スタッフブログ

イエステーションスタッフが交替でお送りするブログ記事。
二子玉川のオトク情報もあるかも……? 

スタッフブログ

会社を創立して24年になります(三浦)

こんにちは、いかがお過ごしですか。

すっかり秋めいてきました。

いつの間にか蝉の鳴き声も消え、鈴虫の音色に代わっていました。しかし、最近の雨は尋常ではありません。

雨だけではなく、雷も激しい。

ミッキーは雷が嫌い。

一度、ミッキーに留守番をさせて帰ったとき、ミッキーの姿が見えなかった。

呼んでも出てこない。

しばらくして
バックヤードの方からゴソゴソという音が聞こえた。

覗いてみるとクローゼットの中にある紙袋の中へすっぽり隠れていた。

そんなミッキーも9月23日で9歳になる。

人間でいうと52歳。

いつまでも元気でいてほしい。

9月21日。

会社を創立して24年になります。

長いようで短かかった。

バブル崩壊後自宅で一人で始めて色々なことがありました。

リーマンショック、阪神淡路大震災、東日本大震災。

そして先日の北海道胆振東部大震災。

来年で25年、四半世紀。

私たちの仕事は、不動産の仲介業です。

変な言い方ですが、不動産を売っているわけではありません。

なぜなら私たちは売主ではありません。

仲介、というサービスを売っているのです。

つまり、サービス業です。例えれば、ワインのソムリエみたいな存在でしょうか。

その日のお客様の目的と予算と料理にあった最高なワインをお勧めする。

そのような仕事です。

ここで一番重要なのが目的です。

不動産を売買することが目的ではありません。

不動産は手段であって、目的ではありません。

そのさきにあるもの目的です。

その目的をかなえてあげるお手伝いをするのが私たちの仕事です。

そのためには豊富な経験と知識、そして人間力が必要です。

ただ単に不動産の情報をお伝えするのが仕事ではありません。

先日、テレビで帝国ホテルの特集が放映されていた。

帝国ホテルは明治23年の創業。

今年で128年の歴史のあるホテルです。

そこの客室係の長の方が、サービス業について語っていた話が印象的だった。

100引く1は0という言葉。

つまり一人でもできない人がいれば台無しになるという事。

弊社では、以前から

100×0は0と教えている。

サービス業は掛け算。99人ができていても、一人だけできない人がいれば
そのサービスは0になる。

言い方が違うだけで、意味は同じだと思う。

では、また、来月。

 

 

 

 

 

 

 

 

北海道旅行 (小祝)

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

最近朝晩急に涼しくなってきましたね。

季節の変わり目を感じます。

体調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

先月中旬に弊社では10日間の夏季休暇をいただいておりました。

私はそのうちの3日間、友達と私を含め6人で北海道旅行を満喫しておりました。

今回は、休暇中の一大イベントだったその「北海道旅行」についてお話させていただきます。

私自身、北海道旅行は2度目でした。

学生時代に同級生8人で、札幌と小樽に行ったのが初の北海道旅行でした。

その時はレンタカーとフェリーで移動したのですが、今回は飛行機を使いました。

テンション上がりました。

初日は前回と同様に札幌に行きました。

夕方から夜までサッポロビール園でジンギスカン食べ放題とビール飲み放題。

最高の時間でした。

2日目は回転寿司を食べに行きました。

そこそこ値は張りますが、大満足でした。

どのネタも回転寿司とは思えないほど新鮮で脂がのっていました。

その中でも炙り大トロサーモンは、口に入れると舌の上でとろけるような上質な食感で、思わず「うわーこれはやばい…」と声が漏れてしまうほどでした。

また、こぼれいくらというメニューがあり、頼むと店員さんが小太鼓を叩き、セッティングした軍艦に溢れんばかりのいくらをこれでもかとお皿いっぱいに盛ってくれます。

演出も楽しいし、味も一粒一粒が格別でした。

 

その後に、レンタカーで余市にあるニッカウヰスキー工場に行きました。

お酒を飲まない1人に運転を任せたのですが、ペーパードライバーで運転が荒かったのはここだけのお話です。

ウイスキーが数種類無料で試飲出来るということで、ウイスキー好きの私ぴったりの場所でした。

有料で希少なウイスキーがたしなめる所があり、私はアルコール度数58℃のウイスキーを飲みました。

少量ですが、喉が燃えるようでした。

3日目は本場の味噌ラーメンを食べに行きました。

味噌が濃厚で食べ応えのある味でした。

帰りの空港でお土産を買って帰宅し、北海道旅行を終えました。

来年も行きたいと思っています。

最後に余談ですが、会社用のお土産でROYCEの生チョコレートを買ってきたことを社長に伝えたら、今までに見ないほど驚かれました。

皆さんに好評だったようで良かったです。

また、先日の北海道地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。

皆さまの安全と被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

お身体に気をつけて。では、また来月。

 

 

 

 

村上さんの話 (小林)

皆様こんにちは!

