スタッフブログ

イエステーションスタッフが交替でお送りするブログ記事。
二子玉川のオトク情報もあるかも……? 

スタッフブログ

チョットめでたい小祝(こいわい)です。

いかがお過ごしでしょうか。

寒い日が続いています。

体調管理には十分に気をつけていきましょう。

 

さて、私事ですが、先日婚約者と入籍いたしました。

前回のニュースレターをお読みいただいた方にご報告、破談にはならずに結婚に至りました。(笑)

付き合い始めて8年2ヶ月

同棲生活を始めて約7年

予定通り2018年12月25日のクリスマスに婚姻届を提出いたしました。

 

馴れ初めを簡単にお話しします。

共通の趣味を持っていて、その趣味繋がりの友人の紹介で知り合いました。

当時、私は大学生で千葉県に、妻は神奈川県の実家に住んでいました。

何回か会うことで、お互い思うところがあって付き合うことになりました。

会いに行くのに片道数時間かかり、私は大学に通っていたので、なかなか出向くことが出来ず、会うときは毎回出向いてもらっていました。

遠いので日帰りではなく、短くても3日間は泊まって共に過ごしていました。

こういった日々が流れていくうちに、千葉県で同棲することになりました。

同棲してから2年、いや、3年ぐらいは主に価値観や生活環境の違いで毎日のように喧嘩していました。

何回別れ話したか覚えていない程です。

今考えるとよく別れなかったなと思います。

あることがきっかけで千葉県から妻の実家近くに引っ越すことになり、ちょうどその頃から、お互いのことがようやく理解できるようになってきたのか、喧嘩もほとんどなくなっていました。

喧嘩にならないようにお互いに気を遣っていたのかもしれません。

 

そんなこんなで今に至ります。

8年以上も一緒にいるので、結婚したところで特に何も変わらないと思っていましたが、そうでもなかったことを実感しています。

気持ちに余裕が出来たのでしょうか、お互いちょっと優しくなった気がします。結婚して良かったです。

 

最後に、引っ越しについてですが3月を予定しています。

入居審査も済んでおり、後は契約するだけなのですが、現状キッチンやトイレなどの水まわりをリフォーム中なので、入居時期が少し先になりました。

内見した際に、既存の設備が無くてビックリしましたが、新品になると聞いてワクワクしているところです。

 

 

今月は以上です。

お身体に気をつけて。では、また来月。

 

 

 

 

趣味 (小竹)

皆様こんにちは。すまい倶楽部㈱の小竹です。

そして明けましておめでとうございます。

一年が経つのはあっという間ですね。

年齢を重ねるとより早く感じます。

今回2回目のニュースレターになりますが、前回の中でまとめきれなかった自己紹介の続きを・・・。

「もういいよ!!」という方もいらっしゃるかもしれませんが最後までお付き合いいただければ。

今回は趣味のお話をしていこうかなと。

前回は昔からの趣味・スノーボードのお話と自慢をチョイと出しましたが今、はまっているのは【ボルダリング】です。

壁にくっついているカラフルな突起物(ホールドと呼びます。)を掴み上まで登っていく競技です。

オリンピック競技にも選ばれ見たことある方が殆どだと思います。

以前から興味がありましたが、なかなかジムに新規で入店するのに抵抗があり寂しい事に一緒に行ってくれる友人もいなかったために経験できずにいました。

5月に身体を動かす為にキックボクシングのジムに新規で入会しようとしている友人を見つけ「格闘技で身体を動かすなら1回一緒にボルダリングジムに行ってみようよ」と誘い、念願の初トライ!!

初日はペットボトルの蓋やドアノブを開けるのも大変なくらい疲弊し、普段身体を使っていない事を実感しました。

昔から筋トレや運動はしていたので自信はありましたが、自分がクリアできない課題を細い女性や子供がスラスラ登っている姿を見て衝撃を受けました。

興味を持ったきっかけとしてはスノーボードのやり過ぎで腰痛、膝関節を痛め、特に腰痛は酷い状態になり整体通いをしていた時に体幹を鍛えなさいと指導されたことが始まりです。

(指導というよりも怒られた感じでしたが・・・。

整体に行くたびに筋肉が固すぎて「何をしたの!!」と強めに言われ。)週一で通っていますが、体幹が強くなったのか腰痛は大分よくなりました。

腕の力で登っていると思っている方が多く私自身も「パワーでしょ」と思っていましたが、重要なのは足です。

足の位置取りと体の向きでだいぶ楽に登れます。

腕の状態も重要で、落ちないために壁に身体をくっつけていると腕がすぐに疲れてしまうので基本的に腕は伸ばしておきます。

慣れてくると無駄な力を使わずに登れるので筋肉痛もそこまで出ず、楽しく体幹と身体を鍛えるにはとても良い競技だと思います。

ジムも初めて入店する方は怖いイメージがあるかもしれませんがスタッフの方はみんな優しく明るい方がほとんどなので、一から丁寧に教えてくれます。

探してみるとボルダリングジムはたくさんありますし、体験等もあるので思い切ってお店に飛び込みましょう。。

体を動かすと気分がスッキリし、リフレッシュできるので興味のある方はトライしてみてはいかがでしょうか。

悔しい思いもしますがクリアした時は爽快です。

 

