Plants&Restaurant Bikaku-shida [植物・インドネシア料理・カフェ] 推薦者:小林

今月は、『Plants&Restaurant Bikaku-shida(ビカクシダ)』さんをご紹介させて頂きます。

なんと、10月1日にオープンしたばかりのお店です。

場所は玉川4丁目、二子玉川商店街沿いを小学校の先まで行って、左手に見える果物屋さん『エノキヤ果実店』さんの手前を左、その先の右手に見えてくる
『石塚デンキ』さんの先を右です。

所在地の『玉川4-14-17』で調べて頂いた方が早いかもしれません。

Google Mapで見ると、駅から10分くらいの距離です。

インドネシア料理というと僕のイメージするのはナシゴレンですが、インドネシア料理をメインに据えたお店は二子玉川初ではないでしょうか。

なんとも興味深いお店です。

お店に入ると店名の『ビカクシダ』がたくさん飾ってあります。

『ビカクシダ』は『コウモリラン』とも呼ばれる観葉植物で、『ビカク』はシカの角のことです。

シカの角のような葉のシダ植物で、板付けにして壁に飾ったり、大きな株には結構な高値が付いていたりして、観葉植物に興味のある僕にとって憧れの植物のひとつでもあります。

お値段は確認しませんでしたが、販売もされているそうです。

11:30~15:30のランチメニュー(一律税込880円)は、プラス220円でスープ・サラダとドリンクが付きます。

僕は『スパイシービーフボール(税込880円)』と、辛口のインドネシアン焼き鳥『サテ タンブリナス 3本(税込550円)』、食後に『トラジャコーヒー HOT(税込770円)』の3品を注文させて頂きました。

お料理の待ち時間は店内のビカクシダを眺めながら過ごせて、とても和みます。

ビーフボールは牛肉と多種の野菜を炒めたご飯料理です。

牛肉が賽の目切りで食感が非常に良くて、適度に脂もあっておいしいです。

辛くてもスパイスがクセになる感じで、ガンガン食べられてしまいます。

お店の方いわく、小鉢の『サンバルソース』も自家製だそうです。

真っ赤で辛そうでしたが、華やかな香りというか、食材の味が抜群に引き立つソースでした。

ちょうどお店のBGMが葉加瀬太郎さんの『情熱大陸』でしたので、僕は辛さと熱さで大盛り上がりです。もう『ひとり情熱大陸』です。

インドネシアン焼き鳥の『サテ』は、唐辛子とローリエの風味が効いていて、辛さもおいしさも抜群です。

会社に戻って記事を書いている今も、思い出すと顔に汗が浮かんできます。もう『時間差情熱大陸』です。

食後に頂いたコーヒーは、コンデンスミルクを入れるのがインドネシア流だそうです。

トラジャコーヒーの名前は聞いたことがありましたが、インドネシア出身のコーヒーなんですね。

酸味・苦味は控えめで、とても香りの良いコーヒーでした。

そのあたりでちょうど店内BGMが葉加瀬太郎さんの『エトピリカ(情熱大陸のエンディング曲)』に変わったので、何か大仕事をやり遂げたかのような、味わい深い気持ちになりました。ただご飯食べてコーヒー飲んだだけなのに。

静かな住宅街にあるお店は、こういうゆったりとした時間が過ごせていいですね。

インドネシア好き、辛いもの好き、観葉植物好き、葉加瀬太郎さん好きの方にもおすすめです!

 

 

Plants&Restaurant Bikaku-shida

■ジャンル 植物・インドネシア料理・カフェ
■住所   東京都世田谷区世田谷区玉川4-14-17
■TEL    03-6751-1700
■定休日  不定休
■営業時間 11:30~21:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

 

 

 

