Cafe&green RonRon [カフェ] 推薦者:小林

今月は、『Cafe&green RonRon(カフェ&グリーン ロンロン)』をご紹介させて頂きます。

昨年オープンされたお店で、『カフェ&グリーン』の名の通り、カフェとお花屋さんが併設、というか一体化したお店です。

場所は高島屋本館の裏あたりで、『今治浴巾』のお店のすぐお隣です。

お店の外観はものすごくお洒落なお花屋さんなので、『RonRon Lunch』と書かれた看板に気付くまでは、
大変失礼ながらカフェとして営業されているのを知りませんでした。

外から見た店内がさすがにお洒落すぎるので入店をためらいましたが、メニューに『キーマカレー』を見つけて吸い寄せられるようにお店に入りました。

真夏のように暑い日でしたので、「暑い日にはなぜかカレーが食べたくなる」という僕の性質上、どうしても抗うことができなかったのです。

別に抗う必要もないですけど。

こちらのお店は、まず入店時にカウンターで注文して、後からお店の方が席まで運んで下さるシステムです。

僕が注文したのは、『キーマカレー(税込900円)』と『アイスコーヒー(セット料金で税込110円)』の2品です。

本当はケーキやプリン等のスイーツも多く扱われているお店なのですが、お店選びに迷って駅前をウロウロしたために時間がなく、そちらは次回以降のお楽しみということにしました。

お伝えできず申し訳ございません。僕はスパイスカレーが大好きですが、あまりにも辛い物は多量の汗をかくのでやや不得意です。

なので、お店の方が「うちのカレーはあまり辛くないですけど大丈夫ですか?」と確認して下さった際には、
「はい!大丈夫です!」と、必要以上に大きな声で言いました。

まさに僕にうってつけのカレーだと思いましたね。

店内は、見渡す限りに植物が配されていて、観葉植物が好きな人ならきっと楽しいはずです。

どこを見てもインテリア雑誌みたいにお洒落なので、僕にとっては待ち時間すら楽しいお店です。

キーマカレーは一口目から挽き肉の旨みと野菜の甘み、雑穀米の食感をしっかりと感じられる味わい深いものでした。

スパイスの香りは多彩ながら、お店の方が教えて下さった通り辛さはマイルドです。

見た目も綺麗なお洒落カフェランチですが、味も研究されているのでしょうね。鉢植えのアイビーを見ながらゆっくり味わって頂きました。

次回はお店の方におすすめ頂いた『おにぎりセット』を試したいですね。

おにぎりセットのおかずは日替わりだそうです。

ちょうどお店の外のタライで日光浴していたクサガメのRonちゃんは、元々は迷いガメだったところを保護され、お店に引き取られたとのことです。

現在は約2歳で、おおよそ30年生きるとか。目がクリっとした可愛らしいカメでした。

カレー・スイーツ・植物・カメのどれかひとつでもお好きでしたら、間違いなくおすすめです!

 

Cafe&green RonRon

■ジャンル カフェ
■住所   東京都世田谷区玉川3-10-5
■TEL    03-6447-9092
■定休日  不定休
■営業時間 12:00~18:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

 