 

 

 

今年もよろしくお願いいたします (小林)

新年明けましておめでとうございます。

すまい倶楽部㈱の小林 北斗です。

本年もよろしくお願いいたします。

と、新年のご挨拶をしつつも、これを書いているのは2018年の12月中旬です。

今年は暖冬と聞いていたのに、ひどく寒い日が続いています。日中の最高気温が10℃を下回るという、都内にしてはなかなかの寒さです。

皆様も、風邪など引かれませんようにお気を付けください。

 

寒さの話

今年の冬は寒いですね。

毎年言っている気がしますが。

ある日の会社帰り、高島屋の交差点あたりで村上さんが突然大きな声を出しました。

「寒いよ!こんなに寒いのに、なんでみんなもっと言わないの?寒くないの?寒いの俺だけ!?」と、いささか錯乱気味でした。

寒いのはみんな同じですが、言ってもしょうがないことなので誰も言わないのです。

みんな静かに我慢しているのです。

その日は少し寒い日でしたが、正直そこまででもないかな、と思い「言うほど寒いですかね?

僕はそこまで寒くないですけど。

『ヒートテック』着てますし。」と言うと、

「ヒートテック着てるの?それは公平じゃないよ。こっちは着てないもの。」などと、まるでこちらがルール違反でもしているみたいに言われました。

公平ってなんでしょう。

村上さんの理論としては、「これからもっと寒くなるのに、今からそんなに厚着をしてしまうと本格的な寒さに耐えられなくなる。」という理由で厚着を渋っているそうです。

そんなこと言わずに着ましょうよ、ヒートテック。

また別の日は、「寒いよ!こんなに寒くて、みんな大丈夫?心配だよ。」と、世の中の不特定多数の人々の健康を心配しはじめました。

あまりの寒さに、広域で心配になったようです。世話焼きの規模がでっかい話でした。

 

『第3回オモジャンの会』の話

一昨年から不定期開催されている『オモジャンの会』の、第3回が開催されました。

ご存知でない方にご説明しますと、『オモジャン』とは『麻雀の要領で卓を囲み、卓にひとつランダムに出されたお題の牌の単語に、自分の手牌の単語を組み合わせて面白い言葉を作るゲーム』です。

『面白い麻雀』で『オモジャン』です。

昔、そういうテレビ番組があったそうです。

単語の書かれた牌は、村上さんと僕で作成したものです。

80枚ほどの牌を用意するために、4時間以上かけて単語を選定しました。

ゲームの例を挙げますと、あるプレイヤーの方は、『ひとりだけ』というお題に『洋風』を足して『ひとりだけ洋風』というワードを作り出しました。

「禅寺に行って精進料理を注文したはずなのに、自分ひとりだけ洋風の料理が出てくる。

すごく豪華なんだけど、どことなく歓迎されていない雰囲気。

他の人はがんもどきなのに、自分にだけハンバーグが出てくるみたいな。

京都でいう『ぶぶ漬け』のような、なにか無言のメッセージを伝える慣習。」

 

という絶妙な解説と相まって、その情景が目に浮かぶようです。

また別のプレイヤーの方は、同じお題『ひとりだけ』に、『キック』を足して『ひとりだけキック』。

「禅寺で座禅を組んでいるときに、まわりは住職に棒で背中を叩かれているのに、急にひとりだけキックされる様子です。

住職も、あまりの雑念に腹が立ったんでしょうね。」

と見事に設定をかぶせてきました。

単語から連想される情景やストーリーがすごく面白くて、非常にテクニカルな手役です。

他のプレイヤーも「ああ、『暴力寺(ぼうりょくじ)』のことですか?以前に聞いたことがあります。」とか、

「あのお寺の宗派は確か『足技宗(あしわざしゅう)』だったかな・・・。」などと、

白々しく知ったかぶりをします。

念のため、『足技宗 暴力寺』などという物騒なお寺は実在しません。

僕が文章にするとうまく面白さが伝わらないのですが、和やかながらも室温が上がるほど白熱し、盛り上がるので皆様にもぜひお試しいただきたいゲームです。

次回オモジャン大会の開催時期は未定ですが、もしもご参加希望の方がいらっしゃいましたらご一報ください。

今月は以上です。

 

 

› 続きを読む