WA・魚・鉄板 たまたま 二子玉川店 [居酒屋] 推薦者:小林

今月は『WA・魚・鉄板 たまたま 二子玉川店』をご紹介させて頂きます。

お店の場所は玉川3丁目で、高島屋南館の裏通りから駅を背にもう1本入った通りです。

『高級食パン専門店 あずき』の真向かい、というと分かりやすいでしょうか。

こちらは居酒屋さんですが、当然ながら時節柄アルコールの提供がされていません。

しかし、そんな今だからこそ、お酒が一切飲めない僕でも気兼ねなく訪問できるチャンスともいえます。

そんな『居酒屋チャンス』を逃す手はありませんので、さっそく行ってみました。

今回訪問させて頂いたのは祝日なのですが、ランチ営業は土・日・祝日に限りますのでご注意ください。

僕は一人での訪問でしたのでカウンターへ通して頂きましたが、テーブル席とお座敷席もあって、ベビーカーやお子様連れのお客さんも見受けられました。

メニューを見ると、数量限定の『本日の日替わりランチ(980円税込)』は、『メンチカツとお造り盛り合わせ(サラダ・汁物・ごはん)』と書かれていました。

肉と魚の両方が一度に楽しめるランチなんて素敵です。

次に気になったのは『名物 溺れ餃子(白/黒 各680円税込)』です。

『数量限定』も『名物』も、どちらも気になるではないですか。さんざん迷った結果、両方ともオーダーしてしまいました。

皆様は、僕がキャッチコピーに踊らされているように思われるかも知れませんが、僕が勝手に踊っているだけですのでご心配には及びません。

あと、『秘伝のとりから 4コ(480円税込)』も追加。『限定』と『名物』と『秘伝』が揃い踏みした食卓は壮観でした。

普通の人がランチに一人で食べる量ではとてもありませんが、普段からこんな食生活を送っているわけではありませんのでご安心下さい。

衣が薄めの唐揚げは、鶏のおいしさをよりダイレクトに感じられます。

これにビールがあったらもう最高ですね!僕は全く飲めませんけど!『溺れ餃子』はとんこつ白湯スープに水餃子が4個、きくらげが多めなのが個人的にうれしいポイントです。

僕が選んだのは『黒』の方ですので、マー油(焦がしにんにく油)の香ばしさがプラスされています。スープのベースは甘みの強いとんこつなので抜群のアクセントです。

運ばれてきた時点でもグラグラ沸いているスープは濃厚で、パンチがあるのでお酒の〆にも最高ですね!

僕は全く飲めませんけど!揚げたてサクサクのメンチカツは、
粗めに刻まれたタマネギのアクセントに全く力負けしないほど肉の味が濃くてごはんが進みます。

メニューには『魚は佐渡島より直送!!』と書いてあり、今日のお刺身はワラサとタコでした。

僕は、この世で一番ごはんが進む食材はお刺身だと考えているのですが、ごはんのおかわりもできるそうですので安心ですね。

普通の方なら日替わりランチで十分にお腹いっぱいになりますが、居酒屋さんならではの一品料理のバリエーションも非常に魅力的ですので、お酒が全く飲めない方にもオススメです!

 

 

WA・魚・鉄板 たまたま 二子玉川店

■ジャンル 居酒屋
■住所   東京都世田谷区玉川3-12-2 T&M 1階
■TEL    03-3707-7888
■定休日  不定休
■営業時間 ランチ[土・日・祝日]12:00~15:00
ディナー[月~木]17:00~23:30
[金・土・祝前]17:00~24:00
[日・祝]17:00~23:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

BUTTINGHAUS JIRO [オーガニックハム] 推薦者:小林

今回は、お客様から教えて頂いた新しいお店

BUTTINGHAUS JIRO(ブッチングハウスジロー)をご紹介させて頂きます。

場所は二子玉川商店街の1本西側の通りで、主にオーガニックのハム・ベーコン等を扱っています。

お店の方にお聞きしたところ、それらは茅ケ崎の工房で造られているそうです。

お店の外観こそ綺麗でかわいらしいカフェレストランですが、製造元の『ハム工房ジロー』は、約100年もの歴史のある最高級ハムブランドだそうです。

歴史があるということは、味はまず間違いないということです。

食べなくても分かります。

でも食べます。

ランチタイムの訪問でしたので、4種のランチプレートから『BJ ミックスサンドプレート(税別1,250円)』と、『ホットドッグ Lサイズ(税別900円)』を注文しました。