OMATCHA SALON玉川高島屋店  [日本茶専門店、スイーツ] 推薦者:小林

今月は、『OMATCHA SALON(オマッチャ サロン)玉川高島屋店』をご紹介させて頂きます。

昨年1月にオープンしたお店で、高島屋南館8階の飲食店フロアのお店です。

前々から気にはなっていましたが、ドリンクとスイーツのみを扱っているカフェだと思い込んでいたので、なかなか訪問の機会がありませんでした。

先日、何の気なしにHPを見てみると、茶そばや丼などのお食事メニューも出していることが分かったので、この僕が行って皆様にご紹介するしかあるまい、と思った次第です。

謎の使命感。

HPに掲載されていた『抹茶クリームあんみつ』や、

石庭をイメージしたという『抹茶スイーツ盛り合わせ』等も大変に魅力的でしたが、

本格的にお腹が減っていた僕は「デザートはまた今度にして、メインの料理を二品食べよう。」という

イレギュラーな発想に至りました。

見た目の綺麗なスイーツも種類が多いのですが、僕が選んだのは『天ぷら茶そばせいろ(税込1,050円)』と『牛しゃぶ半熟卵とじ丼(税込880円)』という、

本気の食事メニューを2点。お店の意図としては、メインとスイーツ系を組み合わせるのが正当なのだと思いますが、僕はメイン×メインのいわば『両A面ランチ』です。

別に普段からこんなことをしているわけではないので、たまにはお許し下さい。

今思えば、僕ひとりのテーブルに二人分のお膳を運んで下さった店員さんも少し戸惑っていたように思います。

『半熟卵とじ丼』は牛すき焼きを丼にした感じの代物で、普通盛りでもちゃんと分量があるのがいいですね。

ネギ・白菜等のお野菜もお肉もギッシリ乗っていて、『カフェごはん』というよりは『男メシ』に近いです。

いい意味で。

茶そばのつゆは5種類から選べて、僕の選んだ『ピリ辛ラー油』は辛みのパンチと食感強めの茶そばがよく合っていました。

麺だけ食べてみてもお茶の香りや味はそこまで感じませんでしたが、美味しいことは確かですので、次回は大盛りにしたいな、といった感想です。

今回は、お腹に余裕があったら食べたいな、と思っていた『濃ほうじ茶ソフトmini』か『濃抹茶ソフトmini』(いずれも税込420円)も入らないほど目一杯食べてしまったことが反省点です。

お茶・スイーツ以外にも本格的なお食事を満喫できるお店ですので、ぜひお試し下さい!

 

 

OMATCHA SALON玉川高島屋店

■ジャンル 日本茶専門店、スイーツ
■住所   東京都世田谷区玉川3-17-1 玉川高島屋店 南館8階
■TEL    050-5456-6019
■定休日  施設に準ずる
■営業時間 11:00 ~ 22:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

フォートナム・アンド・メイソン 二子玉川店[カフェ] 推薦者:村上

皆様こんにちは、今日ご紹介させて頂くお店は、

高島屋本館2階にございますフォートナム・アンド・メイソン・二子玉川店です。

英国の老舗食品店のティールームです。

すでにご存じの方も多くいらっしゃるかと思いますが、ランチでの利用は初めてでしたのでご紹介させて頂きます。

今回の食事はチェダーチーズのオムレツ(1200円税別)でした。

ローストビーフ(1200円税別)と悩みましたが、オムレツにしました。

ランチは私の好きなプレートになっていて、オムレツとサラダ、ピクルスとトーストが乗っています。

オムレツは中にはチェダーチーズが挟まれていて、フワフワのオムレツを割るとモチモチのチーズが出てきます。

そのうえにはホワイトクリームのフォンデュソースがかかっていて、チーズ感を存分に楽しめるオムレツとなっています。

サラダはさっぱりとしたフレンチドレッシングがかかっていて、ピクルスは適度に酸味が効いていて非常に美味でした。

トーストは噛めば噛むほど甘味が広がり、フォンデュソースを付けて食べるのもオススメです。

 

食後の紅茶は、上品な香りが広がり、後味もさっぱりしていて、優雅なひと時を楽しむことができます。

と言いますか、そんなに私そんなに舌が肥えているわけではないのですが、全体的に美味しかったです。

それよりも明るい店内と洗練されたテーブルや椅子、ソファーなど、開放感のある空間でお茶を楽しむ場所といった感じで、非日常の空間を楽しむことができました。

私は後輩の小林くんとお店に行ったのですが、けっこう浮いていました。

他の利用客の方と比べても我々は圧倒的に品に欠けている感じがしましたの精一杯上品にふるまったつもりです。

写真で伝わりますでしょうか。その様子をお楽しみください。

フォートナム・アンド・メイソン 二子玉川店

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区玉川3-17-1 玉川タカシマヤ本館 2F
■TEL   03-3708-5120
■定休日  無休
■営業時間 10:00~21:00

 

