愛采厨房 リヴィエール [洋食] 推薦者:三浦

m0502

ひとりで酒を飲みつつ愉しめる洋食屋……貴重な存在です。

今回は、愛采厨房 リヴィエールをご紹介させていただきます。高島屋裏手の路地にひっそりと佇んでいます。
外観は瀟洒なレンガ作りの壁面で、いかにも町の洋食屋さん、といった雰囲気。
昭和52年に創業し今年で36年目、現在2代目のご主人とかわいらしい奥様のお二人で切り盛りされています。
実は、こちらのお店、二子寿司さんのご主人、マーちゃんの親戚筋にあたるとのこと。
世間は狭い、とはこういうことを言うのでしょうね。
洋食屋さんというと、昼はランチ、夜は家族連れかカップルというイメージですが、こちらのお店、広めのカウンター席が
10席以上あるため、おひとり様でも気兼ねは要りません。しかも、お酒が豊富においてある。
つまり、夜は、洋風居酒屋としてご利用いただけるというわけです。
ひとりで酒を飲みつつ愉しめる洋食屋……というのはなかなかありませんので、貴重な存在です。

こちらの看板メニューはヴィクトリアカツレツ。平たく言えば、ハンバーグを衣付きで揚げたものです。
そりゃつまりメンチカツじゃないか、と仰ったそこのあなた! ぜひ注文してみてください。食べてみれば分かります。
もちろんふつうのハンバーグもありまして、そこにカニクリームコロッケを加えた3種が看板メニューになっています。
いたってオーソドックスですが、この王道の味を36年間守り続けているのだと思うと、頭が下がります。
夜はこれらをつまみにすることもできますが、「本日のおすすめ」も見逃せません。
わたしはアジフライを頼んでみました。見た目はまるで鳥ササミのフライのよう。もちろんアツアツの揚げたてです。
素材が新鮮なのか臭みもなく、ボリュームも大満足の逸品です。

席は、カウンターに8席ほど、その他テーブル席が4か所あり、
満席で30人くらいのキャパシティです。
営業は昼11時30分から夜11時まで。中休みがありますのでご注意を。
予算はランチで800円~1,000円前後、夜は軽く飲んでつまんで、3,000円~4,000円くらい。
飲み物は、ビール、ワイン、ウイスキー、焼酎、カクテルなどいろいろあります。
水曜日がお休みです。

m0501 m0503

 

愛采厨房 リヴィエール

■ジャンル 洋食
■住所   世田谷区玉川3-12-5
■TEL    03-3709-7445
■定休日  水曜日
■営業時間 [昼]11:30~14:30 [夜]17:00~23:00

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です