まんぷく二子玉川 [焼肉、ホルモン、韓国料理] 推薦者:小林

今月は、『まんぷく 二子玉川』をご紹介させて頂きます。

2018年の11月にオープンした焼肉屋さんで、場所は二子玉川駅前の飲食店街『柳小路』の南角2階です。

駅からは徒歩3分ほど。

初めて行くお店でしたので事前にお電話してみると、一人でも予約を受け付けて下さいました。

和食屋さんのような格子戸と暖簾をくぐって入店すると、店員さんが出迎えてくれます。

「14時にご予約させて頂いた者です。」とお伝えしただけで、「小林様ですね。」とご丁寧に席まで通して下さいました。

来店予定のお客さんの名前を暗記してるなんて、入店から素敵なご対応です。

メニューを見ると、ランチメニューはコースで提供されているようで、3種類から選べます。

僕は『二子玉川膳(3,500円税別)』を選んでみました。

『地域限定』って感じがしたので「これかな」と思いまして。

また、ごはんを『ねぎ飯(+100円)』に変更、無料で大盛にしてもらいました。

おしぼりを持ってきて下さった際にも、冷たい水か、温かいお茶か、飲み物の希望を聞いて下さいました。

少し風の冷たい日でしたのでお気遣い下さったのでしょう。

素敵すぎるご対応。前菜とキャベツのサラダを食べ終えるころに、大盛の『ねぎ飯』と名物の『ねぎタン塩』が登場。

なんでも、焼肉の定番『ねぎタン塩』は、こちらのお店の系列店が発祥らしいです。

タン塩は子供のころから食べてきましたが、その源流がここなんですね。ちょっと感激。

「まず裏面をよく焼いて、表面は10~15秒くらい焼くと美味しく召し上がれます。」と焼き方のコツも教えてくれます。

さすが本家。

ここはプロの言う通りに、と教わった通りに焼いてみると、厚切りにも関わらずサクッと難なく噛み切れる美味しいタンでした。

ねぎ飯は甘めのタレとねぎの香味がよく合って、単体でもガンガン食べられてしまうほどです。

タン塩を食べ終えると店員さんが網を交換してくれます。

次に運ばれてきたのは『上カルビ・ハラミ・ロース』の焼肉主力チームです。

上カルビを1切れだけじっくり香ばしく焼いてみたり、逆にロースはさっと炙る程度に焼いてみたり、脂の乗ったハラミでねぎ飯を巻いてみたり、

ねぎ飯のおかわりまで検討するほど楽しみました。

主力チームを食べ終えると同時に運ばれてきたのが『ザブトンの炙り焼き』です。

なんと、ここで2度目の網交換が入ります。

先程までのものと違って凹凸が少ない金網で、『ザブトン専用網』ってことでしょうか。

こだわりがすごい。

この『ザブトン』は店員さんがレアに炙って、卵黄を絡めて仕上げてくれます。

卵黄を絡めて、というとすき焼きみたいですが、炙ってあることで「薫香」というか、「肉を味わう風味付け」がバチっと決まっていました。

席は落ち着いたお座敷ですので、ご家族でのんびり使えるお店ですね。

ねぎタン塩の本家、気になる方はぜひ!

 

まんぷく二子玉川

■ジャンル 焼肉、ホルモン、韓国料理
■住所   東京都世田谷区玉川3-13-7 柳小路南角2階
■TEL    050-5596-5551
■定休日  年中無休(12/31・1/1休業)
■営業時間 【月~金】ランチ12:00~15:00(LO14:30) ディナー16:00〜21:00 テイクアウト 12:00〜21:00【土・日・祝】11:30~21:00 テイクアウト 12:00〜21:00

 

 

 

 

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、 定休日、営業時間変更をしている場合がございます