トースティーズ 玉川髙島屋店 [カフェ] 推薦者:村上

フレンチトーストって、スイーツってイメージですよね。

ところが、このトースティーズというお店はメインディッシュとして新感覚のフレンチトーストを楽しめるお店なんです。

外はサクッとしていて中はモフモフした感じで、これが意外にアボカドなどとの組み合わせが合うんですよ。

今回はアボカド&ソーセージ(1,296円)を注文しました。

私はプレート料理が大好きで、なんか一皿に色んなものが乗っているとそれだけで贅沢な気分になってしまうのです。

新感覚のフレンチトーストの上で塩コショウで味付けされたアボカドが乗っており、一緒に食べると様々な食感を楽しむことができます。

ソーセージはハーブ風味のものとチョリソーが一本ずつ、ジューシーで大きめのソーセージなのでボリュームにも満足です。

付け合わせのサラダは酸味の効いたドレッシング、フレンチっぽい感じでしょうか。

柑橘系のサッパリとしたドレッシングでこれもとても美味しかったです。

スープは野菜のポトフのような優しい味付け、たぶん日替わりスープなので季節によって色んな味を楽しむことができそうです。

その他にもハヤシライスやザワークラウトとハムのサンドウィッチなど、試してみたいメニューがたくさんあります。

食後の紅茶もアールグレイやアッサム、マリーアントワネットなどからお好みのものを選ぶことができます。

私はアールグレイを食後に楽しみました。

と言っても他との違いはわかりませんが。

皆様も是非行ってみて下さい。お店は落ち着いた雰囲気で空間が広く、ゆったりとしたソファー席もあります。

トースティーズ 玉川髙島屋店

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区玉川3-17-1玉川高島屋S・C南館4F
■TEL   03-6805-7882
■定休日  無休
■営業時間 10:00〜21:00

 

 

 

Cafe奏  [カフェ] 推薦者:小林

今月は、今年の9月にオープンしたばかりの『Cafe 奏(カフェかなで)』をご紹介させていただきます。

場所は、二子玉川駅西口の飲食店街『柳小路』の南側、玉堤通り沿いです。

お店の入っている建物も、今年の6月に新築されたばかりでピカピカです。

 

おしゃれなカフェにスーツの男ひとりで乗り込むのは少し気が引けたので、お昼ご飯を済ませたばかりの小竹さんを誘ってみたところ、「甘いものは別腹!」と女子のようなことを言いながら、快く同行してくれました。

というわけで、おしゃれなカフェにスーツの男ふたりで乗り込みました。

小竹さんは『季節のパフェ シャインマスカットと巨峰(税別1,000円)』を、僕は『かき氷 佐藤屋の乃し梅(税別1,000円)』をオーダーしました。

なんと、こちらのカフェでは、年間を通してかき氷が食べられるのです。

さて、ここからは味の感想です。

梅肉をのばした黄色が鮮やかなシロップは、完熟梅の甘味と風味は濃厚ながら、酸味が非常にさわやかでした。

器にこんもりと盛られたかき氷は結構な山盛りでした(高さ約20センチ!)が、食感もふわふわシャキシャキと良く、今年食べたかき氷の中で文句なくナンバーワンにおいしかったので、意外とすんなり食べてしまいました。

その日の我々はちょうど、ランチに『辛くて脂っぽいもの』を食べた直後だったので、

『甘酸っぱくてさっぱりしたもの』である梅を使ったかき氷には大興奮でした。

小竹さんも、パフェをひと口食べた瞬間に小さい声で「うめっ!」と言いました。

非常にストレートな感想。

小竹さんのパフェもひと口頂きましたが、器の中にケーキが凝縮されているかのごとく、濃厚でおいしかったです。

ずいぶん分かりにくいと思いますが、素直な感想ですのでお許しください。

こちらのお店にはカフェメニューの他にランチメニューもあり、食材は国産のものにこだわっているそうです。

食材に限らずコーヒーまでも、世田谷で焙煎されたものを使っているとのことです。

お子様が遊べるスペースもありますので、ご家族やママ友会にもおススメです。

 

 

Cafe奏

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区玉川3-4-3 Gran Duo二子玉川101
■TEL   03-6447-9360
■定休日  火曜日
■営業時間 【月〜土】10:00〜21:00【日・祝日】10:00〜18:00

 

 

 

CHICAMA cafe [カフェ] 推薦者:小林

今回は、4月28日にオープンした

CHIKAMA  cafe(チカマ カフェ)をご紹介します。

場所は駅からすぐの新築ビルQ plaza 二子玉川の3階です。

気持ちのよさそうなテラス席もあって広々とした店内は、なんと180席もあるそうです。

お昼時に関谷さんと訪問しましたが、女性のグループのお客さんが多めでした。

スーツの我々は、少しだけ肩身の狭い感じ。

私が注文したのは、パスタランチの『篠島産 真ダコのラグーとベビールッコラ 軽いトマトソース』です。

税込み1,250円です。結構な盛況ぶりでしたが、注文するとすぐにサラダが出てきました。

私がサラダの写真を撮っていると、先に一口食べた関谷さんが、「このトマト、すごい甘い!」と大きな声を出しました。

さらに「早く食べてみなよ!ほら!」といささか興奮したのち、「子供が初めて食べるトマトがこれだったら、トマト嫌いにならないね。」としみじみ言いました。

食べてみると、確かにすごく甘いトマトで、酸味をほとんど感じません。

きっと名のあるトマトなのでしょう。

メインのパスタもトマトベースのものでしたが、トマトの甘味に負けないタコの風味・旨みと、ソースのよく絡む変わった形のパスタ「ラディアトーリ」、しゃきしゃきのルッコラの爽やかさがマッチしています。


