花冠陽明庵 [かき氷、日本料理店] 推薦者:関谷

今回は「かき氷」です。最近流行りの、「値が張るかき氷」は、

二子玉川に在りそうで無い分野です。

価格は、なんと1,200円でメニューは3品

(かき氷以外に2品あります)。

復元宇治金時の御氷、完熟苺の御氷…名前も高貴です。

7月8月の夏期限定で、時間も6部制になっている等、予約が必要です。

店主曰く、お客様をお待たせしたくないという事が理由のようですが、

このレアな入店設定が「食べてみたい!」感覚を上げてくれます。

残念ながら、このコラムが皆様に届く頃には、かき氷の提供期間は終了しております。

気になる方は、来年にチェックしてみてください。

ただ、こちらのお店自体は通常、夜に日本料理店をしております。

15,000円~と敷居は高いのですが、2~3か月先まで予約でいっぱいの人気店です。

さて、そのようなお店ですから、かき氷にも当然こだわりがあります。

宇治金時は、江戸時代後期の宮中で流行したものを復元したもので、

京都「三星園上林三入本店」の「初むかし」という抹茶を使用しています。

この抹茶は将軍家御用御茶師という伝統と歴史をもつ老舗のため、

京都宇治のお店でしか販売しないようにしている逸品。

その他のかき氷も、こだわりがありますので、店主に聞いてみてください。

色々と面白おかしく教えてくれますよ!

例えばこの抹茶は、50gで5800円が正規価格ですが、

このかき氷には10gも振りかけている…などです。

全10席のカウンターなので、話しかけやすいですよ。

夜の日本料理は、私は早速予約しようと思っています。

なぜなら、店主の人柄が温かくて、心が和やかになるような人だからです。

私が行ったときは、全国から来ている常連さんの中、

ひとりで入店しましたが、店主は高ぶる事もなく、気配りをたくさんしてくれて、

数分もすると、初めてお会いした気がしないくらいでした。

以前は千葉の佐倉で4年程、かき氷と日本料理をされていたそうです。

ところが、東京に移転すると聞いた佐倉の人達は、

街を上げて留まって欲しいという嘆願をしたそうです。

人々に愛されていたようですし、それが感じられる人です。

この店主の松本さんは、書籍を書いたり(作家)、

色々な賞を受賞されたりと、経歴も豊富な方です。

是非、予約してみてください。

花冠陽明庵

■ジャンル かき氷、日本料理店
■住所   世田谷区玉川3-13-5 川原ビル2階 (高島屋タワーパーキング近く)
■TEL    090-2402-0011

予約制のかき氷屋!(夏期のみ、通常は日本料理店)
今年のかき氷は8/20で終了。

 

 

 

カマタ食堂  [和食] 推薦者:小林

kob1002

一軒家そのままの造りで人の家にお邪魔するような感覚

世田谷区鎌田3丁目のカマタ食堂をご紹介させていただきます。


外観はふつうの一軒家のようですが、よく見ると『カマタ食堂』と書いてあります。


暖簾をくぐってお店に入ると、玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えるシステム。


一軒家そのままの造りで、さながら人のお家にお邪魔するような感覚でした。

何だか少し緊張して、ちょっときれいに靴など揃えてみたり。リビング(?)に通され、テーブルに着いて見回すと、お洒落な内装。


柱や梁など昭和の木造家屋の面影を残しつつも、見事な「和モダン」。平成生まれのヒヨッ子、小林もノスタルジーを感じます。


座席は全部で20席ほどでしょうか。奥にはバーカウンターもあって、日本酒や焼酎が並んでいました。


メニューは和食中心、特に魚介類を使ったものが主で、世田谷産の野菜も使っているそうです。
ランチメニューは煮魚・洋風スープ・刺身・カレーの4種類がありましたが、私は『茄子とエビのココナッツミルクカレー』を選びました。


お値段はどれも980円(税別)で、ごはんとサラダ、小鉢、お漬物と、メニューによって汁物が付いています。


大きめのエビと、これまた大きめに切られた茄子がごろっと入った、
見た目にも賑やかなカレーは、雑穀ごはんの食感と相まって、
実に様々な表情のある、味わい深いお料理でした。


