BAR太田屋  [立ち飲みBAR] 推薦者:関谷

sek1001

かけがえのないちょい飲みのお店。
サラリーマン&もう少し飲みたい人達の味方!

5年4カ月ぶりに、再び紹介します!

大田屋は、一言で表すと「二子玉川の新橋」。

ただ読者様にとっての二子玉川は、仕事場ではなく居住の地。

サラリーマンの味方のお店と言ってもピンと来ないと思います。

代替え案は、「気心の知れた人、腐れ縁者と飲むお店」でしょうか。

座って食べて、はい4000円の二子玉川。

家に帰るにはまだ早い、でもお金を使いたくない……行き場を失いかけた人達の救いの地。

1000円あれば、知人とのコミュニケーションと、ほろ酔い気分が充分に得られます。

主力商品は「1000円セット」。

来店2回目以上の方は、100%このセットを頼みます。

このセットは2タイプあり、「3杯セット」か「2杯&1品セット」。

なんと税別926円で3杯、もしくは2杯におつまみです。

おつまみも種類が10種類ほどあり、唐揚げ、エビ唐、もやし炒め、
ポテトフライ、キムチ、など様々。よく飲む私達は、3杯セットを各自注文し、
全員でたった1品だけ「単品」注文し、1時間以上過ごします。

立ち飲みで、タバコの煙も充満しており、今どきの環境ではありません。

でも太田屋は、着飾らず、肩ひじ張らず、大きな出費にもならず、
大切で有意義なコミュニケーションがとることができます。

二子玉川の新橋を、みんなで応援しましょう!

 
sek1003 sek1002

 

BAR太田屋

■ジャンル 立ち飲みBAR
■住所   世田谷区玉川2-21-1 オークモール 2F
■TEL    03-3707-4450
■定休日  日曜日
■営業時間 16:00~翌1:00

 

 

二子玉川のクラフトビール「フタコエール」 [ビール] 推薦者:関谷

sek0801

地元のビールを皆で応援しよう!飲んでみよう!

二子玉川に地ビール(クラフトビール)がある事はご存じでしょうか。

製造会社は、ふたこ麦麦(むぎむぎ)公社。

玉川3丁目にあります。近いですね~。

原材料のホップも鎌田の農園から無農薬で栽培されているそうです。これも近い。

……と、ここだけ聞いただけでも、愛着が湧く方もいると思います。

彼らはフタコエールというエールビールを中心に、季節やイベント毎に、オリジナルビールを限定販売しています。

フタコエールは、私が感じているエールビールの味を裏切らず、フルーティで香り高く・まろやか。

価格も期待を裏切らず、やや高め(笑)。

ですから、私のフタコエールのイメージは、何杯も飲むのではなく、天気の良い、しかも日中に、二子玉川の空気を感じながらカフェ感覚で楽しむ――

そんなビールだと思います。

来年は参加してみたい地元の企画が、SHP。

と呼ばれています。
ホップはツタ状に成長する為、アサガオやゴーヤのように、夏場のグリーンカーテンとしてホップを育てます。
そして、秋に収穫されたホップは、ビールやノベルティグッズと交換できるという嬉しい企画です。

緑とビール。

素晴らしい。

交換できなくてもいいから、ホップを提供したい気持ちです。

「フタコエール」で調べると色々な企画・商品が紹介されています。

地元ビールを、応援していきましょう!

sek0802

 

最後に、私が調べた限りですが、下記のお店で取り扱っています。
樽生:ドラフトクラフト、ドラフトキング、アイビアー・ルサンパーム二子玉川ライズ
ボトル:BOBOS、ニコキッチン、ナチュラルクルー
販売:FARMSHOP

 

二子玉川のクラフトビール「フタコエール」 

■ジャンル ビール
■企画元  ふたこ麦麦公社(世田谷区玉川3丁目)

 

 

 

アイビアー・ルサンパーム ~ディナー [ビア・カフェ] 推薦者:関谷

sk1003

ライズのメインストリートで飲みたい方にお勧め。
大人女子向けらしい。

このビアカフェは、ライズのメインストリート「ガレリア」にオープンしたお店です。

誰もが歩くガレリアにあるお店を、地元の私達が紹介する必要はないと思いますが、この企画も4年目になり、ネタに困っております事、お汲み取りくださいませ。

このお店は「カフェに行くような感覚でクラフトビールが飲めるビアカフェ」だそうです。

確かに気軽に入れるお店ですし、チャージ料もかかりません。ただ、私のようなビールをたくさん飲みたい方は、他の店に行った方がいいかもしれません。なぜなら、ビールは、地ビールと、キリンのハートランドの二種類の上、割と高いからです。