「うまいうまい。」と食べていると、店員さんが「お口に合いますか?」と聞いてきます。

もちろん合いますとも。

こういう細やかな心遣いがお料理にも活きているのでしょう。

パスタを食べ終えてから、関谷さんと「あともう一品あったら完璧なのに。」などと話していると、なんとデザートのパンナコッタが運ばれてきました。

もう一品ありました。完璧です。

パンナコッタを一口食べた関谷さんがひと言「これは、カラメルの中のカラメルだよ。」と独特な感想を言いました。

確信に満ちた表情でした。

食べてみると、カラメルのほんのりとした苦みと香り、絶妙な甘さのバランス、まさに「カラメルの中のカラメル」でした。

私は、「このパンナコッタだけで420円の価値はありますね。」と勝手なことを言いました。

さらに飲み物が選べるランチセット、かなりの割安感でした。

カウンター席もあって、ひとりでも気兼ねなく行けるお店、自信をもっておすすめします!

CHICAMA  cafe

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区玉川2-24-1 (キュープラザ3F)
■TEL    03-6431-0131
■定休日  無休
■営業時間 10:30~3:00

 

 

 

エビカフェ [カフェ] 推薦者:畠山

htk1201

閑静な住宅街に突如おしゃれすぎるカフェ

こんにちは。ぶどうは巨峰が好きです。畠山です。今回は野毛にございます「木村ブドウ園」の横にできた『エビカフェ』のご紹介です。
車で通った際に閑静な住宅街に突如おしゃれすぎるカフェが出現し、非常に驚きました…!

中に入るとカウンター席と小さなテーブル席がいくつか。

メニューはピザを中心にカレーやアヒージョ、フライ系がいくつかという感じです。

というわけで、今回はマルゲリータピザのLセットを注文しました。

注文を受けてから焼き始めるので、熱々の出来立てを食べることができます。

チーズはトロトロで、食べ始めはまろやかさと舌ざわりを楽しめます。

さらに冷めても美味。トロトロ加減が程よい硬さになり、濃厚さと触感を楽しめます。

さらにさらに熱々の状態でも冷めた状態でもトマトソースが最後までお付き合いしてくれるので、一枚食べると二度美味しい状態!

さらに種類豊富なタバスコも用意されているので、もう「味に飽きる」なんてことはないかと思います。

大きさでみても、結構なボリュームがあったのですが、余裕で完食することができる絶妙な仕上がりになっております。
ただ、女性はSサイズでも十分かもしれません。ぜひもう一度訪れたいお店です。

そして、今回は注文しませんでしたが、メニューの中でも特に異彩を放っていた「手羽ぎょうざ」を食してみたいと思います!!

お近くにお住まいの方はぜひお散歩ついでに立ち寄ってみてください!

お近くにお住まいでない方もサイクリングついでに立ち寄ってみてください!

htk1202 htk1203

 

エビカフェ

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区野毛2-20-16(木村ブドウ園よこ)
■TEL    03-3701-2364
■定休日  無休
■営業時間 10:00~00:00

 

白ヤギ珈琲店 玉堤通り店  [カフェ] 推薦者:小林

kb0802

非常に懐が深いお店です!

