スタッフブログ

イエステーションスタッフが交替でお送りするブログ記事。
二子玉川のオトク情報もあるかも……? 

スタッフブログ

「80m=徒歩1分」ですが・・・・・(佐藤)

みなさん、こんにちは! 賃貸管理事業部の佐藤です。

今回は、「80m=徒歩1分」ということについて考えてみます。

みなさんがよくご覧になる不動産の広告に「駅から徒歩●●分」という表記があります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、不動産広告では「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして表示すること」と決められています。

なお、「1分未満の端数が生じた場合は1分として計算すること」となっていますので、例えば400mでは「徒歩5分」ですが、401mでは「徒歩6分」という表記になります。

駅や商業施設など生活に欠かせない場所への距離は、お部屋を探す上で重要な要素の一つだと思います。

実際インターネットで「駅まで5分以内」などにチェックを入れてお部屋を探されたことのある方も多いのではないでしょうか?

しかし、その広告の「徒歩●●分」をそのまま信じてお部屋を比較してよいのでしょうか?

結論から申し上げますと、それだけで比較することはオススメできません。

例えば、ある何棟か建物がある団地を考えてみましょう。

敷地が広い団地ですと、端と端ではけっこうな距離があります。

この場合、駅からこの団地までの徒歩距離は、どの建物かに関係なく団地の中で駅に「最も近い地点」を起算点として広告表記できてしまいます。

また、例えば1階と5階では当然所要時間は変わってきますよね。

街中で言えば、信号待ちにかかる時間や歩道橋を上り下りする時間、坂道なども考慮されません。

したがって、実際歩いてみたら「予想以上に時間がかかった」ということはよくあることです。

ところで、この「80m=徒歩1分」という基準はどのようにして決まったのでしょうか?

実は「ヒールを履いた女性が歩くスピード」が基準となったようです。

1960年代にある役所に勤めていた一人の女性にヒールを履いて歩いてもらったところ、このスピードだったということです。

その基準が半世紀以上経った現在でも不動産広告に使われているのは何とも興味深いところです。

広告の中には、その物件をよりよく見せようとするためにムリヤリ「徒歩●●分」を縮めて表記していると思われるものがあります。

以前、どう考えても「直線距離」でしょ!!とツッコミたくなるような広告を見たことがあります。

「80m=徒歩1分」は「直線距離」ではなくあくまで「実際に歩く道のり」になります。

先述したように「信号待ちだらけ」とか「坂道だらけ」とかであっても考慮されませんので、気になるお部屋が見つかったらまずは実際に歩いていただくことをオススメします!!

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

最近のお話(小林)

皆様、いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

これを書いているのは6月初旬、九州・四国地方で梅雨入りが発表された直後です。

外出自粛ムードはまだ続きますが、先月号からチラシを入れさせて頂いているSkype相談窓口の『おうちですまい倶楽部』にも、さっそくお問い合わせを頂きました。

普段はふざけたことばかり書いていますが、お仕事は至って真面目にしておりますので、安心してお問い合わせ下さい。今月は、日々の出来事について書かせて頂きます。

 

■ちょっと痩せました

突然ですが、最近少し痩せました。少し努力したら、少し痩せたのです。

5月中旬、ダイエット初心者の僕は、役作りのために自在に体重を増減するハリウッド俳優に学ぶことにしました。

過去に28㎏も減量したという『バットマン・ビギンズ』の主演俳優クリスチャン・ベールは、役作りのための減量を以下のように語っています。

「食事は1日にツナ缶1つとリンゴ1個のみ。これを4ヶ月続けるだけ。真似するな。」だそうです。

真似できるか。

でも、こういう極端な例を聞くと、常識の範囲内での食事制限と適度な運動などは苦にならなくなるのでおすすめです。

次に僕が参考にした吉本のお笑い芸人『EXIT』のりんたろー。

さんは、最近12㎏もの減量に成功したそうです。

簡単なダイエットレシピもYouTubeで公開していて非常に参考になります。

失礼な話、ハリウッド俳優と比べるとさすがに見劣りするかもしれませんが、実用性は間違いなしです。

クリスチャン・ベールは「アボカドには塩こんぶが合う」とか、「鶏肉に片栗粉をまぶすとパサつかない」なんて教えてくれませんからね。

『遠くのハリウッドより近くの吉本』です。

まさにクリエイティブエージェンシー。

 