ここは、1パイント(約480ml)980円の地ビールを、会話を楽しみながら、じっくり楽しむ―そんなお店です。

例えば、周りをみると、本当にカフェ感覚でビールを楽しんでいる方がいます。女性2人組の方は、地ビールだけ注文。

まるでアイスコーヒーを飲んでいるような雰囲気でした。また、ビールをシェアして飲んでいる光景も見受けられました。

一番斬新なのは、全席禁煙なので、子連れの方お母様方も多い事。空気が澄んでいるので、新しい感覚がします。

最後に価格ですが、ある程度飲み食いした場合は、ドリンク3杯で3000円、食事1500円~2000円でしょうか。

地ビールを飲みたい方は、高島屋裏のドラフト・クラフトが同じ価格で提供しておりますし、食事メニューは充実していますので、地元応援を兼ねて、そちらも行ってみましょう。

 

sk1002 sk1001

 

 

アイビアー・ルサンパーム

■ジャンル ビア・カフェ
■住所   二子玉川ライズのガレリア1F(H&Mの前)
■TEL    03-6419-7496
■定休日  無休
■営業時間 11:00~23:30
[日のみ]11:00~23:00

 

 

 

 

 

アイビアー・ルサンパーム ~ランチ [ビア・カフェ] 推薦者:畠山

htk1001

昼と夜、雰囲気の違いも楽しめそうですね。

好きな梨の種類は「彩玉」。こんにちは。畠山です。台風18号が猛威を振るう中、こちらを書いております。
今月ご紹介するのはアイビアー・ルサンパーム(昼の部)。
ライズに新たにオープンしたビアカフェですが、昼間もいろいろ楽しめるということで行ってまいりました。
ちなみに、関谷が夜の部を書いておりますが、私は昼の部です。

13時くらいに行ったのですが、店内はほとんど満席……一人ということもありカウンターに座りました。

このカウンター、テーブル部分が高い割には椅子が低いので身長が低い方は要注意かもしれません。

この日注文したのは「クラシックプディング(480円 税抜)」要するに、プリンです。
何かと話題のスイーツ男子を気取ってみました。スーツで。
肝心の味はというと、硬すぎず柔らかすぎずちょうど良い口触り。
カラメルの苦甘さとホイップの程よい甘さが絶妙に合わさって、男女問わず食べられるプリンに仕上がっていました。
美味しいプリンが食べたいときは思い出してみてくださいませー。

 

……余談ですが、食べ終わった後、店内を見渡して気が付いたことが一つ。

「一人で来ているのが僕一人ということ」

カウンターに一人でプリンをがっつくスーツ姿の男は、一人でディズニーランドに行くより恥ずかしかったです。

 

アイビアー・ルサンパーム

■ジャンル ビア・カフェ
■住所   二子玉川ライズのガレリア1F(H&Mの前)
■TEL    03-6419-7496
■定休日  無休
■営業時間 11:00~23:30
[日のみ]11:00~23:00

 

 

 

 

 

BOBOS (ボボス) [ワインバー] 推薦者:関谷

 sk0601

軽くつまみながら、会話を楽しむ場所
2次会や、仕事帰りにサクッと立ち寄るのもよいお店

この記事を書いている時は蔦屋家電のオープン日。東のライズが最高潮に盛り上がっておりますが、西側も頑張っています。我々地元民は、この時こそ西へ行きましょう。ということで、明るくてナチュラルなワインバーボボスを紹介します。
場所は、高島屋南館のすぐ裏手。居酒屋「庄屋」があるビルの2階にあります。ガラス張りなので、雰囲気は外から見れば分かりますが、肩肘を張るようなお店ではありませんので、サクッと入ってみてください。

こちらのお店、三菱東京UFJ銀行裏手の「LINEワインダイニング」の系列店のようです。但し、LINEと違い肉料理やパスタ・ドリアなどお腹が膨れるメニューはなく、食事は軽く摘むタパス的なものとなっています。

すなわちお酒を飲み、気の知れた仲間と会話を楽しむ場所です。店内は、4人テーブルが4席、カウンター席が6席程の小さなお店ですが、空間はゆったりとしています。8~10人位の団体でもテーブルを合わせて集えます。雰囲気は、明るい木製のテーブルやフローリングで、ナチュラルな感じです。

飲み物は、キリンのハートランド(600円)とギネス(700円)、その他はお店のコンセプト通り、ワインです。ある程度飲み食いして、一人3500~4000円程でしょうか。

冒頭に記載した通り、食事をする店ではありませんので、お気を付け下さい。お店の利用方法としては、2次会で引続き仲間と飲みたい時や、
仕事帰りに立ち寄ったり、夫婦の会話を目的に、軽く飲みに行くには丁度よいお店だと思います。さぁ西へ!

sk0602

 

BOBOS(ボボス)

■ジャンル ワインバー
■住所   世田谷区玉川3丁目10-11 2F
■TEL   03-5717-9777
■定休日  ?
■営業時間 15:00〜24:00

 

 

ドラフト クラフト  [ビアバー] 推薦者:関谷

sk0201

ドラフトキングが建替の為、その影響下へ! カジュアルなメニューが人気!