いつもお世話になっております。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

これを書いているのは8月上旬のお盆前、ちょうど台風13号が過ぎ去った日です。

なんと、13号が去ったばかりだというのにもう台風14号が発生したそうです!

台風14号は、その名前を『ヤギ』といいます。

『ヤギ』って。

へんな名前ですね。

さて今月は、日々の出来事について書かせていただきます。

 

■テレビの話

村上さんが、自宅のテレビを新調したそうです。

とある休日、夜中に村上さんからLINEのメッセージが来ました。

「つまらない相談なんだけど、海外ドラマ見るときって字幕か吹き替えどっち派?理由も添えて。」という内容でした。

僕は、なぜそんなことを聞かれるのか疑問に思いつつ、

「吹き替えです。よそ見したり、疲れてると字幕読みたくないですし。」と、

いたって真面目に返答しました。すると、すぐに村上さんからLINEが返ってきました。

「そうなんだよ。なんか映画とかだと字幕で見るけど、海外ドラマは長いから吹き替えでもいいんじゃないかと思ってね。最近の声優さん、上手だしね。それに迷ってしまって海外ドラマ見れなくなったんだ。どっちにしようかなって。」

けっこうな長文でしたが、意見は僕と一致していたようでした。

それにしても、字幕か吹き替えか迷ってしまってドラマが見られなくなってしまうとは。

「そうですか。神経細すぎやしませんかね?」と率直な感想を述べたところ、「もう2時間も再生できてないよ。これでやっと再生できる。解放される。」と、村上さんは何やら救われたようでした。

別に救ったつもりもありませんが。

字幕か吹き替えか、ただただ悩んで2時間。

非常にもったいないですね。

「そうですか。2話は見れる時間をドブに捨てましたね。」と返すと、

「よし、勇気を出して吹き替えで見るよ。」と、何やら踏ん切りがついたようでした。

この2時間もの苦しみを思うと、少し気の毒な気持ちになりました。

「もっと早く言って頂いてれば。」というと、

「楽だわ。いま再生しながらLINEしてるもの。

ネットでね、字幕派と吹き替え派のメリットとデメリットを調べたんだけど、答えが出なかった。」と、この2時間の苦労を振り返っていました。

僕には「よかったです。どうぞ楽しんで下さい。」と祝福することしかできませんでした。

皆さんも、悩んで悩んでどうしようもなくなったら、誰かに意見を聞いてみましょう。

たとえ時間帯が夜の23時でも、どこかに相談に乗ってくれる人はいるはずです。

あと、映画は好きなように見てください。

 

 

■趣味の話

僕には、物を集める趣味があります。

『ファイヤーキング』という、アメリカンヴィンテージのガラス食器を集めています。デザインも色も形も、とにかく好きなのです。

以前、村上さんと遊びに出かけた際、出先で見つけた、ファイヤーキングのマグカップを購入したことがありました。

以前から欲しかった、スヌーピー柄のマグカップです。

僕の買い物を待っていてくれた村上さんに「ありがとうございます。いい買い物をしました!」と報告すると、

「うん。どんなの買ったの?」と聞かれたので、

意気揚々と袋から取り出し梱包を解いて「これです!」

とお披露目したのですが、

反応が芳しくありません。

それどころか、表情も変えずに「ふーん。それ、いくら?」と金額を聞いてくる始末。

金額を伝えてみたところ「え?そんなにするの?コップひとつにそんなには出せないや。」みたいな、ヴィンテージの価値を全否定するコメントでした。

しまいには、

「あんな歯ブラシ立てとくようなコップ。」とか、

「そもそもコップってそんなに必要?ひとつでいいじゃない。」とか、

世のコレクター全員を敵に回すような暴言まで言い始めました。

最終的には、「コップを売るお店の経営が心配。売れるの?」とか、

「コップを買うぐらいなら寿司を食べるね。」とか、

散々な言われようでした。

さすがに 寿司は関係ないと思います。

僕の趣味をボロカスに言われた話でした。

 

では、また来月。

 

 

 

 

› 続きを読む