すごくお腹が空いていたので、ランチプレートと単品の合わせ技です。

ランチプレートにはサンドイッチのほかサラダ・スープ・コーヒーが付きます。

ミックスサンドは、ミルフィーユサンド(ハムが折り重なったサンドイッチ)とコンビーフサンドの2種。

僕はコンビーフというと脂っこい缶詰ものをイメージしますが、

こちらのコンビーフサンドをひと口食べると、すぐさま牛肉の旨味が広がり、
脂っこさは微塵もありません。

黒毛和牛を使っていて、脂肪分を手作業で取り除いているそうです。

格が違いすぎる。缶詰とか言ってすみませんでした。

次にホットドッグ。

僕はホットドッグを映画のお供によく食べますが、映画館のものとは別次元です。

映画館のもおいしいんですけどね。

写真でもわかるように、ソーセージがパンから大幅にはみ出しています。

パンも決して小さくはないので、ビジュアルからすでに食べ応えがあるのが伝わってきます。

僕の写真で伝わっていますでしょうか、食べ応え。ソーセージにパリッとかぶりつくと、肉汁がガンガンきます。

パンの表面もパリパリに焼かれていて、ダブルの香ばしさ。ランチセットのコーヒーも注目ポイント。

ホットで頂きましたが、非常に香りのいいコーヒーです。好みの問題かもしれませんが、ちょうどいい苦みが効いたコーヒーです。

酸味は少なめ。店内には4人掛けのテーブルが二つとカウンターが3席。

ペットOKのテラス席もありますので、お散歩中の休憩にも立ち寄れますね!

おすすめです!

BUTTINGHAUS JIRO

■ジャンル オーガニックハム
■住所   東京都世田谷区玉川4-14-17 1階
■TEL   03-6881-2341
■定休日  月曜日
■営業時間 11:00~LAST

Cafe&Dining La Cocotte [カフェ&ダイニング] 推薦者:小林

2017.3/8.New open!!

2017年3月8日にオープンした『ストウブ料理』のお店をご紹介させていただきます。
ここでいう『ストウブ』とは、暖房器具ではなく、フランス製の鋳物ほうろう鍋のことです。
お店の名前にもなっている『ココット鍋』のほうがお馴染みでしょうか。

厚手でかわいらしいお鍋です。
私が訪問したのはオープン2日目で、カウンターも奥のテーブル席もお客さんでにぎわっていました。
さっそく、『パルマ産プロシュートと新玉ねぎのハーブサラダ 850円』を頂きつつ、本命の『スペアリブの甘辛グリル 1,000円』を待ちます。

名前からすでにおいしそうですね。
大人しく待っていた私ですが、ストウブに入ったまま運ばれてきたスペアリブを見るなり、「今すぐに素手でかぶりつきたい」という気持ちになりました。

というか、実際かぶりつきました。

わき目もふらずに。

味はというと、香ばしいお醤油をベースにはちみつの甘さと、最後にピリッとした辛味が効いていて、そしてとにかくジューシーです。

私の写真でジューシーさが伝わるでしょうか。

伝わっているとうれしいです。
実は、このお店には洋風のメニューだけでなく、『真鯛とたけのこのとろ煮』や『桜えびと香ばし大根の炊き込みご飯』といった和風メニューもあり、次に行くときはそちらも試してみたいと思います。

また、ストウブを使ったデザートメニューも充実。
今回は、1~2人前の小さいサイズでいろいろ注文してみましたが、
メインディッシュは3~4人前の大きいサイズもあります。団体さんもぜひ!

 

Cafe&Dining La Cocotte

■ジャンル カフェ&ダイニング
■住所   世田谷区玉川4-5-6
■TEL    03-6447-9422
■定休日  月曜日
■営業時間 平日11:30~16:30,18:00~23:30/土日祝・第4金11:30~23:30

蒼い空 [創作料理] 推薦者:関谷

アットホームな店主がお出迎え!
カウンターもあり、一人でも気軽に利用できそうです!

