FIELD GRILL [洋食] 推薦者:小林

今回は、6月1日にオープンしたFIELD GRILLをご紹介します。

場所は、高島屋別館の『マロニエコート』の1階で、無印良品のお隣です。

入口ではパンやケーキの販売がされています。

入口からおしゃれで、なんだか外国みたいです。

座席は全部で100席くらいでしょうか。

広々とした店内です。

ランチタイムに村上さんと訪問したところ、オープン直後とあって結構な盛況ぶりでした。

お客さんの傾向は、ママ友同士のランチ会やご夫婦が多いような気がしました。

私は、『フィールドハンバーグステーキのセット(1,380円税別)』を注文しました。

お店の名前にもある『FIELD』を冠したメニューなので、おそらくこのお店の看板メニューなのでしょう。

違ったらごめんなさい。

村上さんが「サラダビュッフェがあるお店では必ず注文しないといけない。」

みたいなことを言うので、『サラダビュッフェ(90分/600円税別)』も注文しました。

ハンバーグを待つ間、さっそくサラダビュッフェにアタックをかけました。

キヌアやレンズ豆、レタスやオリーブなど、私の好きな食材が豊富に揃っているので、すごくテンションが上がります。

サラダが大きなお皿からはみ出すくらいの大盛にしましたが、難なく完食しました。

ちょうどそこへ運ばれてきたハンバーグは、なかなかの大きめのサイズで、付け合わせの野菜のグリルも全部おいしいです。

ハンバーグのソースは数種類から選べるというので、私はステーキソースを選択しました。

酸味や甘味のほどよくミックスされた、特製のソースです。

村上さんが「このソース、おいしいけど何が入っているんだろう。」と、難しいことを言うので、

「わかりません!わかりませんけど、おいしいから何でもいいじゃないですか!」と、うやむやにしました。

ハンバーグを食べ終えて、すでにかなりの満腹感でしたが、村上さんが果敢にも、サラダをおかわりするというので、私もサラダビュッフェに2度目のアタックをかけました。

おいしい野菜でおなかがいっぱいになると、非常にしあわせな気持ちになります。

ランチで2000円オーバーというと少し構えますが、お値段以上に楽しめた気分です。

ちょっと贅沢気分のランチにおすすめです。

FIELD GRILL

■ジャンル 洋食
■住所   世田谷区玉川2-27-5  (マロニエコート 1F)
■TEL    03-5491-7737
■定休日  元日
■営業時間 9:30~22:00

 

 

OLD VALLEY DINING [バーガー] 推薦者:小林

リピーターになりそうです!

鎌田2丁目に2か月前にオープンしたOLD VALLEY DININGをご紹介させていただきます。
場所は、バス停『砧本村』の真正面、駒澤大学の玉川校舎すぐ近くです。

店名を見て「OLD=古い VALLEY=谷」だと気付き、店長さんに「古谷(ふるや)さんですか?」と聞くと、

「古谷(ふるたに)です。」と笑顔で答えて下さいました。
今回が初めての訪問でしたので、まずは王道メニューをと思い、店名を冠した『Old valley burger(バーガー)1400円 』と、ハンバーガーに一番合う飲み物(個人の意見です)『コーラ 350円』『チェダーチーズとマッシュルームのサラダ 800円』を注文しました。
先に出てきたサラダを見て、ボリュームに驚きました。

二人でシェアしてちょうどいいくらいの量がありました。

かなりのお得感。

『オールドバレーバーガー』は、バンズの上にでっかいパテ(チーズのせ)、でっかいベーコン(1cm弱)2枚、ソテーしたホウレン草とオニオンスライスが乗っています。

やっぱり全体的にボリューミーで、ディナーとしても十分な分量があります。

味はというと、見た目以上にジューシーなパテと、食べごたえ満点の厚切りベーコンの旨み、野菜の甘さもしっかり感じられます。

絶対また来ちゃう、ってくらいおいしいです。

オープン2か月ですでに常連さんもいるお店ですので、ご近所の皆様は要チェック、それ以外の方も、ぜひ足を運んでみてください。

OLD VALLEY DINING

■ジャンル バーガー
■住所   世田谷区鎌田2-19-8
■TEL    03-6411-7546
■定休日  月曜日
■営業時間 11:00~15:30、16:30~21:00 ※土日祝11:00~21:00

 

 

bills 二子玉川 [パンケーキ・洋食] 推薦者:村上

mr0302

センス溢れる料理を堪能!

