません(笑)。

本当に美味しい味噌ラーメンかが分からず、その分野の中での評価を知りたく、味噌好きの知り合いにメールで聞いてみたところ「美味しいよ~」という一言がメールで届きました。余りにもコメントが少なかったので、他にコメントは?と聞いたら「2代目になって、よかった」と書いてありました。

私がこのラーメンで最も印象的なのはチャーシューでした。比較的厚めですし、トロトロ~としています。

次行くときはチャーシューメンにチャレンジしようと思います。料金は、チャーシューメン1050円、小六ラーメン750円、(継承した)納豆ラーメンは850円など。

 

sk0502

 

二代目小六

■ジャンル ラーメン
■住所   世田谷区玉川3丁目20-2
■TEL   03-3700-1313
■定休日  無休
■営業時間 11:30〜翌朝4:00  11:30〜23:00(日・祝日) ※スープ、材料切れで閉店

 

 

いっせいラーメン [ラーメン] 推薦者:村上

mr0401

三日間特製のタレに漬け込んだ柔らかチャーシューは
口に入れた瞬間、『ほどけます』

今回はいっせいラーメンさんをご紹介させて頂きます。ここのラーメンはトンコツと白湯(パイタン…… 鶏がらを煮込んだものらしいです)のダブルスープと太目の縮れ麺のコッテリ系ラーメンです。白湯の上品な風味、旨みが加わって、家系よりも少し上品な感じの味に仕上がっています。

オススメはチャーシュー麺(850円)ですね。
三日間特製のタレに漬け込んだ柔らかチャーシューは口に入れた瞬間、『ほどけます』口の中でホロホロとほどけるのです。
オススメの食べ方は、チャーシュー麺と一緒にライスを頼んでおきます。スープに浸したチャーシューをライスに乗っけて一口。
スープでひたひたになったライスをすかさず放り込みます。『ほどける~。とろける~。』ラーメンライスってなんでこんなに美味しいんだろう。

ラーメンももちろんですがチャーシューとライスの組み合わせのほうが僕は好きかもしれません。それほどまでにチャーシューが美味しいんです。

お持ち帰りチャーシューも用意してあるほどなので、お店のオススメなんだということが伺えますよね。ちなみにですが、ここのギョーザも絶品です。キャベツたっぷり旨みたっぷりのギョーザです。

たぶんですが、二子玉川で一番美味いギョーザはいっせいラーメンさんのギョーザじゃないかなぁと思うんです。
ビールのおつまみにギョーザと絶品チャーシューもオススメです。

 

mr0402

 

 

いっせいラーメン

■ジャンル ラーメン
■住所   世田谷区玉川3-15-12
■TEL   03-3708-3231
■定休日  無休
■営業時間 11:30〜25:00

 

 

山ちゃん亭 [ラーメン] 推薦者:三浦

m0801

すべてがボリューム満点。味付けも濃い目ですから、ガッチリ食べたい方には嬉しいラインナップ。

今回は、ラーメン居酒屋山ちゃん亭をご紹介致します。
場所は、駅から徒歩15分ほどの、都立世田谷総合高校(旧砧工業高校)のすぐ近く。
駅から多摩堤通りを成城方面に向かって歩き、
JA鎌田を右に少し入ったところ、と言えばお分かりでしょうか。
実はこちらの山ちゃん亭、以前は屋台のラーメン屋として
現在のみずほ銀行の辺りで夜だけ営業されていました。
かつては飲んだ後のラーメンとして立ち寄らせていただきました。
味はとんこつ系ですが、割にさっぱりしています。
最高に旨い!というわけではありません。しかしだからこそ、飽きが来ない味なのです。
現在の山ちゃん亭はその流れを汲み、ラーメン以外にも
刺身や中華などのメニューを充実させたラーメン居酒屋です。
チェーン店のように豊富な品揃えではありませんが、その分一品一品が粒揃いといった印象。

店内は広々としており、カウンターやテーブル席の他、
奥に20人ほどを収容する座敷があります。
満席では35人ほど。席と席との間隔にゆとりがありますので、
家族連れや仲間といっしょに気兼ねなく飲みたい騒ぎたいというときにはピッタリ。
できたばかりの彼女との初デートには“ガッカリ”かもしれませんが……。要するに、気取ったお店ではないのですね。
割に地元の常連さんも多く、そういう付き合いが苦手な方にも向かないでしょう。
逆に、そういうコミュニティを愉しめる方にはうってつけです。
料理はとにかく、すべてがボリューム満点。味付けも濃い目ですから、ガッチリ食べたい方には嬉しいラインナップです。
昼も定食をやっているようですが、やはり山ちゃん亭の本領は「夜」。
駐車場も4~5台完備しているため、車での来店も可。
予算は3,000~4,000円程度でしょうか。夜は17:30~23:00まで。
月曜定休ですのでお気を付け下さい。

m0802 m0803

 

山ちゃん亭

■ジャンル ラーメン
■住所   世田谷区鎌田3丁目18-14
■TEL    03-3700-4959
■定休日  月曜日
■営業時間 [火~土]11:30~13:30 [火~日]17:30~23:00