■メモ

僕がここ2年ほど実践している習慣があります。

『思い付いたことをすぐメモする』です。

2年前、テレビで『成功する人は、アイデアを即座にメモする』という特集を見ました。

どこかの経営者の方だったと思うのですが、枕元・洗面所・トイレなど、家のいたる所にいつもペンとメモ帳を置いていて、思いついたことを書き留めていました。

「これだ。」と思いましたね。

僕は家のどこにいても大体スマホを持ち歩いているので、メモ帳の代わりにスマホのメモ機能で思い付いたことをすぐ書き留めることにしました。

それから2年。相変わらずメモは便利に活用しています。

ただ、有用なアイデアはほとんど書かれておらず、日々の買い物メモや見たい映画リスト、果ては変なダジャレみたいなのを書き留めていることがあります。

最近の一例を挙げると、

『黒柳TEPCO』とか。

「頭部がタービンになっていて発電ができる。」みたいなことでしょうか、

やかましいわ。

それだけなら「ああ、僕はバカなこと考えてたなあ。」で済みますが、スマホのメモは優秀なので、

「2020年 3月6日 20:24」と『黒柳TEPCO』の誕生日時まで克明に記されています。

「この年の、この日、この時間、あなたはバカなこと考えてました。」とチクチク言われてるみたいで少しイヤです。

 

■電話

休みの日、ふと携帯を見ると、村上さんからの着信履歴が入っていました。

何かの用事でしょうか。気付いてすぐに折り返しましたが、村上さんは出ません。

急ぎの用ではなかったのかな、と思っていたら2分後くらいに村上さんから再度着信が入りました。

僕が「もしもし。」と出ると、村上さんは非常に落ち着いた声で「村上です。」と名乗りました。

ええ、分かってますよ。

画面に名前が出てましたので。僕はさっそく、「で、どうしました?」と本題に入ります。

すると、「え・・・?ダメ?」と質問。

「何がですか?」と僕。

「ダメ・・?用事がないと。」と倒置法で聞かれたので

即座に「あ、基本的には、はい。」と答えました。

別にダメではないのですが、用事なく電話をかける文化は小林家にはありません。

それでもなお、「やっぱ、用事ないと難しい?」と食い下がってくる村上さんに、

「難しい、というか基本的にはやってないですね、ええ。はい。」と、厳しめにお断わり。

のつもりでしたが、結局軽い世間話をして15分ほどの長さになりました。

ここ数年、人生で一番長電話してると思います。

別にいいんですけど。今月は以上です。では、また来月。

 

 

 

 

体重の話(小竹)

皆様こんにちは。すまい倶楽部㈱の小竹です。

気温が高く湿気の多い時期になりましたね。

個人的に1年で一番苦手で嫌いな期間だと感じています。

雨が降っても気温が低く過ごしやすければ季節感も楽しめるのですが、こう蒸し暑いとその余裕もありません。

特に今年はマスクをしているので、相乗効果でこの時期から、汗が噴き出てきます。

真夏になったらどうなっているのやら。

 

◆体重

4月の上旬に緊急事態宣言が発令され解除まで約2ケ月。

その間ボルダリングジムは休業の為、全く運動が出来ない状態でした。

公園の鉄棒等や自宅での筋トレを多少おこなっていましたが、普段の運動量には全く足りず気付けば体重が・・・。

買い物が好きなのでショッピングモールを用も無くウロつく習性がありますが、もちろん休業中なので出来ず歩く量も減って負の連鎖。

買い物で歩くのは意外と良い運動になっているのですね。

体重が増え、歩く時間、距離も減った影響か膝痛&腰痛もひどくなっているような気が。

テイクアウトを始めるお店も増え、テイクアウト巡りなんて事もしてしまい見事に3kg増量となりました。

20代前半まではいくら食べても太らず、外仕事をしている時などは一日五食(朝、昼、夕方、晩、夜食)なんて日もありました。

体系も今よりも細く、正に「痩せの大食い」で、太るという事実が良く分かっていませんでした。

痩せすぎていて健康診断時に「ちゃんと食べてる?」何てお医者さんに言われたこともあります。

今出会っていたら引っぱたきたくなる人間ですね。

若い時の特権だと思いますが。20代後半に差し掛かり人生で初めて体重が増えるという現象に直面し、

「よし!この増えた分を筋肉にしよう。元々痩せてるから標準体型になって問題無し。」とポジティブにとらえていた頃が懐かしいです。

代謝が下がっているのか、年齢のせいなのか人間って不思議ですね。

ボルダリング仲間に久しぶりに会う機会があったのですが、専ら体重の話題ばかりでした。

増えた(肥えた?)人間が殆どで私の3kgは増えた中では最小。

一番増えた人間で7kgという強者がおり、その日からあだ名が‘7kg’となってしまいました。

最年少の子が’7kg’でしたが若い分すぐに戻るのでは。

私もあだ名をつけられぬようバランスの良い食事と規則正しい生活、運動を維持していこうと固く心に誓いました。

急に以前の様な運動量で動き始めると怪我をする可能性があるので、焦らずに徐々に戻していければ。

学生時代の感覚でいきなり動き、痛い思いをした事が何度もあるので・・・。

 

 

 

 

› 続きを読む