こんにちは。遅ればせながら、今月は玉川高島屋マロニエコートのbillsについて書こうと思います。

billsと言えば、世界一の朝食と言われているそうです。
きっと朝食時はさぞや混雑しているのだろうと思い、夕飯時に参りました。

メニューは変わりませんからね。

さすがに夕飯時は空いておりました。

頼んだメニューは『ジャスミンティースモークサーモン w/ ケフィアヨーグルト、シトラスドレッシング 1,300円』
ジャスミンティーってどうゆうこと?ケフィアヨーグルト?なんかよくわからないけど健康に良いヨーグルトだったな。
なんだかイメージが湧きませんでしたが、とにかくスモークサーモンが食べたかったので注文してみました。
スモークサーモンというと普通イメージするのは薄くスライスされた刺身みたいな状態のものだと思います。
ところが、billsのスモークサーモンは違うんです。ゆるく火が通っていて、形状は切り身なんです。
まずはサーモンだけ一口。ジャスミンティーってこうゆうことかぁ!ジャスミンティーと香ばしいスモークの香り。
さっぱりとした味わいです。これ美味いです。

次にシトラスドレッシングで味付けされた紫タマネギとケフィアヨーグルトなるものと一緒に食しました。

シトラスのサッパリ感と紫タマネギの辛味と甘み、ヨーグルトの酸味が合わさって、なんかよくわからないけどかなり美味しいです。

こんなに全く関わりの無い食材同士を混ぜて、こんなに美味しく仕上げるなんて、このメニューを考えた人誰?って思って調べたらビルさんでした。

あ、billsってそうゆうことねって思いました。

なんだか他のメニューにも想像もできない組み合わせのものがありましたので、ビルさんのセンスを信じて再訪したいと思います。

皆さんもセンス溢れる料理を堪能しに行ってみてはいかがでしょう。

mr0303

mr0301

 

bills 二子玉川

■ジャンル パンケーキ・洋食
■住所   世田谷区玉川2-27-5 マロニエコート 3F
■TEL   03-3708-3377
■定休日  無休
■営業時間 8:30-22:00

 

 

 

 

愛采厨房 リヴィエール [洋食] 推薦者:三浦

m0502

ひとりで酒を飲みつつ愉しめる洋食屋……貴重な存在です。

今回は、愛采厨房 リヴィエールをご紹介させていただきます。高島屋裏手の路地にひっそりと佇んでいます。
外観は瀟洒なレンガ作りの壁面で、いかにも町の洋食屋さん、といった雰囲気。
昭和52年に創業し今年で36年目、現在2代目のご主人とかわいらしい奥様のお二人で切り盛りされています。
実は、こちらのお店、二子寿司さんのご主人、マーちゃんの親戚筋にあたるとのこと。
世間は狭い、とはこういうことを言うのでしょうね。
洋食屋さんというと、昼はランチ、夜は家族連れかカップルというイメージですが、こちらのお店、広めのカウンター席が
10席以上あるため、おひとり様でも気兼ねは要りません。しかも、お酒が豊富においてある。
つまり、夜は、洋風居酒屋としてご利用いただけるというわけです。
ひとりで酒を飲みつつ愉しめる洋食屋……というのはなかなかありませんので、貴重な存在です。

こちらの看板メニューはヴィクトリアカツレツ。平たく言えば、ハンバーグを衣付きで揚げたものです。
そりゃつまりメンチカツじゃないか、と仰ったそこのあなた! ぜひ注文してみてください。食べてみれば分かります。
もちろんふつうのハンバーグもありまして、そこにカニクリームコロッケを加えた3種が看板メニューになっています。
いたってオーソドックスですが、この王道の味を36年間守り続けているのだと思うと、頭が下がります。
夜はこれらをつまみにすることもできますが、「本日のおすすめ」も見逃せません。
わたしはアジフライを頼んでみました。見た目はまるで鳥ササミのフライのよう。もちろんアツアツの揚げたてです。
素材が新鮮なのか臭みもなく、ボリュームも大満足の逸品です。

席は、カウンターに8席ほど、その他テーブル席が4か所あり、
満席で30人くらいのキャパシティです。
営業は昼11時30分から夜11時まで。中休みがありますのでご注意を。
予算はランチで800円~1,000円前後、夜は軽く飲んでつまんで、3,000円~4,000円くらい。
飲み物は、ビール、ワイン、ウイスキー、焼酎、カクテルなどいろいろあります。
水曜日がお休みです。

m0501 m0503

 

愛采厨房 リヴィエール

■ジャンル 洋食
■住所   世田谷区玉川3-12-5
■TEL    03-3709-7445
■定休日  水曜日
■営業時間 [昼]11:30~14:30 [夜]17:00~23:00