ココナッツミルクのまろやかさで、ピリッと辛くても素材
の味がきちんと感じられます。

お店を出るときに、ご主人がひとこと「外、暑そうだね」と
声を掛けて下さいました。

見た目通りのアットホームなお店、おすすめです。

 

約をしてから用事などを済ませるのが良いと思います。
でも味もボリュームも満足のお店ですので皆さまも是非。

kob1001
kob1003

 

 

カマタ食堂

■ジャンル 和食
■住所   世田谷区鎌田3-8-13
■TEL    03-6873-6934
■定休日  火曜日
■営業時間 ランチ12:00~14:30 ディナー:17:00~22:00

 

 

 

 

 

 

酒処 まんげつ  [和食] 推薦者:三浦

miu0601

食べる価値ありの「ほっけ」。私の故郷、北海道で食べた味に近い!

今回は、和食のお店酒処まんげつをご紹介させていただきます。
場所は、玉川高島屋の西館、ハンテイングワールドの前のビル(マノア第3)の地下1階です。
1階には、「ころく」というラーメン屋が入っています。
実は、ここのお店、15年以上前に弊社があった会社のビルのはす向かいのビルの地下1階で営業していました。
再開発にともなって二子玉川の店は無くなったのですが、去年(2015年)の12月に再出店しました。
以前は、会社の前ということもあってずいぶん利用させていただきました。
そのころから新鮮な魚介類を中心にしたお店で、且つお値段も安めでした。

特にお刺身の鮮度が高かった。
今回のお店もそのころのお店と遜色ないお店でした。

店内に入ると外の雑踏とは別世界の雰囲気。

こぢんまりとしていますが、とても清潔感があり、よく整えられた店内。

迎え入れてくれたお店の人の接客も感じがいい。

お品書きを見ると本日のお勧めの他、定番の品が書いてある。

お勧めは、お刺身が多い。

その他は、魚料理を中心に肉、野菜と酒のアテになる品が多い。

酒の種類も日本酒から焼酎、ワインまで豊富だ。料理に合う酒を店主が厳選しているそうだ。

まずは、海鮮サラダのハーフを注文。

普通この手のサラダに入っている海鮮はおおむね適当なものが多い。

しかし、ここは異なる。そのまま刺身でも食せる鮮度と大きさのものが入っている。

これだけでも刺身を食しているような満足感がある。

そして焼き魚の「ほっけ」に目が止まりました。

実は、私は「ほっけ」にはあまりいい印象がなく、はっきり言って東京で食べた「ほっけ」はどれもまずい!

まずくて驚きました。

これが「ほっけ」?あぶらみも旨みもない、ただのぼけた魚。

私の故郷である北海道で食べるものとは別物という印象なので、今回も半信半疑で注文してみました。

うまい。ここの「ほっけ」はかなり北海道で食べたものに近い!
人間、一時が万事というが、これだけでも食べる価値がある!

予算は、一人5000円前後。飲み放題のプランもあります。

席は、カウンターのほかテーブル席。

満席で25人くらい。
お一人様でもグループでも大丈夫です。

月曜日が定休日。
営業時間は5時から1時まで。

 

miu0602

 

 

酒処 まんげつ

■ジャンル 和食
■住所   世田谷区玉川3-20-2 B1
■TEL    050-5785-9451
■定休日  月曜日
■営業時間 17:00~25:00

 

 

 

二子玉川 せき亭 [和食] 推薦者:村上

mr0102

久しぶりに超お気に入りのお店を見つけてしまいました。
『なんやかんや一番美味しいのは和食だよなぁ。』

皆様、こんにちは。久しぶりに超お気に入りのお店を見つけてしまいました。
玉川高島屋裏の飲食店街のビルの2階にある隠れ家レストラン。

夜はコースのみの高級和食店です。店の名を『せき亭』といいます。
今年の4月にオープンしたそうなのですが、看板があまり目立たないため、気付かずに通り過ぎていました。