昨年の夏にオープンしたばかりの定食&創作料理で、感じのよいアットホームなお店です。

セット料理は750円~1,000円が中心価格です。
チキンカツレツやサイコロステーキなどもありますが、牛すじカレーがお勧め。

じっくりと煮込んだ感じが何とも嬉しく、食べるたびに食欲が増します。

セットにはスープとサラダが付き、スープはコクがあって美味しい。
お店のレイアウトは、カウンターが5席で、カウンター越しにマスター(店主)が料理を作っています。
テーブル席は8~10席の小さなお店です。

店主は、雰囲気のよい方で、とっても落ち着きますし、一人でも気軽に利用できます。
私が伺った時は、お子様がいる共働きのご家族が、お食事をされていました。

お酒を飲みながらの一品料理も、おいしいです。
野菜は世田谷育ちを利用しているそうで、シャキシャキで甘みもあり、どれを食べてもおいしかったので、野菜系は全て注文して、飲み食いしてしまった程。
特にバーニャカウダーは、その野菜と店のオリジナルのソースがとてもマッチして絶品。

次回は、一人で行ってみようと思います。

鎌田方面の方は、お近くなので行かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

蒼い空

■ジャンル 創作料理店
■住所   世田谷区宇奈根1-17-15 (宇奈根商店街沿い)

 

 

 

Why Juice? [ジュース] 推薦者:畠山

htk0102

野菜生活、始めましょう。

こんにちは。好きな野菜はブロッコリー。

畠山です。
皆様、突然ですが玉川1丁目にあるマルクトカフェはご存知でしょうか?

駒沢通り沿いにあるあのカフェです。
今回はそのマルクトカフェ横にて、移動ワゴンで販売している野菜ジュースのお店のご紹介です。

外観等については写真を参照していただくとして、肝心の中身ですが、無農薬・減農薬の野菜とフルーツで作るコールドプレストジュースの販売がメインとなっております。
野菜ジュースと聞くと、苦手なイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、本当にバランスよくフルーツとミックスされているので野菜ジュースが苦手な方はもちろん、野菜そのものが苦手なお子さんでもさらりと飲んでいただけると思います。
保存料などの食品添加物もいっさい使用していない100%の野菜ジュースなので、健康に気を使っている方、本物志向の方、お勧めです!
ちなみにお値段は200mlが700円~です。

一つ問題があるとすれば、二子玉川には毎月第2・4金曜日の11時~13時までしかいないこと。
「そんなの無理です!」という方。

安心してください。

代官山に店舗があり、そこは8時30分~19時まで営業しております。
時間はないけど、興味があるという方は代官山までぜひ!野菜生活、始めましょう。

htk0101

 

Why Juice?

■ジャンル ジュース
■住所   世田谷区玉川1-17-16 (マルクトカフェ横で移動販売車にて販売)
■HP    www.why-juice.me
■営業日  第2・4金曜日
■営業時間 11:00~13:00

 

 

 

 

オクシモロン 二子玉川  [カレー] 推薦者:村上

mr1003
女性におすすめ!ヘルシーでオシャレなカレー屋さんです。
皆さまこんにちは。今回ご紹介させて頂くお店は玉川高島屋7Fのカレー屋さん
オクシモロン 二子玉川をご紹介させて頂きます。

鎌倉に本店を置く、人気のカレーショップです。

まず気になるのはお店の名前です。

『オクシモロン』とは、反対の意味の語を組み合わせ、

奥行きのある印象を生み出す語法のことだそうです。

例えば『永遠の一瞬』、『公然の秘密』など。

『真剣な遊び心』や『寛容なこだわり』をそなえたものの見方を忘れないように、
また、色々な個性を生かして一層深い味を引き出すことができますように。
そんな意味が込められているそうです。(お店のメニュー表抜粋)

