88Asia [アジア料理]

今月は、『88Asia(ハチハチアジア)』をご紹介させて頂きます。

場所は『つばめグリル』の角を曲がったバス通り(中吉通り)沿いの新築物件の1階で、以前はカラオケ屋さんがあった所です。

僕が訪問させて頂いたのは5月9日、なんとお店のオープン初日です。

この春オープンと聞いていたので、ずっと楽しみにしていたのです。

当然ながら店内はピカピカで、ライトグリーンのタイルが貼られた内装もアジアっぽさがあっていいですね。

メニューを見ると、僕の大好きな『生春巻き(440円税込)』があるというのでさっそく注文しました。

あと、『蒸し春巻き(630円税込)』と『揚げ春巻き(630円税込)』も一緒に頼んでみました。

突如として3種類すべての春巻きをオーダーしたことに自分でも驚きました。

いずれも一般的な中華春巻きの皮ではなく、生春巻きのライスペーパーが使われています。

『揚げ春巻き』はサクサクとして、チリソースによく合っています。

試しにタレなしでも食べてみると、具材の、特に肉の味わいを強く感じられて、おつまみに最高です。

僕は飲めませんけど。

 

『生春巻き』はエビと鶏肉にしっかりした食感があるので、他のお店のものと比べて少し食べ応えがあります。

味噌ベースのタレをたっぷりつけて頂きました。

 

春巻き3種の中でも『蒸し春巻き』は特にオススメです。

蒸されたライスペーパーをはじめて食べましたが、あんなにモチモチになるんですね。

酸味の爽やかなタレはナンプラーが効いていて、ザ・アジアの味わいです。

 

ここからはメインのお料理です。

店名の『88』を冠した『88フォー(980円税込)』と、『Asianトーバーライス(1080円税込)』の2点を注文しました。

『88フォー』は牛肉のフォーです。

 

店員さんの説明では「優しい味付けですので、お好みに合わせて調味料を足して下さい。」とのことでしたが、そのままでも十分に完成系と思えるほどおいしかったです。

甘めの牛だしが効いていて、染みわたるようなうまさです。

さすが店名を冠したメニューだけあります。

 

仕事で疲れた日に食べたら癒されるかも。次に『Asianトーバーライス』です。

トーバーライスというのをはじめて食べましたが、タイ米と甘辛のひき肉を炒めたような料理でした。

刻みタマネギや刻んだナスが入っていて、食感のアクセントになっています。

例えるなら、複雑な風味と旨みの、タコライスのご親戚みたいな料理でしょうか。

メニュー表は文字だけですが、右上のQRコードから見られるHPに写真が載っていますので、メニューの雰囲気が掴めます。

気になるメニューはまだまだありますので、皆様もぜひお試しください。オススメです!

 

 

 

 

88Asia

■ジャンル アジア料理
■住所   東京都世田谷区玉川3-23-18 ザ・シティ二子玉川1F
■TEL     03-5797-9676
■定休日  なし
■営業時間  11:00-15:00 17:00-22:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です