偶然看板を見つけ、少々敷居は高い金額でしたが、入ってみることにしました。

お店の入口は高級料亭のようなヒノキの扉、中に入ると小さな下駄箱があり、掘りごたつ式のL字のカウンターと4名用の個室が一つの小ぢんまりとした造り。

カウンターもヒノキで、そこから調理場を眺めることができます。
お店自体は小さいのですが、全体が見渡せる造りになっていて、窮屈な感じは全くしません。
カウンターから見える調理場には腕の良さそうな板前さんが二人いて、それだけでなんだか非日常の空間に来たことを実感しました。

前菜は目の前で盛り付けてくれます。プロの包丁さばきや盛り付けの美しさなど、目でも楽しめるお店です。

前菜担当の板前さんとメイン担当の板前さん、メインの板前さんは後ろで味見をしながら、調理をしています。

その後姿と立ち振る舞い。『ああ、この人達は絶対に美味しい料理を作るんだろうなぁ。』とシンプルにそう思いました。

僕が注文した豚の角煮定食(税別1,500円)の内容ですが、おひたし、ちりめんじゃこ、昆布の佃煮、
茶碗蒸し、メインの豚の角煮と名物の炊きたてごはんでした。

以下感想です。おひたしはだしとみりんの風味が効いた上品な味、茶碗蒸しは酒の風味が効いています。
月並みな感想にはなりますが、『なんやかんや一番美味しいのは和食だよなぁ。』と和食のダシの旨みを実感する一品でした。

あつあつの炊き立てご飯は土鍋で出てきます。銀色に光り輝く白米。日本人にしかこの美しさはわからないことでしょう。

ご飯を一口食べると、思わず『うまいっ!!』と叫んでしまいました。それを見た板前さんは思わずニヤリとしました。

高級店で思わず雄たけびを上げてしまいましたが、この叫びたくなる気持ちを実際に現地で味わってもらいたいです。

付け合せの昆布の佃煮とちりめんじゃこは炊き立てのごはんにピッタリ。なんだか旅館の朝食のような幸せな気持ちになります。

さて、メインの角煮ですが、僕好みの少し濃い目の味付け、口に入れた瞬間にホロっとほどける食感。
まぁ、白米に合うのなんのって。もう感無量でしたね。本当にオススメのお店なので皆様も是非行ってみてくださいね。

mr0101

mr0103

 

二子玉川 せき亭

■ジャンル 和食
■住所   世田谷区玉川3-9-1 第3明友ビル2F左号室
■TEL   03-6432-7867
■定休日  不定休
■営業時間 ランチ:11:30~14:30
ディナー:17:00~23:00

 

 

 

KAZUKI [和食] 推薦者:三浦

mur1101

旬の素材を生かした料理が色とりどりに出てきます。

今回は、創作和食のお店KAZUKIをご紹介させていただきます。
場所は、二子玉川ライズのプラザモール2階です。
2階といっても、ライズのリボンストリートに面していますので、実質は1階です。
駅からは、徒歩5分。

二子玉川にはこういった創作和食の店は初出店です。
実は、こちらのお店、以前、溝ノ口で営業していた時にご紹介させていただいた事がございます。ですから、その、2号店です。

オーナーシェフは、創作和食料理のお店で著名な「春秋」で長年修行を積み、5年前に溝ノ口屋で1号店を開業し、今回の開店に至った訳です。
「春秋」は、超高級店ですがKAZUKIは、同じ味をもっとリーズナブルな価格で提供するお店です。

さて、肝心な料理の方ですが、最もお得感があるのが、旬が織りなすコースです。全10品でお一人¥5,000(税抜き、要2人以上)です。前菜からお造り5点盛り、天使の海老の唐墨マヨネーズ焼き、炭火で焼いたお肉などの他、釜めし、高菜チャーハン、デザートといったもので、旬の素材を生かした料理が色とりどりにでてきます。
ボリューム的にも男性でも充分満足できます。
この他アラカルトでも多くのメニューが用意されています。
飲み物もビールから日本酒、焼酎、ウイスキー、ワイン、シャンパンなど一通りそろえてあります。
お試しで考えている方は、ランチもやっています。