いやぁ、実に明確なコンセプトですね。よくわかんないけど。

『明確で不明』

和風キーマカリー(1200円)と三種の盛り合わせ(800円)を注文しました。

3種の盛り合わせは紫キャベツのコールスロー、豆のマリネ、ニンジンのラペです。

全体的にあっさりと上品な味付けで、個人的にはニンジンのラペが一番好きでした。

味付けに使っているワインビネガーは酸味が程よく、とても美味しかったです。

あと、この3種の盛り合わせは予想以上にボリュームがあります。3人~4人前ほどでしょうか。

少人数で注文すると後半戦がツラくなります。

しかし、僕はこのボリューム感にとても好感を持ちました。

最近の二子玉川のお店はスズメのエサ程度の量で、高額の料金を請求する飲食店が増えていますが、このお店は違います。

さて、メインの和風キーマカリーですが、白米と玄米をブレンドしたライスの上に、ドライカレーのようなペーストのカレールー、

そしてその真ん中に温泉卵が乗っています。

そして和風らしく、刻みネギと白ゴマがとても良いアクセントになっており、一口食べて、『あ、これおいしいっっ!!!』と

少し声が大きくなってしまって隣の女の人と店員さんが若干引いてました。

カレーもあっさりしていて、玄米も使っているからヘルシーですし、女性にさぞや喜ばれることでしょう。

ふと店内を見渡してみると男性は私一人でした。

店員さんも全員女性でした。若干浮いてました。

人気店なのでとても混んでおります。

予約は店頭のみ、平日でも予約からおおよそ30分~1時間程待ちますので、
予約をしてから用事などを済ませるのが良いと思います。
でも味もボリュームも満足のお店ですので皆さまも是非。

mr1002 mr1001

 

 

オクシモロン 二子玉川

■ジャンル カレー
■住所   世田谷区玉川3-17-1 玉川タカシマヤ南館7F
■TEL    03-6805-6505
■定休日  不定休
■営業時間 11:00~19:00

 

 

 

 

SAKE SHOP福光屋 [イートイン] 推薦者:三浦

miu0403

石川県、金沢市に本店のある酒蔵の直営店です。ファンになるお店です。

今回は、玉川高島屋のSAKE SHOP福光屋(ふくみつや)をご紹介いたします。
場所は、地下1階、本館と南館を繋ぐ連絡通路のあたり。意識しないと通り過ぎてしまうお店です。
こちらのお店は、創業1625年。石川県金沢市に本店がある酒蔵の直営店で、金沢でもっとも古い酒蔵だそうです。

店内には、お酒はもちろんのこと酒のアテになる食材や発酵食品、酒陶器、化粧品、金箔などさまざまなものが置いてあります。
有名なのは、イートインで食べられるソフトクリーム。
ソフトクリームといっても酒かすで作った「酒かすソフト」(360円税別)

味は黒みりん、赤酢カラメル、ジンジャーの3種類があります。私は、赤酢カラメルがお気に入りです。

初めは、酒かすソフト?大丈夫?と思っていたのですが、食べてビックリ。
酒かすのほのかな香りとソフトクリームのミルクが奏でるなんともいえない芳醇な味。
いっぺんでファンになりました。

ただ、大人の味なので、お子様にはちょっと不向きかもしれません。

ノンアルコールなので、お酒が苦手な人でも大丈夫です。玉川店限定らしいので、ここでしか食べられません。

この他イートインコーナーでは、日本酒の飲み比べセット(1100円税別)がお勧め。
3種類の日本酒がガラスのおちょこに入って出されます。お酒のアテも1種類付きます。
アテが足りなければ、単品(300円税別)やおつまみセット3種盛り(570円税別)を注文できます。

miu0402

アテは、とうふ味噌漬、鯖のぬかずけ燻製、蛍いかの燻製など発酵食品が中心です。

私は、とうふ味噌漬が大好きです。これをアテにキレのいい日本酒を飲むとたまりません。
日本酒は、福光屋といえば、加賀鳶。キレがあるだけの辛口ではなく、純米酒ならではの旨みと深み香りがあり、完成度が高い。それでいて適度な価格。セットの中で試飲できます。

その他に、麹を使った味噌や麹そのものなどもおすすめです。麹は、体にも非常にいいと最近注目されている食材です。
最後に、福光屋のオリジナル商品ではないのですが、いぶし屋製の特製おつまみセット(920円税別、テイクアウト)がお勧め。
イカの燻製、ししゃもの燻製、スモークチーズ、スモークたまご、スモークされたナッツの5種が入っています。
けっこうボリュームがあり、これだけでも満足感があります。ぜひぜひお試しください!

miu0401

SAKE SHOP福光屋

■ジャンル イートイン
■住所   世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋S・C 南館地下1階
■TEL   03-5717-3305
■定休日  無休
■営業時間 10:00~21:00

 

 

 

 