昨年12月にオープンした白ヤギ珈琲店をご紹介させていただきます。

場所は鎌田4丁目の多摩堤通り沿い、以前はデニーズがあった所です。

広い店内には余裕をもって座席が配置されていて、のんびり居心地のいい空間です。

オープンから何度か来ているお店ですが、いつも散々迷った挙げ句、ローストビーフライスボウル(1580円)を注文します。

要するにローストビーフ丼です。

kb0801

お洒落なカフェに来ておきながらもガッツリ食べたい、

そんな矛盾男(僕です)の期待に応えてくれるメニューです。

ローストビーフ丼とナスのチーズグラタン、サラダがセットになったプレートメニューで、ドリンクも付きます。

ごはんの上にマッシュポテトとローストビーフ、トッピングに温泉卵が乗っていて、ワイルドかつマイルドです。

肉の味わいがタレや温泉卵に負けずに主張していて、正直好きです。

珈琲店というだけあって、食事だけでなくコーヒーも美味しいです。

苦味や酸味といったクセは控えめで、とにかく香りのいいコーヒーでした。

万人に好まれると思います。そんな人になれたら素敵ですね。

お子さま連れやノートパソコンの持ち込み、店内での読書もOK、非常に懐が深いお店です。また、夜は23時まで営業していて、

ディナータイムにはワインも飲めるそうです。

モーニングからディナーまで、幅広くカバーしていますので、ライフスタイルに合わせてご利用下さい。

kb0803

 

白ヤギ珈琲店 玉堤通り店

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区鎌田4-17-18
■TEL    03-3415-9631
■定休日  無休
■営業時間 7:00~23:00

 

 

 

Café U8  [カフェ] 推薦者:畠山

ht0701

モーニング・ディナー共に期待できそうです。

こんにちは。

風邪をひいたとき、安易に熱を下げてはいけないそうです。

畠山です。
本日は以前ご紹介したCafé U8のカフェメニューのご紹介です。

訪問時間帯は15時頃。

気温も上がり、ワンちゃんのお散歩がてら、テラス席で寛ぐ方も増えておりました。

今回はカフェメニューということで、カフェラテ(400円)とクリームチョコパン(150円くらい)を注文。

カフェラテはコーヒーとミルクの割合が絶妙で、誰でも違和感なく飲めると思います。

パンについては価格を失念してしまうほど美味しかったです。

クリームとチョコの組み合わせが最高で、相性抜群です。

例えるなら大場つぐみ原作の小畑健作画のバクマン。やデスノートのような感じ。

当然ながらカフェラテとの相性もよく、気持ちの良いブレイクタイムを過ごすことができました。

ちなみに、今回は店内の窓際にあるカウンター席を利用しました。

テーブル席から程よく離れており、落ち着いて休憩できるスペースです。

前回はランチ、今回は小休憩と利用してきましたが、この分ですとモーニング・ディナー共に期待できそうです。

まだ行かれたことのない方はぜひ一度行ってみてください!!

ht0502

 

Café U8 

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区上野毛2-22-14
■TEL    03-6432-2066
■定休日  ?
■営業時間 8:30~21:00

カフェ フーケ  [カフェ] 推薦者:村上

mr0701

昔から安定した美味しいコーヒーと食事を提供してくれるフーケ。

皆様こんにちは。
今日は昔からのお気に入りのお店、高島屋本館1階にある『カフェ フーケ』のランチのご紹介です。

まず店内はパリの街並みをイメージしたオープンテラスのような開放的な空間、ダークブラウンの木製テーブルとカウンターがあり、コーヒーの香ばしい香りが漂っています。
晴れている日や夏場はテラス席も開放され、気持ちよい風が通り抜ける空間となります。

そんな雰囲気の中で食べるランチは格別です。

今回はスーププレート(1250円)を注文しました。

日替わりスープと、サラダ、デリ、そして日替わりの焼き立てパンを2種類選ぶことが出来ます。

サラダは自家製のフレンチドレッシング、サッパリと酸味が効いていて、グレープフルーツのような爽やかな香りも特徴。

美味。

日替わりデリのマリネはマスタードドレッシングがかかっていました。

こちらもシンプルな味付け、シャキシャキとしたタマネギにとても合うドレッシング、もちろんこれも美味。
日替わりパンはラズベリーパンとタマゴを練りこんだパン。
いずれも甘めのパンでしたので、次の日替わりのときはしょっぱいパンも欲しいかなぁと思いました。
メインのスープはカレースープ。
しっかりと煮込まれたチキンとブロッコリーなどの野菜類、ここのスープの特徴は少し薄めの味付けで素材(具)の味をしっかり味わうことができるところです。
食後のコーヒー(フーケブレンド)はブレンドコーヒーとエスプレッソの中間ぐらいの濃い目ドリップ、シュールな味でクセになるおいしさです。

是非ご賞味いただきたいです。
昔から安定した美味しいコーヒーと食事を提供してくれるフーケ。

皆様も是非行ってみてくださいね。

mr0702

 

カフェ フーケ 

■ジャンル カフェ
■住所   世田谷区玉川3-17-1 玉川タカシマヤ 1F
■TEL    03-3708-5038
■定休日  なし
■営業時間 10:00~21:00