お子様づれでも、お子様ランチ¥650税込が用意されています。その他、炊き込みご飯ランチ¥1,500税込、リゾットランチ¥1,280税込など。それぞれドリンクも付きますので、ゆっくり過ごせます。
天気が良ければ、外のテラス席でもランチをとれます。テラス席はペット同伴OKです。席は、店内がテーブル席のほか8人が入れる個室も用意されています。
カウンター席も7席ありますので、お一人様でも大丈夫です。営業時間は、11時から24時まで。

定休日は、今のところ不定休です。予算は、ランチで¥1,500、夜で¥5,000から¥7,000位(飲物込み)です。

駐車場も2台(内1台は屋内)完備されていますので、お車でも大丈夫です。貸し切りパーテイーも対応可です。

大手チェーン店ではないので、その辺は融通がききます。

mur1103 mur1102

KAZUKI

■ジャンル 和食
■住所   世田谷区玉川1-15-6 2F(ライズプラザモール内)
■TEL   050-5785-3586
■定休日  不定休
■営業時間 ランチ  11:00~15:00
ディナー 17:00~24:00

 

 

 

 

魚仙  [魚料理] 推薦者:村上

mr0601

一口食べると、新鮮な魚の脂の旨みと甘さが口いっぱいに広がり、
思わず『魚ってうめーなぁ。』としみじみと言葉がこぼれます。

今回ご紹介させて頂くお店は魚仙(うおせん)です。場所は玉川高島屋裏の飲食店街の2階。少しわかりづらいかもしれません。
僕がお酒を飲める年齢になったときには既にあったお店で、地元の友人とよく行くのです。美味しい刺身を食べながら日本酒をチビチビという感じのお店ですが、僕は日本酒は飲まないのでひたすらウーロンハイと刺身でやってます。

オススメはやはり刺身7点盛(2,200円)。魚介類がとにかく新鮮で、刺身の皿が運ばれて来た瞬間、『あぁ、この刺身たちは、すっごく脂が乗っているんだろうなぁ。』と一旦会話は途切れて刺身に目が釘付けになります。
とりあえずどれから食べてやろうかなぁ、なんて考えながら一口食べると、新鮮な魚の脂の旨みと甘さが口いっぱいに広がり、思わず『魚ってうめーなぁ。』としみじみと言葉がこぼれます。

その他のオススメが生牡蠣です。オススメと言っても僕は牡蠣は食べられません。ですけど、周りの友人たちはみな牡蠣が好きで、『ここの牡蠣は絶品だ。』と言っています。僕は食べたことはないので、見た目の感想をお教えします。
とりあえず大きいです。ツヤツヤしていてプルンって感じです。光沢が良く、牡蠣を食べられない僕でも、もしかしたら食べられるのではないかと錯覚してしまうほど見た目は抜群です。

もうひとつのオススメが生ウニです。オススメと言っても僕はウニは食べられません。ですけど、周りの友人たちはみなウニが好きで、2個も3個も頼んだりするときがありますね。見た目の感想をお教えします。とりあえず色がすごくキレイです。
あまり新鮮ではないウニはなんだかどす黒く、食欲をそそるルックスでは無いのですが、魚仙さんのウニは、グルメ番組などで出てきそうなすごくキレイなルックスのウニです。もしかしたら食べられるのではないかと錯覚してしまうほど見た目は抜群です。

ウニや牡蠣が好きな人って、それが苦手な人に『このウニだったら絶対に大丈夫だ。』
『うまい牡蠣を食べたことが無いから嫌いなだけだ。この牡蠣だったら絶対に大丈夫だから君も食べてみるんだ。』と強制的に食べさせようとするのは何故でしょうか。そう言われて、強制的にウニを食べさせられたことがあります。
魚仙さんのウニはたしかにとても甘く、口の中で溶けました。妙な生臭さも無かったです。つまりウニが苦手な僕でも食べられたということは、ウニが大好物の人が食べたら絶叫するレベルのウニなんだろうなと思いました。実際に僕の友人たちは絶叫するのですから。新鮮な魚介とお酒好きな方、是非行ってみてください。

mr0603 mr0602

 

魚仙

■ジャンル 魚料理
■住所   世田谷区玉川3-12-5 サンリビル 2F
■TEL   03-5797-0135
■定休日  月曜日
■営業時間 17:30~24:30

 