ドラフトクラフトは、変わりました。今はドラフトキング的になっており、ゆったりとしたカジュアルなお店になりました。
二子玉川らしいお店ではないかと思います。閉店したドラフトキングは、ビルの建替え工事の関係で現在はありませんが、70人程が入れるアメリカンスタイルのお店でした。

さて今回のドラフトクラフトは、15種類の地ビールを扱うクラフトビール店で、ビール好きが寄合い、軽いつまみを食す感じのお店でした。
また、椅子やテーブルが高く、落ち着いて腰を据えるという雰囲気ではありませんでしたが、今はドラフトキングのメニューがそのまま利用され、普通のビール、カクテルやサワー、ウィスキー、食事もサラダ、パスタ、ポテトにハンバーガーなど、こちらも様々です。
椅子やテーブルの高さも低くなり、ゆったりとくつろげる雰囲気になっております。アットホームなたたずまいになった為か、50代以上の方も多く利用していました。

予算は、ドリング3杯程飲んで、一人3,500円~4,000円でしょうか。地ビールは250㎜で800円~と値が張りますが、どれを飲んでも美味しい。
ランチ(11:30~15:30)もドラフトキング化。950円で、ドリンク・サラダ・スープがついたランチセットです。
ハンバーガー、BLTサンドイッチ、ジャンバラヤ、パスタ、フィッシュ&フライなどがメインディシュ。

 

sk0203 sk0204 sk0202

 

 ドラフト クラフト

■ジャンル ビアバー
■住所   世田谷区玉川3-9-10(1階)
■TEL    03-6805-6540
■定休日  無休
■営業時間 11:30~25:00

 

 

Bar Sunset [バー] 推薦者:三浦

m0704

もともと、有名なバーテンダーが開いたバー

バーサンセットさんをご紹介させていただきます。
場所は高島屋さんの裏手、地下に居酒屋庄屋さんが入っているビルの2階にあります。
サンセットは、私の記憶が定かであれば、以前はミスタードーナッツの2階で
営業していたかと思います。現在は再開発でドックウッドプラザがある場所です。

ですから二子玉川では1994年から、もう20年位前から営業していると思います。
そのころ、二子玉川には本格的なバーがなく、
もう少し飲みたい時によく立ち寄った記憶があります。
もともと、有名なバーテンダーが開いたバーだとか聞いている。

強い酒が飲みたくて、スピリタスというウォッカをよく飲みました。
スピリタスは、アルコール度数97度のお酒で、これを小さいグラスについでもらい、いっきに飲み干す。
スピリタスが喉を焼け焦がし、胃を破壊する。2,3杯飲むと、いっきに酔いが全身を襲う。
あと、マルガリータをよく飲んだ。マルガリータはバーテンの腕の違いが如実にでる。
いろいろ飲み比べると分かってくる。

再開発の影響でそこから今の場所に移って営業しています。
店内は薄暗く、入るとすぐ右手に10人ほど座れるカウンターがある。中には、男のバーテンが3人位いる。
カウンターの後ろにボックス席があり、3組、20人ほど座れる。以前よりアットホームな雰囲気になっている。
バーテンの接客のせいか常連が多いせいか。ただ、お店のハードな作りはいい。これは、好き好きだと思う。
ホテルのバーのように一人で静かに飲みたいという人には合わない。
ただ、料金は、ホテル並みにする。少し中途半端。
静かな雰囲気を求めるのなら以前ご紹介した、まるうめ、をお奨めする。

料金は、軽く飲んでひとり3,000円から4,000円(チャージ料金含む)。おつまみ程度の軽食もある。
営業時間は、19時から深夜3時まで。日曜は休み。
サンセットは、系列店として二子玉川にもう一店舗、あと、用賀と日本橋にもあるみたい。HPに載っていた。

 

m0701 m0703

 

Bar Sunset

■ジャンル バー
■住所   世田谷区玉川3-10-11 ジ・エイペックスビル2F
■TEL    03-3709-1717
■定休日  日曜日
■営業時間 19:00~翌03:00(LO02:30)夜10時以降入店可