アッチャカーナ [カレー] 推薦者:村上

mr0502 mr0503

キーマカレーはひき肉の旨みとルーの酸味と混ざり合い、
その絶妙なバランスによって、口の中が極楽浄土になります。

今回ご紹介させて頂くお店はアッチャカーナさん、二子玉川の有名なカレーショップです。
玉川高島屋本館1階にある隠れ家的なカレーショップで、僕が小学校のときからある老舗のカレーショップです。
普通老舗といえば昭和や大正から続く名店っていうイメージですが、僕の基準では僕が小学校のときから二子玉川にあるお店は老舗なのです。誰が何と言おうとも。

こちらのカレーは、インドカレー、欧風カレー、家のカレーとはどれも違っていて、ジャンル分けするのが難しいカレーだと思います。
インドカレーのスパイシーさと欧風カレーのコク、家のカレーのまろやかさがうまく融合した絶品カレーです。
今回僕が頼んだのは当店人気NO,1の『キーマカレー』1280円。夜に伺ったのでちょっと値は張ります。
その日は日曜日の夜に行きました。土日は不動産の稼ぎ時、クタクタに疲れて空腹も限界。

まずは自家製ドレッシングのたっぷりかかったサラダが出てきました。このドレッシングがまた、めちゃくちゃ美味い。
店員さんに聞いてみると『ニンジンがメインでたまねぎや卵白なども入っています。』とのことですが、たぶん真似できないでしょう。
ちなみに自家製ドレッシングは300円で販売しています。ドレッシングがうますぎてあっという間に完食したら、良いタイミングでキーマカレーの登場。とりあえず白米を食べます。硬めに炊いた白米がここのカレールーに合うんですよ!
キーマカレーはひき肉の旨みとルーの酸味(おそらくトマト)と混ざり合い、その絶妙なバランスによって、口の中が極楽浄土になります。
けっこうボリュームがあり、ご飯を大盛にすることもできますが、ほんとに大盛なので大食いではない人が調子に乗って大盛にすると後悔することとなります。僕の話ですが。

満腹になって食後に出てくるショットサイズのコーヒー、これも美味いんですよ! これも楽しみの一つなんです。
サラダ、メイン、食後のコーヒーとどれも手を抜かずに楽しませてくれる仕上がりでした。この満足感と満腹感を是非味わいに行ってみてくださいね。

 

mr0501

 

アッチャカーナ

■ジャンル カレー
■住所   世田谷区玉川3丁目17−1 玉川高島屋本館1F
■TEL   03-3708-5038
■定休日  無休
■営業時間 11:00~21:30

※ランチメニューは平日のみ(11:00〜15:30)

 

 

 

てぃだの花  [沖縄料理] 推薦者:関谷

t1202

とりあえずオリオンビールで、沖縄気分を!
二子玉川唯一の沖縄料理店。

高島屋の2本裏通り、鎌倉シャツやウフウフの斜め前にあります。
外から見ると狭い印象がありますが、中は広く、カウンター席や座敷席、半個室席を合わせて、30人くらい入れます。
カウンターと座敷の間の通路部分が広く、そのゆとりある空間の広さが、異国情緒をかきたてます。
ビール好きな方は、沖縄=オリオンビールではないでしょうか。当然お店にあります。
小さなコップにお酌をしながらオリオンビールで乾杯!すでに気持ちは沖縄気分。一緒に飲みに来た人達の心が、一気に一つになる感じがします。
料理は、海ぶどう、チャンプル系、ラフティー(トロトロ)、沖縄そばなど、定番はしっかり揃っています。
若い人が多いなら、沖縄そばベースの焼きそばを早々に注文して、お腹を満たしていきましょう。つまみ派は、「もずくの天ぷら」をお試しください。
ソースをかけて食べるのですが、そのミスマッチ感がこれまた異国に来たような気持ちにさせてくれます。それ以外にも、面白い料理がたくさんあります。

オシャレなお店に飽きてきた方、沖縄の夏の雰囲気が恋しい方など、日常からやや離れた気分を味わいたい方にはおすすめです。
お1人あたり、3,500円位でしょうか。

 

t1203 t1201

 

てぃだの花

■ジャンル 沖縄料理
■住所   世田谷区玉川3-12-5 サンリビル
■TEL    03-3708-3978
■定休日  火曜日
■営業時間 17:00 ~ 00:0