 

 

天佑(てんゆう)[てんぷら]  推薦者:三浦

m0401

「天佑」のてんぷらの素晴らしさは、ひとえにその「揚げ方」にあります。

今回はてんぷら専門店の天佑(テンユウ)さんをご紹介します。

「無性にてんぷらが食べたい!」「本格派の揚げ方を味わってみたい」「接待や記念日にいいてんぷらを愉しみたい」というときの、とっておきのお店がこちらです。

ただし、駅からは少し離れています。最寄り駅である上野毛からも歩いて15分くらい。二子玉川からタクシーに乗れば700円くらいですので、タクシーの利用をお奨めします。

こちらのご主人は、銀座の名店で20年間、ひたすらてんぷらを揚げてきた大ベテランです。ご主人の味が忘れられなくて、わざわざ訪ねてくるお客様も多いのだとか。常連には、グルメで有名な芸能人や政財界の大物も多く名を連ねています。

営業は昼の部と夜の部に分かれます。私はお酒を飲みながらてんぷらをつまみたいので、夜訪ねます。

夜のコースは6000円と9000円の二種類。お好みも受け付けているようですが、やはりコースがお奨めです。簡単な突き出しに始まって、旬の野菜から魚介類まで、多様なてんぷらが次々と揚げられてきます。とにかく材料の仕入れに気を使っていて、刺身でも食べられるような鮮度の高い具材を吟味して使っています。

しかし、「天佑」のてんぷらの素晴らしさは、ひとえにその“揚げ方”にあります。衣と具材のバランスが絶妙で、噛んだ瞬間、良質な油の味わいと具材本来の食感が見事に溶け合い、口の中いっぱいに広がるのです。止まらない舌鼓を打ちながら、匠の職人技とはこういうものかと感動に震えることでしょう。てんぷらなんだかフリッターなんだか判然としない、訳の分からぬものとは一線を画します。

〆には、小ぶりの天丼、てんぷらの茶漬け、白飯+てんぷらなどが選べます。

アルコールは、キンキンに冷えたプレミアムモルツの生ビール、これまたキンキンに冷えた冷酒(立山がお奨め、1合800円)、グラスワイン(白・赤とも1000円)がてんぷらによく合います。

席はカウンターが10席。匠の技が間近に見られますし、揚げた側から出してくれます。

お店はご主人と非常に感じのいい奥さまのお二人で切り盛りされています。
昼は1500円の天丼もやっているそうですよ!

m0403 m0402

 

天佑(てんゆう)

■ジャンル 天ぷら
■住所   世田谷区中町5-35-13
■TEL   03-3703-5135
■定休日  水曜と第1・3火曜日
■営業時間 11:30~22:00

 

 

 

海幸 [和食] 推薦者:水田

m01

「日常の昼メシ」にぴったりの隠れた老舗

「おしゃれなランチ」をするお店には事欠かない二子玉川ですが、
一方で「日常の昼メシ」を食べるお店がそうそうないのも事実。たまには定食をガッツリ食べたい……。
そんな需要に応える店としては、定番どころで「たぬき」「つばめ」などがありますが――実はここでも定食が食べられます。

人呼んで、「海幸」。基本は小料理・割烹のお店ですから夜しかやっていないかと思いきや、
実はお昼時になると、近くで働く皆さんが集まってくる定食屋さんでもあるのです。
400円の讃岐うどん、750円のカキフライ定食など、お手頃なメニューが豊富。「渋そばにちょっと飽きてきた……」という方はぜひ!
夜は隣店「太田屋」の1,000円セット(ドリンク2杯+おつまみ1品)に対抗!?すべく「晩酌セット」1,000円があります。
こちらはドリンク1杯+おつまみ2品の構成。おつまみと言っても刺身やホタテフライ、鳥のから揚げなど小料理屋に相応しい品々。
2回注文は出来ませんのでご注意ください。
二階店舗であるおかげか、割と空いているのも助かります。

m03 m02

 

海幸

■ジャンル 和食
■住所   世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズオークモール 2F
■TEL    03-3709-2646
■定休日  日曜日
■営業時間 [昼]11:30~14:00 [夜]17:30~24:00