BUTTINGHAUS JIRO [オーガニックハム] 推薦者:小林

今回は、お客様から教えて頂いた新しいお店

BUTTINGHAUS JIRO(ブッチングハウスジロー)をご紹介させて頂きます。

場所は二子玉川商店街の1本西側の通りで、主にオーガニックのハム・ベーコン等を扱っています。

お店の方にお聞きしたところ、それらは茅ケ崎の工房で造られているそうです。

お店の外観こそ綺麗でかわいらしいカフェレストランですが、製造元の『ハム工房ジロー』は、約100年もの歴史のある最高級ハムブランドだそうです。

歴史があるということは、味はまず間違いないということです。

食べなくても分かります。

でも食べます。

ランチタイムの訪問でしたので、4種のランチプレートから『BJ ミックスサンドプレート(税別1,250円)』と、『ホットドッグ Lサイズ(税別900円)』を注文しました。

すごくお腹が空いていたので、ランチプレートと単品の合わせ技です。

ランチプレートにはサンドイッチのほかサラダ・スープ・コーヒーが付きます。

ミックスサンドは、ミルフィーユサンド(ハムが折り重なったサンドイッチ)とコンビーフサンドの2種。

僕はコンビーフというと脂っこい缶詰ものをイメージしますが、

こちらのコンビーフサンドをひと口食べると、すぐさま牛肉の旨味が広がり、
脂っこさは微塵もありません。

黒毛和牛を使っていて、脂肪分を手作業で取り除いているそうです。

格が違いすぎる。缶詰とか言ってすみませんでした。

次にホットドッグ。

僕はホットドッグを映画のお供によく食べますが、映画館のものとは別次元です。

映画館のもおいしいんですけどね。

写真でもわかるように、ソーセージがパンから大幅にはみ出しています。

パンも決して小さくはないので、ビジュアルからすでに食べ応えがあるのが伝わってきます。

僕の写真で伝わっていますでしょうか、食べ応え。ソーセージにパリッとかぶりつくと、肉汁がガンガンきます。

パンの表面もパリパリに焼かれていて、ダブルの香ばしさ。ランチセットのコーヒーも注目ポイント。

ホットで頂きましたが、非常に香りのいいコーヒーです。好みの問題かもしれませんが、ちょうどいい苦みが効いたコーヒーです。

酸味は少なめ。店内には4人掛けのテーブルが二つとカウンターが3席。

ペットOKのテラス席もありますので、お散歩中の休憩にも立ち寄れますね!

おすすめです!

BUTTINGHAUS JIRO

■ジャンル オーガニックハム
■住所   東京都世田谷区玉川4-14-17 1階
■TEL   03-6881-2341
■定休日  月曜日
■営業時間 11:00~LAST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です