二子玉川 せき亭 [和食] 推薦者:村上

mr0102

久しぶりに超お気に入りのお店を見つけてしまいました。
『なんやかんや一番美味しいのは和食だよなぁ。』

皆様、こんにちは。久しぶりに超お気に入りのお店を見つけてしまいました。
玉川高島屋裏の飲食店街のビルの2階にある隠れ家レストラン。

夜はコースのみの高級和食店です。店の名を『せき亭』といいます。
今年の4月にオープンしたそうなのですが、看板があまり目立たないため、気付かずに通り過ぎていました。

偶然看板を見つけ、少々敷居は高い金額でしたが、入ってみることにしました。

お店の入口は高級料亭のようなヒノキの扉、中に入ると小さな下駄箱があり、掘りごたつ式のL字のカウンターと4名用の個室が一つの小ぢんまりとした造り。

カウンターもヒノキで、そこから調理場を眺めることができます。
お店自体は小さいのですが、全体が見渡せる造りになっていて、窮屈な感じは全くしません。
カウンターから見える調理場には腕の良さそうな板前さんが二人いて、それだけでなんだか非日常の空間に来たことを実感しました。

前菜は目の前で盛り付けてくれます。プロの包丁さばきや盛り付けの美しさなど、目でも楽しめるお店です。

前菜担当の板前さんとメイン担当の板前さん、メインの板前さんは後ろで味見をしながら、調理をしています。

その後姿と立ち振る舞い。『ああ、この人達は絶対に美味しい料理を作るんだろうなぁ。』とシンプルにそう思いました。

僕が注文した豚の角煮定食(税別1,500円)の内容ですが、おひたし、ちりめんじゃこ、昆布の佃煮、
茶碗蒸し、メインの豚の角煮と名物の炊きたてごはんでした。

以下感想です。おひたしはだしとみりんの風味が効いた上品な味、茶碗蒸しは酒の風味が効いています。
月並みな感想にはなりますが、『なんやかんや一番美味しいのは和食だよなぁ。』と和食のダシの旨みを実感する一品でした。

あつあつの炊き立てご飯は土鍋で出てきます。銀色に光り輝く白米。日本人にしかこの美しさはわからないことでしょう。

ご飯を一口食べると、思わず『うまいっ!!』と叫んでしまいました。それを見た板前さんは思わずニヤリとしました。

高級店で思わず雄たけびを上げてしまいましたが、この叫びたくなる気持ちを実際に現地で味わってもらいたいです。

付け合せの昆布の佃煮とちりめんじゃこは炊き立てのごはんにピッタリ。なんだか旅館の朝食のような幸せな気持ちになります。

さて、メインの角煮ですが、僕好みの少し濃い目の味付け、口に入れた瞬間にホロっとほどける食感。
まぁ、白米に合うのなんのって。もう感無量でしたね。本当にオススメのお店なので皆様も是非行ってみてくださいね。

mr0101

mr0103

 

二子玉川 せき亭

■ジャンル 和食
■住所   世田谷区玉川3-9-1 第3明友ビル2F左号室
■TEL   03-6432-7867
■定休日  不定休
■営業時間 ランチ:11:30~14:30
ディナー:17:00~23:00

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です